金沢の再開発

【大特集】金沢の開発・再開発 2020

明けましておめでとうございます!!

2020年も金沢まちゲーションをよろしくお願いいたします。

おかげさまで2014年8月より、金沢まちゲーションとして本格的に活動を始めてから昨年で5周年を迎えることができました。

昨年の金沢市内はホテル開業ラッシュを迎え、客室数は初の1万室超えとなりました。新規開発案件は減少したものの、今年も引き続き開業ラッシュとなりそうです!

年に1回特集しているブログ内名物(?)の金沢の開発・再開発のダイジェスト版です!

2019年内までに発表された、当ブログで取り上げる、計画・建設中の再開発・建て替え・リニューアル建築物を紹介します!

今回紹介する39案件のうち10案件が2019年に発表されたものになっています!

Contents

金沢駅西

JR社宅跡地再開発

イメージ図
名称 JR社宅跡地再開発
用途 未定
竣工時期 未定(2020年以降?)
構造
備考 JR西日本が所有するJR西日本広岡社宅跡地を再開発するものです。

敷地面積は約10,000㎡あまりの土地です。

JR金沢駅西第一NKビル、JR金沢駅西第二NKビル(スコール金沢)の後背地です。敷地内には市道が整備される予定です。

日本銀行金沢支店が移転するほか、残りの用地の用途は未定です。

現在の様子 現在の様子はこちら

 

 

西日本ジェイアールバス金沢営業所再開発

イメージ図
名称 西日本JRバス金沢営業所再開発
用途 未定
竣工時期 未定(2020年以降?)
構造
備考 営業所は2019年5月に金沢市高柳に移転し、跡地は暫定駐車場として使われているほか、建物の解体工事が続いています。

ホテルやオフィス、立体駐車場などが建設されるという見方もありますが、詳細の発表はまだなく未定です。

現在の様子 現在の様子はこちら

 

 

日本銀行金沢支店移転計画

イメージ図 (現在の日銀金沢支店)
名称 日本銀行金沢支店移転計画
用途 銀行・業務施設
竣工時期 2023年10月
構造
備考 日本銀行金沢支店が金沢駅西のJR社宅跡地への移転を計画しており、「5年後をめど(2018年5月発表)」に移転完了を目指しています。

2019年度にJR西日本から金沢市企業局に隣接した用地(約5,000㎡)を取得、松田平田設計で設計が進んでいます。

現在の様子 現在の様子はこちら
関連リンク 金沢支店の移転・改築の決定についてー日本銀行(2019.4)

 

 

森トラストによる国際基準のホテル計画

イメージ図
名称 森トラスト 金沢広岡計画(仮称)
用途 ホテル
竣工時期 未定
構造 未定
備考 森トラストが広岡のNHK金沢放送局横の敷地約4,000㎡で「国際基準のホテル」の開業を目指して用地を取得しました。

森トラストはウエスティン、マリオットなどの外資系ホテルのブランドを展開しており、今後の計画に注目されます。

現在の様子 現在の様子はこちら
関連リンク 北陸新幹線「金沢駅」西・けやき大通りに面する金沢市広岡三丁目の土地取得について国際基準のホテル開業を目指す-森トラスト(2018.6)

 

 

クロスゲート金沢

イメージ図
名称 クロスゲート金沢
用途 ホテル、分譲マンション、商業施設、駐車場
竣工時期 2020年6月(開業予定)
構造 地上15階(ホテル棟)/地上14階(レジデンス棟)
戸数・客室数 ハイアットセントリック(250室),ハイアットハウス(90室),ザ・レジデンス金沢(120戸),商業区画(45区画)
備考 金沢市が誘致する、インターナショナルブランドホテルについて、開発事業者はオリックス、アメリカ大手ホテルチェーンの「ハイアット」によるブティックホテル「ハイアットセントリック」と中・長期滞在者向けのホテル「ハイアットハウス」、大京による最高価格2億円の高級分譲レジデンス「ザ・レジデンス金沢」が進出。

ハイアットによるデュアルブランドホテルは日本国内初となります。

他にも45店舗の商業施設、屋上庭園「金沢みらいの丘」が整備される予定です。

現在の様子 現在の様子はこちら
関連リンク インターナショナルブランドホテル事業 公募型プロポーザルについて-金沢市(2017.6)

 

 

