大混雑でてんやわんやの金沢駅 2017.3

金沢市ニュース, エリアニュース

20170318_0032

3連休初日の金沢駅とその周辺は大混雑でした。

(はじめに)
観光客の方に誤解はしてほしくないため一応・・・。毎日大混雑というわけでは無いのでお気軽にお越しください(汗)

 

 

 

20170318_0035

その理由の一つが、「国内最大規模の学会」と言われる日本循環器学会主催の第81回日本循環器学会学術集会が金沢で行われたためです。

参加人数は15000人で過去10年では仙台、横浜、京都、大阪、神戸、福岡などコンベンション施設が整備された大都市ばかりで開催されていますが、今回は金沢市で開催となったわけです。

経済効果は30億円と言われ、コンベンションの経済効果としても最大規模なのではないでしょうか。

 

 

 

20170318_0023

午前中からスーツを着た関係者が多くいました。

ようこそ金沢へ!

 

 

 

 

20170318_0024

私が以前書いた記事(【特集】金沢でホテルの建設ラッシュが再燃!2020年までに1800室供給へ!?)でも書いたように、2016年11月末の金沢市内にあるホテルは約8700室、旅館、簡易宿所を含めた総数が約9800室と言われる中、観光客も多く集まる3連休に15000人規模の学会が開催されたため、参加者は金沢のみならず加賀温泉、小松、白山、能登、そして高岡、富山、魚津あたりのホテルや旅館に宿泊した方もいたそうです。

金沢には”最大瞬間風速”的な流入数に耐えられるほどのホテルが無いため、なんだか申し訳ない感じです。

 

 

 

20170318_0027

会場は都ホテル、ポルテ金沢、ホテル金沢、県立音楽堂など金沢駅を囲むように設定されたようです。

注目すべきは、金沢フォーラスのイオンシネマも9スクリーン中、7スクリーン分が会場と化したことです。今までの金沢市内のコンベンションでは現役の映画館が貸し切りで会場になった事例はなく、コンベンションの規模を物語っています。

 

 

 

20170318_0029

金沢駅前交差点の様子です。

 

 

 

20170318_0033

駅周辺のフラッグも学術集会のもの一色です。

 

 

 

20170318_0053

金沢駅構内は大型連休?と思う混雑ぶりで、駅の出入口が見えないくらいでした。

 

 

 

20170318_0064

東京発の北陸新幹線が到着すると改札周辺はごった返しててんやわんやに。観光客の皆さまもようこそ金沢へ!

ここでも学会の関係者も多く改札を抜けていました。わざわざ全国からはるばる来ていただき嬉しいです。ここまで混雑して申し訳なくも思いますが(汗)

 

 

 

20170318_0069

金沢駅東口の様子。

 

 

 

20170318_0092

地下では学会の受付が行われていました。

もてなしドーム地下広場は普段はだだっ広い広場ですが、学会やマラソンなどの受付、イベントの開催などに使われる便利な広場となっています。

隣では金沢もてなし隊が加賀棒茶の無料ふるまい、チームきららによる音楽の演奏などにぎやかでした。

 

 

 

20170318_0084

受付の様子です。英語表記で会場の説明が書かれていました。

大都市だと整備された会議場で行き来をしますが、金沢の場合は会場が不足しているので、6施設に分かれて行われました。

 

 

 

20170318_0071

再び鼓門前へ戻ると、人多すぎ。

あと2週間もしないうちに再開発のため閉館する金沢都ホテルの最後の雄姿とともに。

 

 

 

20170318_0077

鼓門撮影にも一苦労?

 

 

 

20170318_0081

今回の学会の会場に金沢都ホテルも使われました。

旧ロキシー劇場が会場に使われるのもこれが最後?

 

 

 

20170318_0093

バスは主に観光客の方で行列でした。

この時期は学生の卒業旅行も盛んで、平日でも混んでます。

 

 

 

20170318_0940

夕方になると、タクシー乗り場には30mほどの行列が。

 

 

 

20170318_0937

タクシープールを見ると、なんと駐車場にはほとんどタクシーがいない!?

乗客を降ろして戻ってきたタクシーが休むことなくまた乗客を乗せていく・・・という状態でした。3連休、コンベンション効果恐るべしですね。

ちなみにこの日は槇原敬之さんのライブもあり、てんやわんやの金沢駅でした。

 

 

コンベンション施設の新設は不可欠

個人的にはさらにコンベンションを誘致するためには金沢駅西口に大型コンベンション施設は不可欠だと思われます。

金沢市としては金沢歌劇座の改築・機能強化をする方針だそうですが、会場の分散はあまり良くないと思います。駅-ホテル-会場が分かりやすい交通機関で結ばれているならまだしも、現在の交通機関はバス・タクシーで、新しい交通システムができても本多町の歌劇座前は通りません。

今後、外資系ホテル建設や北陸新幹線の延伸も見込まれ、都市型ホテルが集積している金沢駅周辺で比較的まとまった用地が確保できる金沢駅西口にライブから国際会議、大きなものから小さな会議まで対応できる、コンベンション施設の新設が必要だと考えています。

 

 

次に混雑が予想されるのは?

次に金沢で大規模な混雑が予想されるのは、観桜期やGWはもちろんのことですが、5月~6月は特に郊外の産業展示館で毎週のように混雑しそうです。どのイベントも金沢駅からシャトルバスは運行されそうですが、駅西口では大行列となりそうな予感がしています。

5月7日 ポップヒル in KANAZAWA 石川県立産業展示館4号館(5000~7000人?)
5月18~20日のMEX金沢(参加人数60000人(これは3日間合計?)) 石川県立産業展示館
5月27~28日 THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR 石川県立産業展示館4号館(2日間で15000人程度?)
5月28日2017 明治安田生命 J2リーグ 第16節 ツエーゲン金沢vs松本山雅FC 石川県立陸上競技場
6月3日~4日 百万石音楽祭(昨年は2日間で30,000人) 石川県立産業展示館
6月2日~4日 金沢百万石まつり (百万石行列は昨年は42万人の観客)

 

週末を中心になかなか宿が取りづらい状況が続きそうですが、金沢以外にも石川県は加賀温泉郷や和倉温泉、湯涌温泉など素晴らしい温泉地がありますし、比較的アクセスがしやすい高岡や富山にも宿泊施設があります。

そういったことをさらに周知していきたいところです。