建設中・開発中

あいの風とやま鉄道富山駅の高架化が完成しました!(下りホーム編)2019.6

富山駅付近連続立体交差事業は、北陸新幹線事業にあわせ、富山駅周辺の抜本的な改善を図るため、あいの風とやま鉄道線やJR高山本線、富山地方鉄道本線を高架化するものです。

県都にふさわしい交通拠点の整備や、鉄道によって分断されていた南北市街地の一体化を目的に、在来線を高架化する連続立体交差事業を行います。(事業主体は富山県)
整備にあたっては、富山港線の路面電車化や新幹線整備に合わせた施工等により、事業のコンパクト化とコストの縮減を図っています。

概要

富山駅付近連続立体交差事業位置図

toyamastakoukaka

縦断図

toyamastakoukaka2

富山駅部による施工手順

toyamastakoukaka3

富山駅付近連続立体交差事業-富山県 より引用)

STEP5のうち、あいの風とやま鉄道富山駅の全面高架化が2019年3月4日 (月) に完成しました!

今回は、あいの風とやま鉄道の富山駅下り線ホームを見ていきます!

 

 

現在の様子

下り線は1面2線となり、12両編成の列車にも対応した長いホームとなっています。

床材は上り線が白に対し、下り線はサーモンピンク色となっています。

 

 

真新しいホームに泊行きの普通列車が停車していました。

 

 

上り線及び北陸新幹線ホームと統一感あるデザインになりました。

 

 

下り線ホームからは駅北を一望できます。

線路近くまでガラス張りとなっており、明るいホームとなっています。

 

 

ホーム中央部の様子です。

4番線、5番線の文字が見えます。

 

下り線ホームから上り線・北陸新幹線ホームを望む。

 

 

駅構内も開放的になっています。

 

 

雪をかぶった立山杉をイメージした柱が奥まで続いています。

 

 

最後に下り線ホームから富山駅北口を望む。

 

駅構内へと降りていきます・・・

 

 

過去記事

富山駅付近連続立体交差事業(富山駅下り線ホーム)2019.2
富山駅付近連続立体交差事業(富山駅構内)2019.2

富山駅付近連続立体交差事業 2018.10
富山駅付近連続立体交差事業 2018.8
富山駅付近連続立体交差事業 2017.6
富山駅付近連続立体交差事業 2017.4

 

周辺整備

富山駅周辺整備事業 2016.2
富山駅周辺整備事業 2015.11
旧富山駅舎跡地が更地になりました! 2015.11
【大特集】北陸新幹線富山駅 見学会に行ってきました! 2015.2.1
富山駅周辺整備事業 2015.2
富山駅周辺整備事業 2014.12月下旬
富山駅周辺整備事業 2014.12月上旬
富山駅周辺整備事業 2014.11月中旬
富山駅周辺整備事業 2014.11
富山駅周辺整備事業 2014.9
富山駅周辺整備事業 2014.7

 

まちゲーション取材リスト

クリックすると該当ページへ移動します

建設中リスト
竣工リスト
特集記事