建設中・開発中

富山駅周辺整備事業 富山駅北電停が仮設駅舎に 2019.10

富山駅周辺整備事業は富山駅周辺地区の一体的な街づくりを推進するため、駅前広場や都市計画道路などの基盤整備と合わせ、駅周辺における土地利用の高度化を図るものです。

現在、路面電車南北接続事業(Ⅱ期工事)が行われています。

 

富山市では公共交通機関を軸としたコンパクトなまちづくり(コンパクトシティ)政策が行われており、政策を推進するために「LRTネットワーク」の形成を計画しています。

路面電車南北接続事業は、現在、路線が分かれている「富山地方鉄道 市内軌道線(市内電車)」と「富山ライトレール」を富山駅高架下で接続し、直通電車を運行することにより南北の行き来をスムーズにするための事業です。

toyamastananboku

完成すれば全長15.2kmのLRTネットワークが完成することとなります。

そして現在構想されている上滝線への乗り入れが実現すれば最終的に25.3kmのLRTネットワークが完成します。

富山駅構内の南北接続事業(2019.10)についてはこちら

富山駅周辺整備事業(路面電車南北接続事業) 2019.10 富山駅周辺整備事業は富山駅周辺地区の一体的な街づくりを推進するため、駅前広場や都市計画道路などの基盤整備と合わせ、駅周辺における...

 

現在の様子

富山駅北口のかつての富山駅北電停があった場所では広場の工事が行われています。

富山駅北電停は富山駅北口から富山駅高架下へと移転します。

 

富山ライトレールの公式ショップはプレハブ店舗で営業を行っていました。

 

 

ブールバールに並行する軌道の一部は閉鎖されています。

 

 

そして、オーバードホールに隣接した場所に富山駅北電停の仮設駅舎ができています。

 

 

富山駅北停留場の文字が。

 

 

停留場は屋根付きのものとなっており、ライトレール自体が低床車両のため、ホーム高さも低くなっています。

 

 

北陸電力本店と絡めて。

 

 

暫定的な終点にはクッションドラムが置かれています。

 

過去記事

富山駅付近連続立体交差事業(仮設ホーム解体工事)2019.6
あいの風とやま鉄道富山駅の高架化が完成しました!(駅構内編)2019.6
あいの風とやま鉄道富山駅の高架化が完成しました!(下りホーム編)2019.6
富山駅付近連続立体交差事業(富山駅下り線ホーム)2019.2
富山駅付近連続立体交差事業(富山駅構内)2019.2

富山駅付近連続立体交差事業 2018.10
富山駅付近連続立体交差事業 2018.8
富山駅付近連続立体交差事業 2017.6
富山駅付近連続立体交差事業 2017.4

 

周辺整備
富山駅周辺整備事業(路面電車南北接続事業) 2019.6
富山駅周辺整備事業 2016.2
富山駅周辺整備事業 2015.11
旧富山駅舎跡地が更地になりました! 2015.11
【大特集】北陸新幹線富山駅 見学会に行ってきました! 2015.2.1
富山駅周辺整備事業 2015.2
富山駅周辺整備事業 2014.12月下旬
富山駅周辺整備事業 2014.12月上旬
富山駅周辺整備事業 2014.11月中旬
富山駅周辺整備事業 2014.11
富山駅周辺整備事業 2014.9
富山駅周辺整備事業 2014.7

 

 

まちゲーション取材リスト

クリックすると該当ページへ移動します

建設中リスト
竣工リスト
特集記事