護衛艦かが 2017年7月15日に金沢港に寄港へ!

2017年7月17日金沢市ニュース, エリアニュース

護衛艦かが が今週末(2017年7月15日)に金沢港へ寄港します!

”かが”の名前は、現在の石川県加賀地方の旧国名、加賀国からきており、護衛艦かがの初となる”お国帰り”となります。

184_01l

(出典:海上自衛隊のホームページ (http://www.mod.go.jp/msdf/formal/gallery/ships/dd/izumo/183.html))

 

 

護衛艦かがの一般公開の様子はこちら!

【2017年7月16日更新】
護衛艦かが 金沢港に寄港!一般公開 現地レポート 【前編】

【2017年7月17日更新】
護衛艦かが 金沢港に寄港!一般公開 現地レポート 【後編】

 

 

護衛艦かがについて

まずは、護衛艦かがについていろいろとみていきます。

概要

基準排水量:19,500トン
全長:248.0m
全幅:38.0m
起工:2013年10月7日
竣工:2016年8月5日
就役:2017年3月22日
建造費用:1,155億円

護衛艦かがは、いずも型護衛艦の2番艦として就役しました。

全長、全幅は護衛艦いずもと同じで、海上自衛隊最大の艦艇となっています。

哨戒ヘリなど9機を同時運用できる巨大な甲板を持っています。

 

護衛艦かがは、戦前に建造された、空母加賀に次いで2代目となります。

空母加賀についての詳細は割愛しますが、全長は護衛艦かがとほとんど同じで、寄港時には当時の空母艦のスケールがよくわかりそうです。

 

 

石川県に所縁のある艦艇

海上自衛隊が名付ける船の名前は用途に応じて旧国名や山名などを用いて命名される訳ですが、加賀と名付けられた船が、加賀地方で建造されたわけでは無く、金沢港に配属されているわけでもありません。

こうしたことから、あくまで、所縁があるのは名称だけと感じてしまうかもしれません。ただ、海上安全を祈願し、艦艇の内部に設けられる艦内神社があるのですが、護衛艦かがの場合は、空母加賀の時代と同じく、川県白山市の白山比咩神社となっています。実際に、護衛艦かがの艦内には、白山比咩神社の分霊社があります。

1
(白山比咩神社 ©白山市観光連盟)

また、石川県ゆかりの品が献上されており、艦内には加賀友禅や九谷焼など伝統工芸品が飾られています。

さらに、ロゴマークも日本海の波しぶきと、加賀を吹き抜ける風を表し、金箔や加賀藩の梅家紋などをイメージしたデザインとなっています。

護衛艦「かが」ロゴマーク決定

こうしたことからも、石川県とゆかりのある艦艇であることが十分に分かりますね。

 

 

 

昭和5年以来の 金沢寄港

金沢港にかがが寄港するのは、空母加賀が昭和5年(1930年)に寄港して以来なので、87年ぶりになります!

昭和5年に寄港した際には空母加賀ほど大きな艦船を停泊できる岸壁はなかったので、金石港の沖合に停泊し、司令官などが白山比咩神社へ参拝しています。

その際に、加賀艦内神社社殿模型や加賀藩・前田家当主の前田利為侯爵から白山の油絵が献上されています。

今回はそれ以来の寄港となり、岸壁に接岸するのは護衛艦かがが初めてとなりますね。

 

 

港フェスタ金沢で寄港が実現!

今回、港フェスタ金沢2017にて、護衛艦かがの寄港が実現します!

 

日時

2017年7月15日(土) 10:00~16:00

※最終乗艦は15:30分まで

 

場所

金沢港 大浜ふ頭

ここで、注意したいのは、毎年の港フェスタは、50m道路に近い、無量寺埠頭で開催していますが、今年は無量寺埠頭の工事と、護衛艦かがの接岸を考慮して、大浜ふ頭での開催となります。

※大浜ふ頭はコマツ金沢工場に隣接する埠頭です。

 

アクセス

今年の港フェスタは、県外からも多くの方が訪れることが想定されるため、3か所から無料シャトルバスが運行臨時駐車場が開設されます。

シャトルバスが運行されるのは、

石川県庁⇔大浜ふ頭
金沢市ものづくり会館駐車場⇔石川県トラック協会会館駐車場⇔大浜ふ頭
コンフォモール内灘駐車場⇔大浜ふ頭

の3路線です。シャトルバスは9時30分頃から運行されます。

 

臨時駐車場は、上記のバス発着場に加えて、大浜ふ頭にも設けられます。大浜ふ頭の駐車場は9:30から開く予定となっていますが、すぐに埋まってしまう可能性があるので、シャトルバスが運行される駐車場に止めるのが無難なのかもしれません。

もしも、公共交通機関で訪れる場合は、金沢駅からだと、金沢駅西口⇔石川県庁のバス(片道240円)に乗車した後、石川県庁駐車場からの無料シャトルバスに乗車するのがおすすめですね。

 

文章で伝えていてもあれなので、詳しくはこちらのURLをどうぞ。
http://www.k-port.jp/images/minato-festa2017.pdf

 

 

おわりに

20170107_0114
(写真は金沢港戸水埠頭)

”かが”の名の付く艦船が寄港するのは87年ぶりとなります。

石川県ゆかりの艦船としてその大きさと、威容を一度見ておきたいですね。

 

護衛艦かがの一般公開の様子はこちら!

【2017年7月16日更新】
護衛艦かが 金沢港に寄港!一般公開 現地レポート 【前編】

【2017年7月17日更新】
護衛艦かが 金沢港に寄港!一般公開 現地レポート 【後編】