鞍月ムーンゲート-金沢西部副都心の夜

金沢市, Photo

20170107_0547

 

今日は金沢西部副都心にあるモニュメント「鞍月ムーンゲート」とその周辺の夜景を載せます。

 

 

鞍月ムーンゲートとは?

鞍月ムーンゲートは、金沢市鞍月土地区画整理事業の完工記念として設置された高さ22mの大型モニュメントです。「鞍月」の月をイメージし、金沢西部副都心のシンボルとなるデザインで、2002年に設置されました。

特徴は50m道路を跨ぐように緑色のレーザー光が放たれているところです。

※設置までの様子はこちらに詳しく書いてありました。(http://www.kawada.co.jp/technology/gihou/pdf/vol23/23_ronbun_05.pdf

 

 

シンボリックなムーンゲート

20170107_0547

冒頭の写真では、大和ハウス金沢ビルと絡めてみました。

 

 

 

20170107_0548

レーザー光線が放たれています。

レーザー光は50m道路を走行中に見えず、写真でも非常に見えにくいです。このため、時間によっては空へ放たれるようになっています。

 

 

 

20170107_0549

 

 

 

金沢港方面を望む。

金沢駅西副都心のシンボルなだけにその大きさが伝わってきます。

 

 

20170107_0550

石川県内で最大幅員の道路「駅西50m道路」の片道3車線を走る車のテールランプとマッチし、副都心の近未来的な景観を演出しています。

 

 

 

20170107_0551

ついでに石川県庁舎も真正面から撮影しました。

休日かつ、庁舎閉館間際だったため灯かりはほとんどありません。

 

 

 

20170107_0554

建設中の石川県立中央病院のタワークレーンです。(2017年1月に撮影したものです)

 

 

20170107_0553

 

3基とも同じ方向を向いていました。(2017年1月に撮影したものです)

 

 

いかがでしたか?

金沢西部副都心の夜をほかのアングルからも撮影しようと思いましたが、休日であったため、灯かりがほとんどなかったため、また、機会があるときにします。