(仮称)三井アウトレットパーク北陸小矢部 建設工事 2014.9.29

2017年1月15日建設中・開発中, 富山県

P9292376

(仮称)三井アウトレットパーク北陸小矢部は、小矢部市内に建設中の北陸初となるアウトレットモールです。2014年7月に着工して建設工事が進んでいます。

 

概要

敷地面積 約130000㎡
延べ床面積 約45000㎡
店舗面積 約26000㎡
店舗数 約160店舗(想定)
駐車台数 2800台
開業 2015年 夏(予定)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

当施設は、風光明媚な富山県の立地特性を生かし、「重なり、連動する」を建築コンセプトに、富山県の自然や伝統と最先端のショッピング環境が両立した空間を提供します。また、敷地内に高さ約50mの観覧車の誘致や、お子さま向けの遊具を設置した屋外広場の整備を計画しており、ショッピング以外の楽しみも充実します。

 北陸エリアでは、2015年春に北陸新幹線の開通が予定され、今後国内のみならずアジアを中心とした海外からの観光客の増加も期待されています。当施設では、プレイヤールーム(礼拝室)や無料Wi-Fiスポットの設置、館内サインやパンフレットの多言語対応といったハード面の他、北陸エリアの豊富な観光施設との連携やマレーシア・台湾で当社が開発を推進しているアウトレットモールとの相互送客など、ソフト面でも対応します。

 店舗は、国内外の著名ブランドをはじめとした、レディス・メンズファッション、キッズ、スポーツ&アウトドア、アクセサリー、ファッション雑貨などに加え、地元飲食店や地産地消の要素を取り入れた店舗の誘致を予定しています。

WindowsLiveWriter_2014_9_29_1294C_20140704_01_2 WindowsLiveWriter_2014_9_29_1294C_20140704_02_2

(三井不動産 北陸エリア初の本格的アウトレットモール「(仮称)三井アウトレットパーク 北陸小矢部」本日(7/4)着工 約160店舗で2015年夏開業予定) より引用

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

 

 

P9292372

道の駅「メルヘンの街おやべ」の近くに大型のクローラークレーン2台が見えたので、まさかと思ったら、広大な敷地で早速、(仮称)三井アウトレットパーク北陸小矢部の建設工事が始まっていました!(撮影が早朝だったため日光の反射であまりいい写真がないですがご了承ください)

 

 

 

P9292373

現在は基礎工事がおこなわれています。

一部では足場も組まれているように見えたので、ごく一部の工事が早いところではそろそろ鉄筋・鉄骨が上へ伸びてくるのではないでしょうか。

 

 

 

P9292374

敷地が大きいあまり、どのあたりを撮ったか忘れましたが、敷地北西側から撮影したものです。

 

 

 

P9292375

 

こちらは、敷地北西側から南側へ撮影した写真です。

写真では分かりにくいですが、標識や電柱が見える道路は国道8号線です。

1ケタ国道の沿道にアウトレットモールが位置するものの大きなネックがあります。

国道8号線はバイパス区間が続くものの、津幡-小矢部間が片側1車線区間なので、開業後は想像以上の混雑になると予想されます。交通がパンクしてもおかしくない気が・・・早く拡幅してほしいところですね。

石動駅から2km、能越道福岡インターから3kmと好立地に間違いないのですけどね。

写真にもちらっと写っていますが、奥でも農地の埋め立て工事をしています。おそらく駐車スペースだと思われます。

↑関係のない話ですが写真右上にメルヘン建築のシルエットが写っているのが小矢部らしいですね。

 

 

 

P9292376

最後に、(仮称)三井アウトレットパーク北陸小矢部の建設現場遠景です。

(朝日がまぶしい写真になってしまいました)

まだアウトレットの形が見えていないものの、敷地面積と店舗数から考えてもかなり広大な印象を受けました。新幹線駅がない、小矢部市民や小矢部の商業関係者にとっては期待度は 新幹線<アウトレットモール なのかもしれませんね。

アウトレットモールは商業における北陸の新時代の幕開けとなりそうです。

 

関連記事

日本海側初のアウトレットモール計画 生き残れるか金沢市中心部!①日本海側初のアウトレットモール計画 生き残れるか金沢市中心部!②