金沢市

彦三町の洋館

20170219_0643

彦三町の洋館

金沢市彦三町にある洋館。昭和3年~9年ごろの建築とされています。

※個人宅であるため、玄関付近の建築(洋館)と関係ない部分はプライバシー保護の観点からモザイクとさせていただきました。

 

 

 

20170219_0642

非戦災都市である金沢市では今でも市内の至る所に洋館が残っています。しかし近年は老朽化等で取り壊されることが多く貴重な存在となってきています。

 

 

 

20170219_0644

こちらの洋館の外壁はモルタル塗りで、屋根瓦や玄関前の柱は赤系統で統一されています。

 

 

 

20170219_0645

切妻屋根で、妻壁は北欧などで見られるハーフティンバー風になっています。しかし、屋根は鬼瓦があり、日本の瓦葺きで和洋が融合しています。

 

 

 

20170219_0646

玄関周辺はモルタル塗りで、窓枠は白を基調としてオシャレです。

玄関前の柱は装飾があります。

 

 

 

20170219_0647

特に左半分が手つかずで残っています。

 

 

 

20170219_0648

屋根の部分です。

こちらも切妻屋根で、妻壁はハーフティンバー風です。

 

 

 

20170219_0649

最後に全景です。

写真手前は増築されたものと想定されます。

洋館としては保存状態も良く、今後も残ってほしいものです。

 

 

地図(周辺図)