金沢駅西広場歩行環境整備事業

イメージ図
名称 金沢駅西広場歩行環境整備事業
用途 広場
竣工時期 2019年3月(第1期)2020年3月(第2期)
構造 地上15階(ホテル棟)/地上14階(レジデンス棟)
備考 インターナショナルブランドホテル事業(ハイアットセントリック/ハイアットハウス)の建設と同時に、一部市道を廃止し、歩道化したうえで、歩行環境の整備を行うとともに、乗降場の利便性を高める工事となってます。

大型キャノピーを設け、オープンカフェを開催するなど賑わいにつなげます。

現在の様子 現在の様子はこちら
関連リンク 金沢駅西広場歩行環境整備事業-金沢市(2018.12)

 

 

ダイワロイヤルによるホテル計画

イメージ図
名称 ダイワロイヤル 広岡1丁目計画(仮称)
用途 ホテル
竣工時期 2020年7月
構造 地上13階
客室数 不明
備考 ダイワロイネットホテルなどを展開するダイワロイヤル株式会社が建設するホテルです。

金沢駅南側、広岡野神社向かいで建設中です。

現在の様子 現在の様子はこちら
関連リンク

 

 

金沢駅東口

金沢都ホテル再開発

イメージ図
名称 金沢都ホテル再開発
用途 ホテル、オフィス、商業施設
竣工時期 未定
構造 未定
客室数 未定
備考 近鉄不動産が金沢都ホテルを建て替え、ホテル、オフィス、商業施設を軸にしたビルを新たに建設するプロジェクトとなっています。

当初は2020年ごろ開業予定でした。しかし、数年間は駐車場等の暫定利用となることが明らかとなったため、開業時期については全くの未定です。

暫定整備についても定まっておらず、方向性が全く分かりません。

現在の様子 現在の様子はこちら
関連リンク

 

 

ホテルトリフィート金沢

イメージ図
名称 ホテルトリフィート金沢
用途 ホテル
竣工時期 2021年6月
構造 地上13階地下1階
客室数 未定
備考 元々、飲食ビルや駐車場だった場所を株式会社ビーロットが開発、ABアコモ株式会社がホテルを運営します。

「トリフィート」は小樽運河に次いで2号店となります。

現在の様子 現在の様子はこちら
関連リンク

 

スーパーホテル金沢駅前

イメージ図
名称 スーパーホテル金沢駅前
用途 ホテル
竣工時期 2020年6月
構造 地上10階
客室数 150室程度
備考 スーパーホテルが金沢駅東口の旧金沢鉄道郵便局跡地(コインパーキングだった場所)に石川県初進出します。
現在の様子 現在の様子はこちら
関連リンク

 

 

プレミア金沢芳斉

イメージ図
名称 プレミア金沢芳斉
用途 マンション
竣工時期 2021年3月
構造 地上10階
総戸数 54戸
備考 アパホームが金沢市内で第7弾となる「プレミア」ブランドの分譲マンションを金石通り沿いに建設します。

旧北陸銀行跡地。

現在の様子 現在の様子はこちら
関連リンク

 

 

武蔵ヶ辻・大手町

ライオンズ金沢武蔵

イメージ図
名称 ライオンズ金沢武蔵
(金沢駅武蔵南市街地再開発事業)
用途 マンション、商業施設、公園
竣工時期 2021年9月
構造 地上18階
総戸数 138戸
備考 金沢市が協力のもと市街地再開発事業が進んでいます。

マンションと店舗が別棟で建設され、メインとなるマンションは大京が分譲し、金沢市内最高高さとなる地上60mのマンションとなります。

現在の様子 現在の様子はこちら
関連リンク

 

マルエー彦三店/瓢箪町きらく園

イメージ図
名称 マルエー彦三店/瓢箪町きらく園
用途 商業施設、老人福祉施設、駐車場
竣工時期 2020年3月
構造 地上2階
備考 NTT彦三ビル跡地には食品スーパーマーケットの「マルエー彦三店」と老人福祉施設「瓢箪町きらく園」の地上2階建ての複合ビルが建設されます。
現在の様子 現在の様子はこちら
関連リンク

 

 

近江町ふれあい館

イメージ図
名称 近江町ふれあい館
用途 商業施設、駐車場
竣工時期 2020年3月
構造 地上5階
駐車台数 225台
備考 近江町名店街と立体駐車場を周辺ビルとともに再開発し、立体駐車場のほか、試食コーナー、料理実演などもできるスペースを設けた交流拠点施設になる予定です。
現在の様子 現在の様子はこちら
関連リンク

