【大特集】金沢の開発・再開発 2019

2019年2月24日金沢の再開発

明けましておめでとうございます!!

2019年も金沢まちゲーションをよろしくお願いいたします。

おかげさまで2014年8月より、金沢まちゲーションとして本格的に活動を始めてから5周年を迎えます

昨年の金沢市内はホテル建設ラッシュでしたが、今年は建設ラッシュに加え、開業ラッシュとなりそうです!

年に1回特集しているブログ内名物(?)の金沢の開発・再開発のダイジェスト版です!

表のサイズを作り間違えてしまいました…(公開後気付きました)後日修正予定です
→2019年1月2日修正しました

 

2018年内までに発表された、当ブログで取り上げる、計画・建設中の再開発・建て替え・リニューアル建築物を紹介します!

今回紹介する41案件のうち18案件が2018年に発表されたものになっています!

金沢駅西

point_thumb1_thumb JR社宅跡地再開発

イメージ図
名称 JR社宅跡地再開発
用途 未定
竣工時期 未定(2019年以降?)
構造
備考 JR西日本が所有するJR西日本広岡社宅跡地を再開発するものです。敷地面積は約20,000㎡。

JR金沢駅西第一NKビル、JR金沢駅西第二NKビル(スコール金沢)の後背地です。残りのエリアについては新たに市道が敷設されることとなっています。

開発計画については日本銀行金沢支店が移転することが明らかとなっています。

現在の様子 現在の様子はこちら

 

 

point_thumb3_thumb西日本JRバス金沢営業所再開発

イメージ図
名称 西日本JRバス金沢営業所再開発
用途 未定
竣工時期 未定(2019年以降?)
構造
備考 現在、金沢市高柳にてバス営業所を移転工事が行われており、2019年度に移転予定です。 これにより、開発は移転後の2019年度以降になるのではないかと思われます。

ホテルやオフィス、立体駐車場などが建設されるという見方もありますが、詳細はまだ未定です。

現在の様子 現在の様子はこちら

 

 

 

point_thumb3_thumb日本銀行金沢支店移転計画

イメージ図
(現在の日銀金沢支店)
名称 日本銀行金沢支店移転計画
用途 銀行・業務施設
竣工時期 2023年ごろ
構造 不明
備考 日本銀行金沢支店が金沢駅西のJR社宅跡地への移転を計画しており、「5年後をめど(2018年5月発表)」に移転完了を目指しています。

2019年度にJR西日本から用地取得を行う予定で、現時点では社宅跡地のどこにどんな建物が建つのかなど未定です。

現在の様子 現在の様子はこちら
関連リンク 金沢支店の移転・改築についてー日本銀行

 

 

 

point_thumb6_thumb レーベン金沢 MID WEST TOWER

イメージ図
(タカラレーベン)
名称 レーベン金沢 MID WEST TOWER
用途 マンション
竣工時期 2019年8月下旬
構造 地上17階
戸数 80戸
備考 タカラレーベンが金沢駅西口に計画中のマンションです。駅西最高層となる地上17階となります。
現在の様子 現在の様子はこちら

 

 

 

point_thumb5_thumb 森トラストによる国際基準のホテル計画new019_02

イメージ図
名称 森トラストによる国際基準のホテル計画
用途 ホテル
竣工時期 未定
構造 不明
備考 森トラストが広岡のNHK金沢放送局横の敷地約4,000㎡で「国際基準のホテル」の開業を目指して用地を取得しました。

森トラストはウエスティン、マリオットなどの外資系ホテルのブランドを展開しており、今後の計画に注目されます。

現在の様子 現在の様子はこちら
関連リンク 北陸新幹線「金沢駅」西・けやき大通りに面する金沢市広岡三丁目の土地取得について国際基準のホテル開業を目指す-森トラスト

 

 

 

point_thumb5_thumb JR金沢駅西第3NKビルnew019_02

イメージ図
名称 JR金沢駅西第3NKビル
用途 オフィス
竣工時期 2019年度
構造 地上8階
備考 JR西日本不動産開発が朱鷺の苑跡地でオフィスビルを計画中です。

金沢では5年ぶりのオフィスビルの新規供給となります。

現在の様子 現在の様子はこちら

 

 

