雪の金沢2018 金沢城の様子

Photo-金沢市, Photo

20180114_0003

引き続き、2018年1月13日に積もった時の金沢の雪景色を見ていきます。

今回は金沢城公園です。

 

 

 

20180114_0005

金沢城公園撮影時が最もいい天気でした。

まずは石川門から入っていきます。

 

 

 

20180114_0008

雪の金沢城と言えばこの景色ですね。

 

 

 

20180114_0189

観光客で賑わっていました

 

 

 

20180114_0190

石川橋からみたお堀通りの様子

 

 

 

20180114_0196

石垣にも雪が付着し、冬らしい風景に。

青空に白壁の金沢城石川門がとても似合いますね。

 

 

 

20180114_0200

金沢城の防御の一つにもなりそうな凶器と化したつららが

 

 

 

20180114_0198

先までとがってますね。

 

 

 

20180114_0202

三の丸広場と五十間長屋の風景。

こちらは芝生が広がるのですが一面50~60cmの積雪があり、だれも立ち入っていません。

 

 

 

20180114_0205

河北門を見てみると、早くも屋根から雪が落ちていました。

金沢城の屋根は鉛瓦でできており、普通の瓦と比べると熱伝導率もよさそうで、日当たりのいいところでは落ちやすいのでしょうかね。

 

 

 

20180114_0212

通路は除雪されているので近づいてみます。

 

 

 

20180114_0218

五十間長屋の様子です。

コントラストが素晴らしいですね。

 

 

20180114_0219

まるで雪が積もることを想定されたデザインであるかのように、金沢城は雪とマッチする気がします。

 

 

20180114_0226

日当たりが悪いところでは、観光客の通行を見ながら雪下ろしをしていました。

 

 

 

20180114_0229

大手門から河北門への通路。

藩政期もこのような感じだったのかもしれません。

 

 

 

20180114_0230

そして、ゲレンデ・・・

 

 

 

20180114_0231

ではなく、金沢城公園新丸広場です。

 

 

 

20180114_0234

日の光を照り返して眩しい金沢城公園でした。