 

 

大和情報サービスの袋町ホテル計画

イメージ図
名称 袋町土地利用計画(仮称)
用途 ホテル
竣工時期 2022年3月
構造 地上8階
客室数 未定
備考 かなざわはこまち隣の駐車場を大和情報サービス株式会社がホテルを建設します。

ホテル運営は別事業者に委託します。

現在の様子 現在の様子はこちら
関連リンク

 

 

VACATION RENT 金沢

イメージ図 NO IMAGE
名称 VACATION RENT金沢(仮称)
用途 ホテル
竣工時期 2021年2月
構造 地上12階
客室数 28室
備考 金沢市下堤町のしん証券さかもとの旧社屋跡地に、不動産業などを手掛けるマムファミリーが地上12階建てのホテルを計画しています。

ブランドはVACATION RENT(バケーションレント)金沢で、長期滞在者向けホテルとなる見込みです。

現在の様子
関連リンク

 

(仮称)金沢尾張町ホテルプロジェクト

イメージ図
名称 日本郵政金沢ビル跡地 高級ホテル計画
用途 ホテル
竣工時期 2023年初頭
構造 地上6階地下1階
客室数 223室
備考 日本郵政金沢ビル跡地において、高級ホテル計画が浮上!

全国で高級ホテルや滞在型レジデンスを展開する「ケン・コーポレーション」が高級都市型ホテルを計画していることが明らかになりました。

現在の様子 現在の様子はこちら
関連リンク

 

 

上堤町・下堤町・南町・尾山町

御宿野乃金沢

イメージ図
名称 御宿野乃 金沢
用途 ホテル
竣工時期 2020年
構造 地上13階
客室数 307室
備考 北國銀行本店跡地に、ドーミーインなどを展開する共立メンテナンスの和風ホテル「御宿 野乃」が進出します。
現在の様子 現在の様子はこちら
関連リンク

 

 

東京建物不動産販売による新ホテル

イメージ図
名称 東京建物不動産販売の新ホテル
用途 ホテル
竣工時期 2020年
構造 地上9階
客室数 未定
備考 元々オフィスビルとして建設され、ブランドオフのオークション会場としても利用されていた建物を改修、コンバージョンしたホテルとなります。

2020年春完成予定です。

現在の様子 現在の様子はこちら
関連リンク

 

 

明治安田生命金沢ビル 建て替え

イメージ図
名称 明治安田生命金沢ビル 建て替え
用途 未定
竣工時期 2020年以降
構造 未定
客室数 未定
備考 1971年(昭和46年)9月に竣工し、両休暇が進んでいる明治安田生命金沢ビルの建て替え計画が浮上しました。

2019年夏ごろまでに入居しているテナントの退去を予定しており、建て替え後は再びオフィスビルとなるのかは不明です。

現在の様子 現在の様子はこちら
関連リンク

 

 

東急ステイ金沢

イメージ図
名称 東急ステイ金沢
用途 ホテル
竣工時期 2020年春
構造 地上13階
客室数 167室
備考 南町の防火ビル(3棟)とコインパーキング跡地に中期滞在型ホテルの東急ステイが進出します。
現在の様子 現在の様子はこちら
関連リンク

 

 

香林坊・片町・竪町・広坂

ファーストホテル広坂

イメージ図
名称 ファーストホテル広坂
用途 ホテル
竣工時期 2020年春
構造 地上6階
客室数 40室
備考 富士火災金沢ビル跡地にファーストホテル広坂が開業予定。

賃貸マンションや飲食店を展開するファーストモータースによる初のホテルとなります。

現在の様子 現在の様子はこちら
関連リンク

 

 

ザイマックスによる竪町 ホテル計画

イメージ図
名称 テミス跡 再開発計画
用途 ホテル
竣工時期 2021年7月
構造 地上6階
客室数 未定
備考 タテマチストリート沿いにあるフローリッシュビル(旧長崎屋)跡地と隣接ビルをザイマックスが取得し、ホテルを軸に再開発を検討することが明らかになりました。

ホテルブランドや開業時期等は現時点で未定です。

現在の様子 現在の様子はこちら
関連リンク

 

 

プレサンスロジェ金沢香林坊

イメージ図
名称 プレサンスロジェ金沢香林坊
用途 マンション
竣工時期 2020年6月下旬
構造 地上10階
総戸数 72戸
備考 タテマチパティオパーキング跡地にプレサンスコーポレーションが分譲マンションを建設します。