 

point_thumb3_thumbダイワロイヤルホテル D-PREMIUM金沢new019_02

イメージ図
名称 ダイワロイヤルホテル D-PREMIUM金沢
用途 ホテル
竣工時期 2019年秋(開業予定)
構造 地上12階
客室数 177室
備考 トヨタカローラ駅西店跡地で大和リゾートによる新ブランドのホテルが建設中です。5か国語に対応した外国人観光客をターゲットにしたミドルエンドホテルとなる予定。
現在の様子 現在の様子はこちら

 

 

 

point_thumb6_thumbハイアットセントリック/ハイアットハウス/ザ・レジデンス金沢を中心としたツインタワー(仮称)

イメージ図
名称 ハイアットセントリック/ハイアットハウス/ザ・レジデンス金沢を中心としたツインタワー(仮称)
用途 ホテル、分譲マンション、商業施設、駐車場
竣工時期 2020年6月(開業予定)
構造 地上15階(ホテル棟)/地上14階(レジデンス棟)
戸数 ハイアットセントリック(250室),ハイアットハウス(90室),ザ・レジデンス金沢(120戸)
備考 金沢市が誘致する、インターナショナルブランドホテルについて、開発事業者はオリックス、アメリカ大手ホテルチェーンの「ハイアット」によるブティックホテル「ハイアットセントリック」と中・長期滞在者向けのホテル「ハイアットハウス」、大京による最高価格2億円の高級分譲レジデンス「ザ・レジデンス金沢」が進出することが決定しました。

ハイアットによるデュアルブランドホテルは日本国内初となります。

他にも商業施設、屋上庭園が整備される予定です。

現在の様子 現在の様子はこちら

 

 

 

point_thumb6_thumb金沢駅西広場歩行環境整備事業 new019_02

イメージ図
名称 金沢駅西広場歩行環境整備事業
用途 広場
竣工時期 2019年3月(第1期)2020年3月(第2期)
備考 インターナショナルブランドホテル事業(ハイアットセントリック/ハイアットハウス)の建設と同時に、一部市道を廃止し、歩道化したうえで、歩行環境の整備を行うとともに、乗降場の利便性を高める工事となってます。
現在の様子 現在の様子はこちら

 

 

 

point_thumb6_thumb 和ハウスによる立体駐車場new019_02

イメージ図
名称 和ハウスによる立体駐車場
用途 駐車場
竣工時期 2019年2月
構造 地上5階
駐車台数 126台
備考 タイムズカーレンタル金沢駅店の敷地で立体駐車場の建設が行われています。

立体駐車場の他、タイムズカーレンタルの営業所とテナントが1階に入居予定。

現在の様子 現在の様子はこちら

 

 

 

point_thumb6_thumbダイワロイヤルによるホテル計画(仮称)new019_02

イメージ図
(写真右奥が建設予定地)
名称 ダイワロイヤルによるホテル計画(仮称)
用途 ホテル
竣工時期 2020年7月
構造 地上13階
客室数 不明
備考 上記で書いた大和ハウスによる立体駐車場向かいでホテルの建設計画が浮上しました。ダイワロイヤル株式会社がホテルを建設します。

同じ駅西で建設中のD-PREMIUMとはまた別ブランドとなるのでしょうか…?

現在の様子

 

 

 

金沢駅東口

point_thumb12_thumb2 金沢都ホテル再開発

イメージ図
名称 金沢都ホテル再開発
用途 ホテル、オフィス、商業施設
竣工時期 未定
構造 不明
客室数 不明
備考 近鉄不動産が金沢都ホテルを建て替え、ホテル、オフィス、商業施設を軸にしたビルを新たに建設するプロジェクトとなっています。

当初は2020年ごろ開業予定でした。しかし、数年間は駐車場等の暫定利用となることが明らかとなったため、開業時期については全くの未定です。

現在の様子 現在の様子はこちら

 

 

 

point_thumb12_thumb2 ユニゾインエクスプレス金沢駅前

イメージ図
名称 ユニゾインエクスプレス金沢駅前
用途 ホテル
竣工時期 2019年4月10日(開業)
構造 地上12階地下1階
客室数 392室
備考 ユニゾHDが金沢駅北にホテルを建設します。

同社が上堤町で建設した「ユニゾイン」よりもリーズナブルなものになります。

現在の様子 現在の様子はこちら

 

 

