プロジェクトNEWS

小松駅前に「変なホテル」が2020年12月開業へ!

北陸新幹線敦賀延伸に向けた工事が進む、石川県小松市の小松駅東口にH.I.S.ホテルホールディングスの「変なホテル」が進出することが明らかになりました!

木造で地上3階建てとなり、客室数は109室を予定。2020年12月開業を目指します。

どのようなホテルになるのか見ていきます。

 

完成イメージ図

変なホテルの完成イメージ図はこちらです。

建物高さはそれほどないものの、落ち着いた外観で、景観に配慮されているのが分かります。

 

概要

名称 変なホテル石川 小松駅前(仮称)
所在地 石川県小松市日の出町1丁目
敷地面積 約1,500㎡
延床面積 約3,000㎡
構造 木造地上3階
客室数 108室(予定)
開業予定 2020年12月開業

木造3階建てというのは非常に興味深いですね。通常のホテルは鉄筋コンクリート(RC造)か鉄骨(S造)がほとんどです。木造3階建てビルは少なくとも石川県内ではめったに見られないですね。

変なホテルではCLT工法で建設された事例が過去にもあるので、同様にCLT工法で建設される「木造ビル」になる可能性がありますね。

http://clta.jp/cases/4334/

 

 

変なホテルとは?

「変なホテル」はテレビ等で見た人もいるかもしれませんが、

”史上初、ロボットが接客するホテル”としてギネスブックに登録されたホテルです。

例えば、

  • フロントは恐竜ロボットやヒューマロイド
  • クロークはロボット
  • ポーターまでロボット
  • 部屋には自動クリーニング機(銀座など)

など、ロボットに特化された次世代型ホテルです。

https://www.hennnahotel.com/

 

 

場所は?

場所は小松駅東口のこまつの杜とポレスターマンションに挟まれた場所です。

 

現在はこのような感じになっています。

2002年の小松駅高架化とともに整備された広場になっていますが、これといった催しがあるわけでもなく、未利用地となっていました。

 

隣接地には小松駅やこまつの杜などがあり、工業都市らしい景観が広がっています。

 

 

また、コマツ小松工場跡地の一部に科学交流館「サイエンスヒルズこまつ」があり、”ロボットホテル”の進出は、ものづくりの街としてはふさわしい感じもします。

1階はレストランが併設される予定で、サイエンスヒルズこまつのエントランスプロムナード沿いになるので相乗効果も期待できそうです。

工業都市という側面がある一方、2023年には北陸新幹線敦賀延伸が予定され、小松空港からのアクセスも近いので、ビジネス利用の他、外国人を中心とする観光需要も開拓されるのか注目です。

 

北陸1号店として金沢市香林坊への進出が決まっています。

H.I.S.ホテルが金沢・香林坊に進出!”変なホテル”が進出か 2018.7 金沢市香林坊にて解体が進む、仙石町パーキングと歯科医院ですが、跡地はH.I.S.の子会社であるH.I.S.ホテルホールディングス株式会...
まちゲーション取材リスト

クリックすると該当ページへ移動します

建設中リスト
竣工リスト
特集記事