金沢・片町「片町きらら」が開業しました!LOFT、H&Mなどが出店!

2017年1月27日建設中・開発中, 香林坊・片町・竪町・広坂

20151001_0358-2

2015年9月18日 金沢市片町に複合商業施設「片町きらら」が開業しました!!

片町きららは、ラブロ片町周辺10棟の再開発事業「片町A地区再開発事業」で誕生した複合ビルで、商業施設のほか、事務所や結婚式場(2016年4月オープン)が入ります。

 

概要

【名称】片町きらら
【所在地】 石川県金沢市片町2丁目2番5号
【開業日】 2015年9月18日
【店舗面積】 7136㎡
【駐輪場】 79台
【営業時間】 午前10時から午後8時まで

1~3階が商業施設、4~5階が婚礼施設・事務スペースとなります。

  • 地上には3つの屋外広場を設けます。
  • 1階~3階までの高さ15mの大屋根を設けます。 
  • 再開発としては全国初の試みとなる保留床が再開発前より減少する、”減築型再開発”になります。
  • 事業費は36億円
  • 婚礼施設は平成28年春完成予定

 

 

20151001_0146

片町1丁目交差点から商業施設へ潜入!

竪町から繋がるスクランブル交差点側にH&Mが出店しました!

1~3階のメゾネット式店舗で、店舗面積は日本海側最大級を誇ります。

店内にはH&Mの店舗内エスカレーター、エレベーターが設置されていました。

H&Mの店舗構成は主に、1階はレディース、2階はレディース、キッズ、3階はメンズとなっていました。

 

 

 

20151001_0150

片町きららの「バス待ち広場」の様子です。

片町バス停(片町きらら前)があります。

新バスシステム、時刻表などがコンパクトにまとめられています。

 

 

 

20151001_0151

こちらが片町バス停です。安全パネルが取り付けられている他は、構造が非常にシンプルです。

そして、再開発で建物自体がセットバックされ、バスの停車スペースが3つ設けられたのが特徴です。

 

 

 

20151001_0152

こちらは、片町きららの中でも最も大きな広場です。

実は、午前中、午後、夜の3回片町きららを訪問しており、この写真は午前中のため人も少なく、広々としています。

 

 

 

20151001_0153

結婚式場「アルカンシエル」も来春OPENに向けて着々と準備中でした。

大きな門構えで、左右にデジタルサイネージが設置されています。

 

 

 

20151001_0154

そして、大型ビジョンも設置され、片町きららの店舗案内のほか、片町の情報、金沢の情報も発信されていました。

上には、ロゴマークと片町きららの文字が。

 

 

 

20151001_0156

そして、とうとう、石川県に!金沢市に!LoFtがオープンいたしました!!

この看板を見る日が来るとは!

…ちなみに、1階には金沢市内3店舗目のアーバンリサーチとなる、センスオブプレイスバイアーバンリサーチが北陸初出店。

画面で仮想試着?できる装置が北陸で初導入されるなど工夫されていました。そして、アーバンリサーチのカフェ「green bar」も窓際に北陸初出店。

2階には、ピッツァサルバトーレクオモ&バーが石川県初出店。お昼時には行列ができるほど人気でした。

 

 

 

20151001_0158

香林坊方面を望む。

 

 

 

20151001_0159

建物南側には、4階の事務所への入り口が。日本最古の商工会である、片町商店街振興組合の事務所、片町きらら閉店以降も営業を続ける、ピッツァサルバトーレクオモ&バーへの入り口があります。

 

 

 

20151001_0160

片町きららの隣は変わらず、古いアーケードが残ります。

そして、再開発事業の想定外の影響で、計画には無かったビルを取り壊すことになり、その跡地は現在も安全柵に囲まれています。

 

 

 

20151001_0162

続いて、建物裏へ回ると、落ち着いた雰囲気でした。飲み屋街のため、ガラス張りでなく、落ち着いた雰囲気に統一したものだと思われます。

 

 

 

20151001_0163

片町きらら南側には駐輪場もありました。

 

 

 

20151001_0166

そして、レンタサイクル「まちのり」の片町ポートが復活していました!!周辺には植栽もされ、以前と雰囲気がガラリと変わりました。

 

 

 