 

point_thumb12_thumb2 プレミア金沢芳斉new019_02

イメージ図
名称 プレミア金沢芳斉
用途 マンション
竣工時期 2020年1月
構造 地上10階
戸数 未定
備考 アパが金石通り沿いでマンションを建設します。
現在の様子

 

 

 

武蔵ヶ辻・大手町

point_thumb14_thumb ホテルフォルツァ金沢

イメージ図
名称 ホテルフォルツァ金沢
用途 ホテル
竣工時期 2019年秋(開業予定)
構造 地上9階
客室数 200室
備考 和倉温泉などに旅館を運営する加賀屋グループが横安江町商店街入口の金融機関跡地でホテルを建設します。福岡地所の子会社であるエフジェイホテルズに運営を委託。
現在の様子 現在の様子はこちら
関連リンク 『ホテルフォルツァ金沢(仮称)』を2019年夏に開業いたします-エフジェイホテルズ

 

 

 

point_thumb14_thumb金沢駅武蔵南地区市街地再開発事業

イメージ図
名称 金沢駅武蔵南地区市街地再開発事業
用途 マンション、商業施設、公園
竣工時期 2020年秋
構造 地上18階
戸数 138戸
備考 金沢市が協力のもと市街地再開発事業が進んでいます。

マンションと店舗が別棟で建設される予定。

メインとなるマンションは大京が分譲し、金沢市内最高高さとなる地上60mのマンションとなります。

現在の様子 現在の様子はこちら

 

 

 

point_thumb14_thumb 近江町市場複合施設(仮称)

イメージ図
名称 近江町市場複合施設(仮称)
用途 商業施設、駐車場
竣工時期 2020年3月
構造 地上5階
備考 近江町名店街と立体駐車場を周辺ビルとともに再開発し、立体駐車場のほか、試食コーナー、料理実演などもできるスペースを設けた交流拠点施設になる予定です。
現在の様子 現在の様子はこちら

 

 

 

上堤町・下堤町・南町・尾山町

point_thumb17_thumb 御宿 野乃金沢

イメージ図
名称 御宿 野乃金沢
用途 ホテル
竣工時期 2019年10月(予定)
構造 地上13階
客室数 307室
備考 北國銀行本店跡地に、ドーミーインなどを展開する共立メンテナンスの和風ホテル「御宿 野乃」が進出します。
現在の様子 現在の様子はこちら

 

 

 

point_thumb17_thumb 東京建物不動産販売による新ホテル(仮称) 

イメージ図
名称 東京建物不動産販売による新ホテル(仮称)
用途 ホテル
竣工時期 2019年11月(予定)
構造 地上9階
客室数 不明
備考 元々オフィスビルとして建設され、ブランドオフのオークション会場としても利用されていた建物を改修、コンバージョンしたホテルとなります。
現在の様子

 

 

 

point_thumb17_thumb 三井ガーデンホテル金沢

イメージ図
名称 三井ガーデンホテル金沢
用途 ホテル
竣工時期 2019年1月11日開業
構造 地上13階地下1階
客室数 170室
備考 三井ガーデンホテルが金沢に進出します。
現在の様子 現在の様子はこちら

 

 

 

point_thumb17_thumb ホテル インターゲート金沢

イメージ図
名称 ホテルインターゲート金沢
用途 ホテル
竣工時期 2019年3月16日開業
構造 地上12階
客室数 164室
備考 サンケイビルが地上12階建て164室のホテルを建設し、 グランビスタが運営します。新ブランド「インターゲート」となります。
現在の様子 現在の様子はこちら

 

 

 

point_thumb17_thumb 明治安田生命金沢ビル建て替え  

イメージ図
名称 明治安田生命金沢ビル建て替え
用途 不明
竣工時期 不明(2020年以降?)
構造 未定
備考 1971年(昭和46年)9月に竣工し、両休暇が進んでいる明治安田生命金沢ビルの建て替え計画が浮上しました。

2019年夏ごろまでに入居しているテナントの退去を予定しており、建て替え後は再びオフィスビルとなるのかは不明です。

現在の様子 現在の様子はこちら

 

 

 

point_thumb17_thumb 東急ステイ金沢  

イメージ図
名称 東急ステイ金沢
用途 ホテル
竣工時期 2019年度冬(開業予定)
構造 地上13階
客室数 167室
備考 南町の防火ビル(3棟)とコインパーキング跡地に中期滞在型ホテルの東急ステイが進出します。
現在の様子 現在の様子はこちら