プレサンスコーポレーションが北陸で分譲マンションを建設するのは初です。ファミリータイプを想定しています。

現在の様子 現在の様子はこちら
関連リンク

 

 

シエリア金沢広坂

イメージ図
名称 シエリア金沢広坂
用途 マンション
竣工時期 2021年3月
構造 地上9階地下1階
総戸数 35戸
備考 香林坊東急スクエアに移転したうつのみや書店の本店跡地で関電不動産開発の分譲マンション「シエリア」が建設されます。

関電不動産開発が北陸で分譲マンションを建設するのは初です。

現在の様子 現在の様子はこちら
関連リンク

 

 

片町四番組海側地区第一種市街地再開発事業

イメージ図
名称 片町四番組海側地区第一種市街地再開発事業
用途 ホテル、マンション、商業施設
竣工時期 未定
構造 未定
客室数/総戸数 未定/60戸
備考 香林坊東急スクエアから片町きららの間(海側エリア)が再開発されることが決定しました。

事業協力者には野村不動産が選定され、住宅60戸とホテル、商業施設からなる再開発ビルが建設されます。

現在の様子
関連リンク

 

 

金沢市第二本庁舎

イメージ図 「金沢市第二庁舎」の画像検索結果
名称 金沢市第二本庁舎
用途 オフィス、業務施設
竣工時期 2020年春
構造 地上3階地下1階
備考 金沢市は現在の金沢市役所本庁舎が手狭になったことから、第2本庁舎の建設工事を進めています。
現在の様子 現在の様子はこちら
関連リンク

 

 

Tマークシティホテル金沢片町

イメージ図
名称 Tマークシティホテル金沢片町
用途 ホテル
竣工時期 2021年以降
構造 地上11階地下1階
客室数 不明
備考 百万石通り沿いで長年駐車場となっていた場所にホテルが建設されます。

ポレスターマンションなどを展開するマリモが建設し、ハナツアーの子会社が運営予定です。

現在の様子 現在の様子はこちら
関連リンク

 

 

アパホテル金沢片町1丁目

イメージ図
名称 アパホテル金沢片町1丁目
用途 ホテル
竣工時期 2021年以降
構造 地上13階
客室数 215室
備考 パチンコタイガー片町店跡地にアパによる新ホテルが計画中です。

現在、コインパーキングとして暫定活用されています。

現在の様子 現在の様子はこちら
関連リンク

 

 

金沢城

鼠多門・鼠多門橋 整備事業

イメージ図
名称 鼠多門・鼠多門橋
用途 城門
竣工時期 2020年7月まで
構造 地上2階地下1階
備考 金沢城玉泉院丸と金谷出丸(現在の尾山神社の敷地)を行き来するための鼠多門と鼠多門橋を復元すると発表されました。尾山神社と金沢城の間を通るお堀通りの上に木製風の橋が架橋される予定です。

当初は2020年12月竣工だったものを半年前倒しし、2020年7月の東京オリンピック・パラリンピックまでに供用される予定です。

現在の様子 現在の様子はこちら
関連リンク

 

 

金沢中央ビル跡地緑地整備

イメージ図 20171203_0777
名称 金沢中央ビル跡地緑地整備
用途 公園
竣工時期 2021年まで
構造
備考 金沢中央ビル跡を石垣が眺望できる公園として整備するものです。
現在の様子 現在の様子はこちら
関連リンク

 

 

本多の森周辺

国立工芸館

イメージ図 20180528_0860
名称 国立工芸館(東京国立近代美術館工芸館)
用途 美術館
竣工時期 2020年7月までに開業
構造 地上2階地下1階
備考 東京国立近代美術館工芸館が東京から移転するのに伴い、金沢の明治時代の陸軍建築2棟を移転し、外観を保存・完全復元したうえで接続させ、内部は美術館仕様とするものです。

2019年に金沢での愛称が発表される予定。

2020年7月の東京オリンピック・パラリンピックまでに開館予定です。

現在の様子 現在の様子はこちら
関連リンク

 

 

兼六駐車場建て替え計画

イメージ図 kenrokupark (2)
名称 兼六駐車場 建て替え計画
用途 駐車場
竣工時期 2020年春(第1期工事)
構造 地上5階
駐車台数 520台
備考 老朽化が進んでいる兼六駐車場の建て替え計画です。2期にわたって工事が行われる予定で、第1期工事は2020年春完成予定となってます。
現在の様子 現在の様子はこちら
関連リンク

