北陸新幹線開業効果!GWで賑わった金沢市中心部!

2017年1月12日金沢市ニュース, エリアニュース

2015050409031

北陸新幹線が開業して初のゴールデンウィークを迎えた金沢市中心部!

今まで見たことない賑わいぶりとなったところも多かったです。

まずは、数値で見るデータから!

 

◆GWの金沢の観光客数(4月29日~5月6日)

兼六園 118840人 (前年比160%)

金沢城公園 158700人 (前年比220%)

金沢21世紀美術館 104308人 (前年比150%)

近江町市場 約284000人 (前年比150%)

毎年、GWの人出が多いと思ってましたが、今年はそれ以上にたくさんの人出でした。

私が金沢を訪問した日は5月4日で、4月25日~5月6日の中で唯一雨が降った日で、参考になるかわかりませんが、金沢の賑わいをご覧ください・・・。

 

 

兼六園

2015050409037

兼六園から・・・

花見橋付近の様子です。ここから眺める観光客が沢山いました。

 

 

広坂交差点

2015050409098

広坂交差点の様子です。

こちらは、観桜期やGWになるとスクランブル交差点となります。

兼六園から21世紀美術館へと流れていく観光客が多かったです。

 

 

メロンパンアイスの大行列

2015050409107

広坂通りの様子です。

メロンパンアイスに長い行列ができていました。

※ちなみに、こちらが世界で2番目に美味しいメロンパンアイスの本店です。

広坂通りでは、北陸3県の特産品を扱うセレクトショップやギャラリーのモノトヒトなどにも多くの人がいました。そして、ターバンカレーにも長い行列ができていました。

 

 

竪町通りも賑わっていました

2015050409114

竪町の様子です。

5月2,3日はタテマチストリートでも、ラフォルジュルネ金沢が開催されていたそうです。

4日でも、昔ほどの賑わいはありませんがいつもより賑わっている印象でした。

 

 

香林坊も・・・

2015050409142

香林坊の様子です。

特に香林坊交差点の歩行者量が多いと感じました。

2015050409145

香林坊バス停の様子です。

こちらはいつもより少し多いかなといった程度でした。

金沢市中心部の交通量は少なかったものの、バスに乗ってもあまり進まないのが原因で、金沢駅から香林坊、兼六園までは歩いている観光客が多かった印象です。特に金沢駅~武蔵が辻の歩行者量は今まで見たことない量でした。

 

 

大混雑!金沢駅

2015050409151

金沢駅の様子です。

鼓門周辺はたくさんの人で賑わっていました!記念撮影をする方が多かったように思います。

 

 

 

2015050409152

この時間帯はラフォルジュルネ金沢で野外コンサートを開催していないにもかかわらず、これだけ人がいることに驚きました。

 

 

 

2015050409153

もてなしドームもご覧の賑わいです!

 

 

 

2015050409154

まちバスの停留所では案内カウンターが設けられていました。

16:00頃ということもあり、利用客は少なかったように思います。また、北鉄バスのフリー乗車券をお持ちの方は兼六園シャトルや市内路線バスを利用する方が多かったです。

 

 

 

2015050409156

金沢駅コンコースの様子です。

北陸新幹線開業以来のこの賑わいです!!

 

 

 

2015050409157

人波が押し寄せ、避けるのが精いっぱいです(汗)

 

 

 

2015050409158

やっぱり、金沢駅が開業前と雰囲気も人の多さも、最も変わったところですね。