 

 

 

香林坊・片町・竪町・広坂

point_thumb19_thumbファーストホテル広坂(仮称)

イメージ図
名称 ファーストホテル広坂
用途 ホテル
竣工時期 2019年(予定)
構造 地上6階
客室数 40室
備考 富士火災金沢ビル跡地にファーストホテル広坂が開業予定。賃貸マンションや飲食店を展開するファーストモータースによる初のホテルとなります。
現在の様子 現在の様子はこちら

 

 

 

変なホテル金沢 

イメージ図
名称 変なホテル金沢
用途 ホテル
竣工時期 2019年秋(開業予定)
構造 地上12階
客室数 131室
備考 仙石町パーキング跡地に、H.I.S.ホテルホールディングスがロボットホテルの変なホテルを開業します。
現在の様子 現在の様子はこちら

 

 

 

ザイマックスによるホテル計画 

イメージ図
名称 ザイマックスによるホテル計画
用途 ホテル
竣工時期 未定
構造 未定
客室数 未定
備考 タテマチストリート沿いにあるフローリッシュビル(旧長崎屋)跡地と隣接ビルをザイマックスが取得し、ホテルを軸に再開発を検討することが明らかになりました。ホテルブランドや開業時期等は現時点で未定です。
現在の様子

 

 

 

プレサンスロジェ金沢(仮称) 

イメージ図
名称 プレサンスロジェ金沢(仮称)
用途 マンション
竣工時期 2020年春
構造 地上10階
戸数 73戸
備考 タテマチパティオパーキング跡地にプレサンスコーポレーションが分譲マンションを建設します。

プレサンスコーポレーションが北陸で分譲マンションを建設するのは初です。

現在の様子 現在の様子はこちら

 

 

 

うつのみや本店跡地計画 

イメージ図
名称 うつのみや本店跡地計画
用途 未定
竣工時期 未定
構造 不明
備考 香林坊東急スクエアに移転したうつのみや書店の本店跡地で関電不動産開発による建設計画があります。

2019年4月下旬までに既存の建物は解体されます。

現在の様子 現在の様子はこちら

 

 

 

金沢市第二本庁舎

イメージ図
名称 金沢市第二本庁舎
用途 オフィス、業務施設
竣工時期 2020年春
構造 地上3階地下1階
備考 金沢市は現在の金沢市役所本庁舎が手狭になったことから、第2本庁舎の建設工事を進めています。
現在の様子 現在の様子はこちら

 

 

 

アゴーラ金沢

イメージ図
名称 アゴーラ金沢
用途 ホテル
竣工時期 2019年8月
構造 地上12階
客室数 200室
備考 大和ハウスが、大和グリーンパーキング跡地に地上12階建てのホテルを建設します。運営はアゴーラホスピタリティーズとなり、同社としては初の新築物件となります。
現在の様子 現在の様子はこちら

 

 

 

Tマークシティホテル金沢片町 

イメージ図
名称 Tマークシティホテル金沢片町
用途 ホテル
竣工時期 2020年夏
構造 地上11階地下1階
客室数 不明
備考 百万石通り沿いで長年駐車場となっていた場所にホテルが建設されます。

ポレスターマンションなどを展開するマリモが建設し、ハナツアーの子会社が運営予定です。

現在の様子 現在の様子はこちら

 

 

 

ホテルトレンド金沢片町 

イメージ図
名称 ホテルトレンド金沢片町
用途 ホテル
竣工時期 2019年夏
構造 地上7階
客室数 60室
備考 ビジネスホテル「トレンド」を展開するハルクニックによるホテルです。
現在の様子 現在の様子はこちら

 

 

 

片町のアパによる新ホテル計画(仮称) 

イメージ図
名称 片町のアパによる新ホテル計画(仮称)
用途 ホテル
竣工時期 2020年
構造 未定
客室数 未定
備考 パチンコタイガー片町店跡地にアパによる新ホテルが計画中です。

ブランドや規模などは現時点では未定です。

現在の様子

 

 

 

金沢城

point_thumb24_thumb 鼠多門 鼠多門橋 整備事業

イメージ図
名称 鼠多門 鼠多門橋 整備事業
用途 城門
竣工時期 2020年7月まで
構造 地上2階地下1階
備考 金沢城玉泉院丸と金谷出丸(現在の尾山神社の敷地)を行き来するための鼠多門と鼠多門橋を復元すると発表されました。尾山神社と金沢城の間を通るお堀通りの上に木製風の橋が架橋される予定です。