 

 

その他 金沢市中心部

石川県立図書館

イメージ図 IMG_7858
名称 石川県立図書館
用途 図書館
竣工時期 2022年度
構造 地上3階地下1階
備考 金沢大学工学部跡地に建設予定の図書館です。2017年に設計候補者として環境デザイン研究所が選出されました。

内部のデザインは、中央の開放的な吹き抜けの周りを書架が取り囲む、円形劇場のような大閲覧空間となります。

現在の様子 現在の様子はこちら
関連リンク

 

 

金沢美術工芸大学 移転

イメージ図
名称 金沢美術工芸大学
用途 大学
竣工時期 2023年
構造 地上3階地下1階
備考 金沢美術工芸大学は金沢大学工学部跡地に移転予定です。キャンパスのほか、付属美術館などが整備予定です。

公募型プロポーザルが行われ、SALHAUS(サルハウス)・カワグチテイ建築計画設計共同企業体が選定され、アートプロムナードなどを設けた開放的な校舎となります。

現在の様子 現在の様子はこちら
関連リンク

 

 

金沢港クルーズターミナル

イメージ図
名称 金沢港クルーズターミナル
用途 港湾施設
竣工時期 2020年4月開業
構造 地上3階
備考 金沢港に寄港するクルーズ船の増加や、金沢みなと会館の老朽化に伴い、新たなクルーズターミナルの建設工事が行われています。

カフェレストランや港湾施設、CIQ施設、展望デッキなどが整備されます。

現在の様子 現在の様子はこちら
関連リンク

 

 

金沢市サッカースタジアム

イメージ図
名称 金沢市サッカースタジアム(仮称)
用途 サッカー場
竣工時期 2024年度
構造 不明
備考 10000人収容の金沢市新サッカー競技場の計画が明らかになりました!

大規模改修ではなく、城北市民運動公園内に移転され、金沢プールを手掛けた梓設計が設計を行います。

現在の様子 現在の様子はこちら
関連リンク

 

 

Zepp金沢

イメージ図
名称 Zepp金沢
用途 ライブホール
竣工時期 2021年夏
構造 地上2階
備考 JR西金沢駅前に全国にライブホールを展開する、Zeppの進出が明らかになりました。

収容人数は1300人を計画中です。

現在の様子 現在の様子はこちら
関連リンク

 

 

プレミスト西金沢ステーションフロント

イメージ図
名称 プレミスト西金沢ステーションフロント
用途 マンション
竣工時期 2020年秋
構造 地上10階
備考 JR西金沢駅前に大和ハウス工業の分譲マンションが建設されます。
現在の様子
関連リンク

 

今年も新たな開発が目白押しです!
この他にも建設・再整備計画は沢山あります。

現在どこまで工事が進んでいるのかなど、
詳しくは「建設中リスト」をご覧ください。

 

「勝手に大胆に2019年を予想」の結果!

◆地価

こちらは2019年3月の公示地価と2020年3月の公示地価を比較して・・・

・金沢駅西口は最高で10%
→金沢駅西口の広岡1丁目の地価は1㎡あたり670,000円と11.7%の上昇となり、予想通り・やや予想以上となりました。新たに商業地の北安江町の水産会館近くの地点の地価が1㎡あたり36万円と金沢市中心部の竪町より6万円ほど高くなっています。

・金沢駅東口は7%,公示地価においても1㎡あたり100万円の大台へ
→金沢駅兼六園口(東口)の地価は、1㎡あたり1,030,000円と7.9%の上昇となり、予想通り大台突破しました。地価の最高価格地点が100万円を突破したのは平成14年(2002年)以来、17年ぶりです。

・香林坊は5%
→香林坊の地価は1㎡あたり755,000円と10.6%の上昇となり、上昇幅が拡大しました。予想は外れましたが、期待以上の上昇となりました。今年以降、日本銀行金沢支店移転後に向けた議論が本格化していきそうです。

・武蔵ヶ辻は5%
→武蔵ヶ辻(武蔵町)の地価は1㎡あたり700,000円となり7.7%上昇し、上昇率が拡大しました。こちらも予想は外れましたが、期待以上の上昇となりました。昨年は、近江町市場向かいで新たなホテル計画が出たり、日本郵政跡で高級ホテル計画が浮上するなど、まだまだ変貌していきそうです。

