野々市市に北陸最大級の無印良品が2019年4月20日(土)開業へ!

2019年4月21日新規出店情報

石川県野々市市に北陸最大級の無印良品「無印良品 野々市明倫通り」が2019年4月20日(土)に開業します!

野々市に無印が出店!無印良品野々市明倫通りの2019年2月現在の様子や、商品展開などを書いていきます。

 

開店初日レポートはこちらから!

 

店舗概要

店舗名 無印良品 野々市明倫通り
所在地 〒921-8844 石川県野々市市堀内4丁目95
敷地面積 約24,132.70m2(7,300坪)
売場面積 約2,000m2(約600坪)
駐車場台数 403台
オープン予定日 2019年4月20日(土)

無印良品 野々市明倫通りは無印良品としては初のロードサイド型店舗となります。

石川県においては昔に金沢市中心部のタテマチストリートやめいてつエムザなどに出店していました。また現在は、アピタタウン金沢ベイ内や金沢フォーラス内など商業施設の中の1店舗として出店しています。こうした、ショッピングセンター内や都市型の店舗ではなく郊外のロードサイド店としての出店は今までありませんでした。

 

 

売場面積は北陸最大級の無印良品に!

無印良品野々市明倫通り店の売場面積は600坪となり北陸最大級の無印良品となります。

以下は、北陸地方の主な無印良品の売場面積です。

名称 売り場面積
無印良品 野々市明倫通り 600坪
無印良品 アピタタウン金沢ベイ 306坪
無印良品 金沢フォーラス 135坪
無印良品 イオンモール高岡(富山県) 186坪
無印良品 イオンモールとなみ(富山県) 165坪

アピタタウン金沢ベイの無印良品は300坪以上あり、他サイトで超大型店舗として紹介されていましたが、その2倍の面積となることで、かなり大きいことが分かります。

全国の無印良品のなかでも指折りの規模となるのではないでしょうか。

 

 

展開する主なサービス

無印良品 野々市明倫通りで展開する主なサービスは以下の通りです。

  • Open MUJI
  • MUJI BOOKS
  • 香り工房
  • 木育広場

イベントスペースの「Open MUJI」では「食」「子育て世代」「地域活性化」をテーマにイベントやワークショップを定期的に開催するそうで、コミュニケーションの場としても機能しそうですね。

 

 

場所は

場所は国道157号線沿い、アルビス明倫通り店の敷地内、元々は駐車場として利用されていた場所に開業します。

国道8号線からだと三日市交差点を曲がり、横川交差点方面に向かう途中に右手に見えてくるはずです。

 

 

現在の様子

最後に当サイトらしく(笑)建設中の様子を見ていきたいと思います。

アルビス明倫通り店の隣接地に店舗外観が見えていました。

 

 

外観は簡素なものでなく、木のぬくもりを感じるものとなっています。

 

 

正面から見た様子です。店舗が大きい!

 

 

店舗は北陸地方の木材をふんだんに使用しており、店舗入り口には地元石川県産の杉材を使用しているとのこと。

 

 

今にも木の良い香りが漂ってきそうですね。

まだ内装は工事中でした。

 

 

国道157号線方面を望む。

 

 

店舗入り口の様子です。

ロードサイド店とは思えない、こだわり抜かれたエントランスとなりそう。

 

 

上部には店舗のサインが取り付けられるスペースがありました。

 

 

国道157号線沿いにはガラス面が大きくとられた空間がありました。

この辺りは何になるのでしょうね??

 

 

奥行きもあり、かなり大きいです(2回目)。

開業が楽しみになってきます!

 

 

ちょうど店舗隣には稲荷バス停もあり、公共交通機関を使ってもアクセスよさそうです。

 

 

無印良品野々市明倫通りとアルビス野々市明倫通り店を撮影

 

 

半分おまけですが・・・

アルビス野々市明倫通り店は食品スーパーをメインとしていますが、アルビスの中では大型店で他の店舗とは違う試みも多くされており、面白いです。

また、百貨店の大和のサテライト店が入居しており、無印良品とともに質のいい商品の買い回りも期待できそうです。

 

 

開業は2019年4月20日(土)となっています!

 

開店初日レポはこちらから!