当初は2020年12月竣工だったものを半年前倒しし、2020年7月の東京オリンピック・パラリンピックまでに供用される予定です。

現在の様子 現在の様子はこちら

 

 

 

point_thumb24_thumb 金沢中央ビル跡地緑地整備

イメージ図
名称 金沢中央ビル跡地緑地整備
用途 公園
竣工時期 2021年まで
備考 金沢中央ビル跡を石垣が眺望できる公園として整備するものです。
現在の様子 現在の様子はこちら

 

 

 

 

本多の森周辺

point_thumb24_thumb 東京国立近代美術館工芸館

イメージ図
名称 東京国立近代美術館工芸館
用途 美術館
竣工時期 2020年
構造 地上2階地下1階
備考 東京国立近代美術館工芸館が東京から移転するのに伴い、金沢の明治時代の陸軍建築2棟を移転し、外観を保存・完全復元したうえで接続させ、内部は美術館仕様とするものです。

2019年に金沢での愛称が発表される予定。

2020年7月の東京オリンピック・パラリンピックまでに開館予定です。

現在の様子 現在の様子はこちら

 

 

 

兼六駐車場建て替え計画 

イメージ図
名称 兼六駐車場建て替え計画
用途 駐車場
竣工時期 2020年春(第1期工事)
構造 地上5階
駐車台数 520台
備考 老朽化が進んでいる兼六駐車場の建て替え計画です。2期にわたって工事が行われる予定で、第1期工事は2020年春完成予定となってます。
現在の様子 現在の様子はこちら

 

 

 

その他 金沢市中心部

point_thumb24_thumb 谷口吉郎・吉生金沢建築館

イメージ図
名称 谷口吉郎・吉生金沢建築館
用途 博物館
竣工時期 2019年夏
構造 地上2階地下1階
備考 建築家の谷口吉郎氏の生家跡地に建築博物館が建設中です。設計は吉郎氏の息子にあたる、谷口吉生氏の設計です。
現在の様子 現在の様子はこちら

 

 

 

point_thumb24_thumb 新 石川県立図書館

イメージ図
名称 石川県立図書館
用途 図書館
竣工時期 2022年度
構造 地上3階地下1階
備考 金沢大学工学部跡地に建設予定の図書館です。2017年に設計候補者として環境デザイン研究所が選出されました。内部のデザインは、中央の開放的な吹き抜けの周りを書架が取り囲む、円形劇場のような大閲覧空間となります。
現在の様子 現在の様子はこちら

 

 

 

point_thumb24_thumb 金沢美術工芸大学移転構想

イメージ図
名称 金沢美術工芸大学移転構想
用途 大学
竣工時期 2023年度
構造 未定
備考 金沢美術工芸大学は金沢大学工学部跡地に移転予定です。キャンパスのほか、付属美術館などが整備予定です。公募型プロポーザルが行われ、SALHAUS(サルハウス)・カワグチテイ建築計画設計共同企業体が選定されました!
現在の様子 現在の様子はこちら

 

 

 

point_thumb24_thumb 金沢港クルーズターミナル

イメージ図
名称 金沢港クルーズターミナル
用途 港湾施設
竣工時期 2019年度
構造 地上3階
備考 金沢港に寄港するクルーズ船の増加や、金沢みなと会館の老朽化に伴い、新たなクルーズターミナルの建設工事が行われています。
現在の様子 現在の様子はこちら

 

今年も新たな開発が目白押しです!
この他にも建設・再整備計画は沢山あります。

現在どこまで工事が進んでいるのかなど、
詳しくは「建設中リスト」をご覧ください。

 

 

 

「勝手に大胆に2018年を予想」の結果!

