富山・富山西武跡地再開発 2018.8

建設中・開発中, 富山市

20180808_1922

総曲輪3丁目地区第一種市街地再開発事業は、西武富山店跡地を中心とした再開発事業です。

西武富山店は2006年3月に閉店し、跡地利用が課題となってました。

富山西武跡地再開発は、富山西武跡地周辺3800㎡を再開発し、1~5階が商業・業務フロア、6~23階が分譲マンションとなります。

再開発では、大和ハウスがマンション「プレミストタワー総曲輪」を手掛け、206戸を予定、低層階は商業施設が誘致される模様です。

 

 

概要

名称:総曲輪3丁目地区第一種市街地再開発事業
住所:富山市総曲輪3丁目4番地
用途:共同住宅、店舗、事務所
敷地面積:3,797.00㎡
建築面積:3,026.18㎡
延床面積:33,887.83㎡
構造:鉄骨造、鉄筋コンクリート造
階数:地上23階、地下1階
高さ:80m(塔屋:85.62m)
着工:2016年(平成28年)7月15日
竣工予定:2019年(平成31年)1月31日
設計:三四五建築研究所・日本設計

事業費:153億円

 

 

プレミストタワー総曲輪の完成イメージ

116164_16908_L

大和ハウスより、プレミストタワー総曲輪の完成イメージと概要が発表されました。

(1)北陸最大供給戸数・富山市中心市街地最高層(地上23階建)の制振タワーマンション

 「プレミストタワー総曲輪」は、地下1階・地上23階建、地上85.62m(※4)と、分譲マンションとしては富山市中心市街地最高層の制振タワーマンションとなります。
 1階から5階までが商業施設(店舗・事務所等を予定)、6階から23階が住居スペースとなり、総戸数206戸と1棟建ての分譲マンションとしては北陸エリア(富山県・石川県・福井県)で最大供給戸数の物件となります。
 本物件では、万が一、地震が発生しても被害を最小限に抑え、安全・安心に住み続けられるように制振構造を採用しました。建物内に配置した制振部材により、地震や強風による建物の揺れを軽減するとともに、柱や梁などの主要構造部分や内外装の損傷が少なくなり、長期にわたって建物を安全・安心に使用できます。
※4.PH(塔屋)を含みます。

(2)まちなか居住に適した好立地

 本物件は、富山の中心市街地の商業施設「総曲輪フェリオ」まで徒歩4分(約250m)、総曲輪通り商店街まで徒歩1分(約50m)、公共施設である「富山県庁」まで徒歩12分(約920m)、交通機関である富山地方鉄道市内軌道線環状線「中町(西町北)停留場」まで徒歩1分(約40m)と、生活利便と交通利便の両立が図れる好立地の物件です。加えて、市内の主な公共施設も徒歩で利用可能です。

(「富山市総曲輪三丁目地区第一種市街地再開発事業」地内の制振タワーマンション分譲マンション「プレミストタワー総曲輪」概要決定-大和ハウス工業 より引用)

_prw_PI1im_1A4tV8Bx

 

 

現在の様子

20180808_1884

金沢の建設記録をしていたら富山のほうまで手が回らず、3か月ぶりの取材となってしまいました。

気づくとあっという間に建設が進んでいました。

 

 

 

20180808_1883

現在、17階まで建設されています。

あと5フロアで最上階に到達しますね。

 

 

 

20180808_1890

1~5階の商業・事務スペースと、6階から23階のマンションとでデザインも異なります。

現在、17階とはいえ、低層階が天井高なので既に60mは超えているでしょうし、インパクトも大きいです!

 

 

 

20180808_1892

マンション部分をアップで撮影。

バルコニーの柵の設置工事が行われています。

また、アクセントとなるルーバーの設置工事も進んでいますね。

 

 

 

20180808_1894

低層階との境目。

商業・事務フロアはまだ装飾等はなく、鉄筋コンクリートがむき出しです。

 

 

 

20180808_1893

少し引いて撮影。

いやー、広角でも収まらなくなりましたよ(汗)

 

 

 

20180808_1902

場所を変えまして、総曲輪商店街から見た様子です。

 

 

 

20180808_1903

上を見上げた様子です。

 

 

 

20180808_1904

敷地西側から見た様子です。

 

 

 

20180808_1905

再び?三度?北側の道路が通行可能になりました。

 

 

 

20180808_1906

北側にはタワークレーンが建っています。

 

 

 

20180808_1908

60mを超える建築物の建設が少ない北陸ではここまで高く伸びているタワークレーンを見ることは少ないです。

 

 

 

20180808_1909

途中階で固定されていますね。

 

 

 

20180808_1912

北側から西町方向を撮影。

足場が組まれていることが分かります。

 

 

 

20180808_1914

再開発敷地の向かい側(北側)にあった建物も解体されました。

跡地はどうなるのでしょうね?

 

 

 

20180808_1917

中町電停と絡めて。

景観も変わってきましたよ。

 

 

 

20180808_1918

アーケードと建物の間に整備予定の広場はまだ整備されないようです。

車両搬入口になっているのでもうしばらく先ですね。

 

 

 

20180808_1922

南東側から見た様子です。

建物の成長を感じますね。

 

 

 

20180808_1929

西町交差点から見た様子です。

タワークレーンが2基稼働している様子が分かりますね。

 

 

 

20180808_1920

次第に富山市内のいたるところから目に入るようになってきました。

 

 

20180724_1078

最後に呉羽山から見た様子です。

中央右側のタワークレーンがプレミストタワー総曲輪です。

 

富山市中心部の建築物の中でも目立つ存在になってきました。

 

 

過去記事

富山・富山西武跡地再開発 2018.5
富山・富山西武跡地再開発 2018.3
富山・富山西武跡地再開発 2018.1
富山・富山西武跡地再開発 2017.12
富山・富山西武跡地再開発 2017.11
富山・富山西武跡地再開発 2017.7
富山・富山西武跡地再開発 2017.4
富山・富山西武跡地再開発 2017.2
富山・富山西武跡地再開発 2017.1
富山・富山西武跡地再開発 2016.7
富山・富山西武跡地再開発 2016.6
富山・富山西武跡地再開発 2016.2
富山・富山西武跡地再開発 2015.11
富山西武跡地の再開発が動き出す!

この記事以降の最新記事はこちら