金沢駅西広場歩行環境整備事業 広場の拡張工事 2019.4

金沢駅西口, 建設中・開発中

金沢駅西広場歩行環境整備事業は、インターナショナルブランドホテル事業(ハイアットセントリック/ハイアットハウス)の建設と同時に、一部市道を廃止し、歩道化したうえで、歩行環境の整備を行うとともに、乗降場の利便性を高める工事です。

 

 

概要


(金沢市より引用)

2020年に開業を目指し建設中のインターナショナルブランドホテル事業(ハイアットセントリック/ハイアットハウス)の建物に隣接するように整備が進められます。

いくつかのポイントを見ていきます。

 

水色の部分は、現在は市道となっている部分を廃止し、広場を拡張し、歩行者専用空間が拡大します。

これにより、車道を横断することなくハイアットセントリック/ハイアットハウスのツインタワーと行き来できるようになります。

2020年3月までに完成予定

 

オレンジ色の部分は金沢百番街Rintoの出入口に大屋根(キャノピー)が建設されます。

また、書き込んでいませんが一般車駐車場の周りにはシェルター(屋根付き通路)が整備されます。→2019年3月までに完成予定

これにより、雨にぬれずに金沢駅からハイアットセントリック/ハイアットハウスまで移動できるほか、キャノピーの下ではイベントやオープンカフェも想定され、賑わい空間となります。

2020年3月までに完成予定

 

黄色の部分は降車場が増設されます。現在の降車場は4台となっていますが、混雑している様子をよく見かけます。

降車場を現行の4台から8台に増設されることにより、混雑が現在より解消されそうです。

2020年3月までに完成予定

 

 

完成イメージ


(金沢市より引用)

完成イメージはこんな感じです!

タイルが敷かれ、雨に濡れないようシェルターが整備されます。

現在は市道の部分は広場となり、オープンカフェなども開催できるようになるみたいです。

 

 

現在の様子

敷地北側から見た様子です。

4月時点で「令和元年」に変更されていました。

 

 

仮囲いが金沢駅西口ビルまで続いています。

 

 

金沢駅西口ビル前より北方向を望む。

このアングルから見る分には、背後のハイアットの建設工事が進んでいること以外は大きな変化は見られませんでした。

 

 

土砂が山になっています。

 

 

引き続き、地下埋設物が置いてありました。

 

 

喫煙所より金沢駅方向を望む

 

 

シェルターより北方向を望む

 

 

シェルターの延伸に伴う基礎工事が行われていました。

 

 

基礎部分が確認できます。

 

 

最後に金沢駅西時計駐車場から見た様子です。

 

 

まずは優先してシェルターの建設工事が行われているようでした。

 

 

過去記事

金沢駅西広場歩行環境整備事業 広場の拡張工事 2019.2
金沢駅西広場歩行環境整備事業 広場の拡張工事 2019.1
金沢駅西広場歩行環境整備事業 広場の拡張工事 2018.12
金沢駅西広場が拡張へ!歩行者専用空間や降車場の増設など 平成30年度の着手を目指す

この記事以降の最新記事はこちら