・片町は5%
→片町2‐24‐11の地価上昇率は13.1%となり、この地点としては選定された1990年以降初めて石川県内最高上昇率地点となりました。こちらも期待以上の上昇となりました。

・ひがし茶屋街がある東山は10%の上昇
→ひがし茶屋街のある東山の地価(9月発表の基準地価)は415,000円と10.7%の上昇となり、ほぼ正解でした。1㎡あたり41.5万円は片町の最新地価(43万円)に匹敵します。

上昇基調に変化なし、金額ベースの伸びで前年と同じ程度?
→上昇基調は変化ないですが、上昇率は特に金沢市中心部で上昇幅の拡大が見られました。これは新幹線開業とともにホテル開発ラッシュとなりましたが、変わらぬ需要があるものの余った土地が減少し、需要が供給を上回ってきていることが考えられます。

 

◆再開発・開発

・ホテル新規計画は落ち着きを見せる?2018年に発表されたホテルの建設が始まり、各地でタワークレーンが建つ⁉
→おおよそ正解です。ホテル新規計画浮上件数は2018年の10件から、5件に減少しました。落ち着きを見せました。2018年に発表されたホテルの建設が本格化し、タワークレーンが市内の建ったところが印象的でした。

・片町きららと香林坊東急スクエア間の再開発計画の具体化が進む⁉
おおよそ正解です。まだ青写真は見えないものの、事業協力者として野村不動産が選定されました。そして、50戸の分譲マンションとホテル、商業施設からなる再開発ビルが建設されることが明らかになりました。

・日本銀行が移転用地としてスコール金沢裏側の土地を取得⁉
→外れました。日本銀行が移転用地として取得するのは、金沢市企業局に隣接する土地約5,000㎡となります。スコール金沢裏側の土地はまだ用途が未定のままです。

・ハイアットセントリック金沢などが入るツインタワー内に入る商業施設が判明⁉
→外れました。商業施設については約45区画設けられることが明らかになりました。2020年6月開業予定で、テナントは春ごろに分かるのではないかと思われます。また、名称は「クロスガーデン金沢」が濃厚です。

・NTT彦三ビル,日本郵政金沢ビル,NHK金沢放送局跡地の活用策がそれぞれ発表⁉
→3つ中、2つ正解です。NTT彦三ビルの跡地は食品スーパーマーケットの「マルエー彦三店」と老人福祉施設「瓢箪町きらく園」の地上2階建て複合ビルを計画。日本郵政金沢ビル跡地はケン・コーポレーションが土地を取得、高級ホテルを計画しています。
一方、NHK金沢放送局跡地についてはまだ明らかになっていません。

・金沢美大の移転後の完成イメージ図が公開⁉
→正解です。金沢美大移転後の完成イメージ図が公開されました!
SALHAUS(サルハウス)・カワグチテイ建築計画設計共同企業体が選定され、アートプロムナードなどを設けた開放的な校舎となります。

・移転する東京国立近代美術館工芸館の愛称は金沢を冠したものに⁉
→外れました。愛称(通称)は「国立工芸館」となりました。2020年7月の東京オリンピックまでの開館を目指しています。

結果からすると、概ね正解といったところでしょうかw

 

勝手に2020年を予想!

地価

こちらは2019年3月の公示地価と比較して・・・

・金沢駅西口は最高で10%

・金沢駅東口は7%

・香林坊は10%

・武蔵ヶ辻は10%

・片町は5%

・ひがし茶屋街がある東山は8%の上昇

依然、上昇基調に変化なし?

イオンモール白山の出店が決定し、周辺で地価上昇?

 

再開発・開発

・鼠多門橋、国立工芸館の完成で尾山神社→金沢城公園→兼六園→工芸館を巡る回遊性が向上!?周辺観光施設の来館者数も軒並み増加?

・片町きららと香林坊東急スクエア間の再開発計画のイメージ図が公開?

・金沢駅西のJR社宅跡地の開発詳細が発表?駅西に相応しい大規模な開発に?

・オフィスビルの建設ラッシュ到来?複数のオフィスビルの建設始まる?

・金沢都ホテル跡地について何らかの方針が明らかに?

・海側幹線の開通スケジュールが明らかに?

・ハイアットセントリック/ハイアットハウスの新しい商業施設開業で駅西方面へ人の流れが変わる?

 

今年も良い年になったらいいですね\(^o^)/

まちゲーション取材リスト

クリックすると該当ページへ移動します

建設中リスト
竣工リスト
特集記事