20151001_0168

さりげなく、片町今昔を紹介する写真もありました。

こんな感じで、片町きららの建物外周を一周してきました。

肝心の館内は撮影禁止なので、写真はありません。

なので、館内の感想を徒然なるままに・・・・・

大型ビジョンがある入り口から館内へ入ると、右側はH&Mの店舗があり、基本的にはエスカレーターの周りを1周する通路があり、その周りに店舗が並んでいる感じです。正直、1周回るのに時間がかからない程度の規模で、金沢フォーラスの規模とは当然ながら比較できません。

しかし、1店舗ごとに内装の個性が違い、特に、照明にこだわっていたのでそういうところを見ながら買い物するのも楽しめます。

ちなみに1階にはトイレは無いのでご注意ください…

そして、3階のロフトへ向かいます。エスカレーターを上り、3階へ行くと天井にはLoFtの文字が。

店舗面積はあまり大きくないと聞いていたので予想通りの広さ。ただ、それでも北陸屈指の雑貨の品ぞろえで、すごく楽しめました。

特に、LoFt100店舗目を記念した展示や、金沢の雑貨の取り扱いの多さにもびっくりしました。また、ロフトラボでは、様々な体験ができるようです。ひゃくまんさんの30万円する重箱も見てきました。

やはり、3階はH&Mも出店しているので、完全ワンフロア貸し切りではないため、やっぱり狭い印象…。

片町きららではLoFtが最も賑わっていた印象もあり、将来的に、別の再開発ビルができるならば2~3フロア貸切って大型店舗を出店してほしい(笑

金沢ではないような異空間で、また行きたくなる商業施設でした。

 

 

 

20151001_0363

そして、驚いたのが、片町きららの開業効果!!

片町きらら前の、片町1丁目スクランブル交差点はご覧の賑わいです!

普通の休日で、片町にこれだけの人がいるのを何年ぶりに見ただろう…という感じです。

 

 

 

20151010_0530

夜でも賑わいは絶えませんでした。

 

 

 

20151010_0525

片町きらら開業で、これまで人の流れが、駅→武蔵が辻→香林坊→兼六園方面だったのが、片町にも人の流れを取り戻すことが出来ました。

そして、相乗効果で竪町にも少なからず人の流れが出来ていたと思います。ここまで、人の流れが変わるものだとは思ってもいなかったのでビックリでした。

ただ、片町きららの開業で片町が賑わいと取り戻せた、めでたしめでたし。で終わるのではなく、片町の賑わいを取り戻すためのスタートダッシュが切れただけに過ぎないと思います。片町商店街振興組合の会長さんも仰っていたように、片町A地区再開発の成功とともに、B地区、C地区と連鎖的に再開発事業の機運が高まるように、繋げていってほしいです。(個人的には、片町の北國ビルディングは耐震工事したうえで後世に残してほしいですが…)

そして、街全体の老朽化ビルを更新するとともに、新たな賑わい創出に努めてほしいです。

 

 

ラブロ片町時代から3年6か月追いかけてきましたが、今日でレポートを終了します。ありがとうございました。

 

過去記事

片町A地区再開発事業 ( 片町きらら )2015.7
片町きららの全テナントが発表!2015年9月18日開業へ!
片町きらら に H&M、LOFT が進出!ラブロ跡地が生まれ変わる!
片町A地区再開発 ( 片町きらら ) 2015.5
片町A地区再開発 (ラブロ片町 再開発) 2015.4
片町A地区再開発 (ラブロ片町 再開発) 2015.3.27
片町A地区再開発 (ラブロ片町 再開発) 2015.3
片町A地区再開発 (ラブロ片町 再開発) 2015.2
【特集】 片町A地区再開発(ラブロ片町跡地再開発)が今年9月先行開業へ!!
片町A地区再開発 (ラブロ片町 再開発) 2015.1
片町A地区再開発 (ラブロ片町 再開発) 2014.12
片町A地区再開発事業 (ラブロ片町 再開発) 2014.11
片町A地区再開発事業 2014.10
ラブロ片町の解体が終盤! 2014.9
片町A地区再開発 建物解体工事 2014.8
片町A地区再開発 建物解体工事 2014.7月上旬
片町A地区再開発 建物解体工事 2014.5月下旬
ラブロ片町の再開発 着々と計画中
ラブロ片町が来年3月閉店
片町再開発の3案について
【特集&徹底検証】ラブロ片町再開発