◆地価

こちらは2017年3月の公示地価と比較して・・・

・金沢駅西口は最高で10%
→金沢駅西口の広岡1丁目の地価は1㎡あたり600,000円と11.1%の上昇となり、予想通り・やや予想以上となりました。この地点は5年間で地価が2倍になり急上昇していることが分かります。

・金沢駅東口は10%
→金沢駅東口の本町2丁目の地価は1㎡あたり955,000円と8.5%の上昇となり、予想より少し低かったです。ただ、9月の都道府県地価調査では1㎡あたり100万円となり、100万円の大台に乗りました。

・香林坊は7%
→香林坊の地価は1㎡あたり755,000円と6.3%の上昇となり、予想通り・やや予想より低かったです。まだまだ右肩上がりで上昇していますね。

・武蔵ヶ辻は7%
→武蔵ヶ辻の地価は1㎡あたり650,000円と5.7%の上昇となり、やや予想より低かったです。一方で付近の大手町の地価は10%超えの上昇となりました。

・片町は7%
→片町の地価は1㎡あたり610,000円と5.2%の上昇となり、やや予想より低かったです。こちらは2018年になってからホテル計画が相次いで浮上しているエリアとなっています。

・ひがし茶屋街がある東山は15%の上昇
→ひがし茶屋街のある東山の地価(9月発表の基準地価)は375,000円と15.4%の上昇となり、ほぼ正解でした。1㎡あたり37万円は長野駅前の地価に相当します。

上昇はするものの、全体的に伸び率は鈍化する⁉
→予想通り、伸び率は全体的に鈍化しました。しかしながら金額ベースでは前年並みまたは上昇している地点もあり、上昇基調には変わりありませんね。

 

◆再開発・開発

・2018年も引き続きホテル計画が続々と⁉新たに計画が発表されるホテル計画は3件以上?
→2018年もホテル計画が続々と浮上したことについては当たりました。ただ、新たに計画が発表(土地取得含む)された大型ホテル計画は3件どころか10件となり、簡易宿所も含めるとさらに多いと思われます。これについては予想以上ですね。

・ホテルが開業ラッシュで一部(平日など)では価格競争が激化?
→価格競争が今までに比べると激しくなっているのかも?しれませんがそういった問題がマスコミ等で取り上げられることはありませんでした。2019年がホテル開業数では最も多い1年となるので留意する必要はあります。

・金沢アリーナ構想が具体化?JR社宅跡地が候補?
→金沢アリーナ構想については採算性などを見たうえで検討していることには変わりありません。候補地などの具体的明言はありませんでした。

・ザ・パークハウス金沢城公園やザ・レーベン金沢城大手門に続く高級分譲マンション建設計画が発表?
→金沢駅西口においてザ・レジデンス金沢の分譲が始まり、最上階はバブル期以来最高値となる約2億円で分譲されました。建設計画ではないかもしれませんが、高級分譲マンションの分譲はあったので概ね予想は正解ですね。

・NHK金沢放送局跡地の活用が発表?マンション?
→2018年内には活用についての具体的な話はありませんでした。まだ解体工事も行われておらず、2019年に持ち越しですね。予想は外れました。

・イオンモール白山(仮称)計画が始動!?
→こちらも予想は外れました。代わりに(?)高岡市においてイオンモール高岡の増床が発表されました。イオンモールの方針では建設費高騰により新規モールの建設は見送り、増床に重きを置く計画なので、しばらくは計画が進まない可能性があります。

 

結果からすると、予想はあっていたり外していたり五分五分といったところでしょうかw

 

 

 

勝手に2019年を予想!

◆地価

こちらは2018年3月の公示地価と比較して・・・

・金沢駅西口は最高で10%

・金沢駅東口は7%,公示地価においても1㎡あたり100万円の大台へ

・香林坊は5%

・武蔵ヶ辻は5%

・片町は5%

・ひがし茶屋街がある東山は10%の上昇

上昇基調に変化なし、金額ベースの伸びで前年と同じ程度?

 

 

◆再開発・開発

・ホテル新規計画は落ち着きを見せる?2018年に発表されたホテルの建設が始まり、各地でタワークレーンが建つ⁉

・片町きららと香林坊東急スクエア間の再開発計画の具体化が進む⁉

・日本銀行が移転用地としてスコール金沢裏側の土地を取得⁉

・ハイアットセントリック金沢などが入るツインタワー内に入る商業施設が判明⁉

・NTT彦三ビル,日本郵政金沢ビル,NHK金沢放送局跡地の活用策がそれぞれ発表⁉

・金沢美大の移転後の完成イメージ図が公開⁉

・移転する東京国立近代美術館工芸館の愛称は金沢を冠したものに⁉

 

今年も良い年になったらいいですね\(^o^)/