金沢市インターナショナルブランドホテル 建設工事 2017.12 | 金沢まちゲーション

金沢市インターナショナルブランドホテル 建設工事 2017.12

金沢駅西口, 建設中・開発中

20171203_0367

(仮称)金沢市インターナショナルブランドホテルは、金沢駅西口の駅西暫定駐車場跡地にオリックスが「ハイアットセントリック金沢」「ハイアットハウス金沢」を核とする、ホテル、マンション、商業施設などから構成されるツインタワーを建設するプロジェクトです。

 

 

概要

名称:(仮称)金沢市インターナショナルブランドホテル
敷地面積:7,423.74㎡
建築面積:6,540.92㎡
延床面積:53,930.00㎡
高さ:59.95m
階数:地上15階地下1階
工事の着手予定日:2018年2月1日
工事の完了予定日:2020年4月30日
設計者:竹中工務店
建築主:オリックス株式会社

 

 

ホテルの概要

ハイアットセントリック金沢
客室:約250室
「セントリック」はライフスタイル型フルサービスホテルとなります。

ハイアットハウス金沢
客室:約90室
「ハウス」は長期滞在型ホテルとなります。

※さらに詳しい詳細についてはこちらに書きましたのでご覧ください。

金沢駅西口に「ハイアットセントリック」と「ハイアットハウス」が2020年6月開業が決定!

 

工事のスケジュール

2017年9月30日 駅西暫定駐車場 閉鎖

2017年10月1日~2018年1月末 土壌汚染部分の除去

2018年2月~2020年4月 本体工事

2020年6月 開業予定

 

 

 

現在の様子

20171203_0357

南側から見た様子です。

依然と、高いフェンスに囲まれており、こちらからは内部の様子がわかりません。

 

 

 

20171203_0359

東側の様子です。

こちらも大きな変化は見られません。

この辺りはハイアットの建設に合わせ、修景整備を行う予定です。

 

 

 

20171203_0360

東側の透明なフェンスから見た様子です。

駐車場のアスファルトが剥がされ、土がむき出しになっていることがわかります。

 

 

 

20171203_0361

透明なフェンス越しに金沢駅西口を望む。

 

 

 

20171203_0367

金沢駅西時計駐車場から見た様子です。

アスファルトが剥がされ、巨大な敷地が見て取れます。

 

 

 

 

20171203_0370

土壌汚染撤去工事のためなのか、格子状に区切って土を掘り起こしているみたいです。

 

 

 

 

20171203_0371

金沢駅側には赤煉瓦基礎の遺構が。

隣接地には転車台らしき遺構も発見できました。

それについて、別で記事を書きましたので詳しくはこちら。

金沢駅西口で金沢機関区時代の遺構が出現!正体は?

 

 

20171203_0372

重機と格子状に区切られた地面の様子。

 

 

 

20171203_0373

付近には赤煉瓦基礎の解体された瓦礫がありました。

 

 

 

20171203_0374

一部ではまだわずかにアスファルトが残っている部分があります。

 

 

 

20171203_0377

きれいにアスファルトが切断されています。

切断面を見ると、アスファルト下は10cmほどの土があり、その下には旧金沢機関区の時代の地面があるものだと思われます。

 

 

 

20171203_0404

場所を変えて金沢駅方面を望む。

 

 

 

20171203_0415

敷地北側の様子です。

 

 

 

20171203_0417

工事作業者出入口がありました。

土壌掘削・除去工事は2018年1月31日まで行われる予定です。

 

 

 

過去記事

金沢市インターナショナルブランドホテル 建設工事 2017.10
ハイアットセントリック金沢とハイアットハウス金沢の建設予定地の様子 2017.6
金沢駅西口に「ハイアットセントリック」と「ハイアットハウス」が2020年6月開業が決定!

過去記事はこちら!