ディープな街 石坂 建築めぐり その4

金沢市, Photo

ishizakameguri-4

 

前回の続きです。

 

前回の記事を読んでいない方はこちらからどうぞ!

ディープな街 石坂 建築めぐり その1
ディープな街 石坂 建築めぐり その2
ディープな街 石坂 建築めぐり その3

 

さて、今回も石坂を歩いていきます。

 

まずはおさらい

 

遊郭建築(戦後のカフェー建築を含む)の特徴をまとめると・・・

確実に断定はできませんが参考までに・・・

  • 柱や床にモザイクタイル
  • 窓際に手すり
  • 外観がモルタル
  • 入口が建物(道路)に対して斜めになっている
  • 木彫刻や丸窓など凝った装飾

などがあります。

何度も言いますが、遊廓建築やカフェー建築のルールはなく、全国的に見られる特徴はこのような感じです。

そのため、似た建物があっても確実に断定することはできません。

 

 

さて・・・

前回のエリアの続きです。

 

 

 

20170708_0618

前回のカフェー建築がある路地の続きです。

 

 

 

20170708_0611

おー、これはまた典型的な遊郭建築ですね。

 

 

 

20170708_0612

この建物は2階の電灯、そして、色ガラスを用いているのが特徴です。

 

 

 

20170708_0613

玄関部もアールがかかっています。

 

 

 

20170708_0615

そして、玄関部の装飾が残っています!

照明にも装飾が。

 

 

 

20170708_0614

そしてモザイクタイル!

何もかもが保存状態が比較的良好で、建築が残っていってほしい貴重な建物ですね。

 

 

 

20170708_0619

そして、さらに周辺を散策

 

 

 

20170708_0622

再び狭い路地

 

 

 

20170708_0621

玄関部にはモザイクタイル

 

 

 

20170708_0624

窓の形が凝っていますね。

こちらも遊廓だったのでしょう。

 

 

 

20170708_0625

連続してあるこちらの玄関部はかなり大きなものになっています。

 

 

 

20170708_0626

モザイクタイルは三角形

 

 

 

20170708_0633

玄関部はガラスに装飾が

 

 

 

20170708_0634

木の装飾も必見です。

 

 

 

20170708_0628

そして、窓がない廃墟となっていました。

以前までは、ここの窓が猫の顔に見えることから「猫窓」として、全国の遊郭建築ファンに有名な建物でしたが、訪問日の数ヵ月前に突如なくなったそうです。

いずれ解体される運命なのでしょうか・・・

 

 

 

20170708_0635

猫窓は無くなったものの、タイルも装飾も凝っており、立派な建物です。

 

 

 

20170708_0638

これだけの間口がある物件は石坂ではこの物件くらいですね。

 

 

 

20170708_0646

裏側から見ると、2階の手すりが見えました。

 

 

 

20170708_0639

お隣は釉薬タイルが鮮やかです。

 

 

 

20170708_0640

扉がひとつ

 

 

 

20170708_0644

正面を見るとスナックや飲食店が並んでいました。

 

 

 

20170708_0642

道路の幅がたいへん広いです。

ここがメインストリート?

 

 

 

20170708_0649

残存率は低いものの、かつては遊郭だったんだろうなという建物もいろいろと。

 

 

 

20170708_0651

2階には手すりが残っていたりします。

 

 

 

20170708_0652

スナックもありました。

 

 

 

20170708_0674

北廓・石坂は全盛期はさらに広範囲に色々なお店があったみたいですが、県道の建設・拡幅によって大半が失われました。

当ブログで4回にわたって見てきた範囲が当時の建築が見られる大体の範囲です。

廓としての歴史は決して明るい歴史ではないのかもしれませんが、こうやって今も建築がひっそりと残っているところが惹かれます。

今後、減ることはあっても増えることは無いので、2017年7月現在の様子をブログに記録として残しておきます。

 

 

4回にわたってみていただいた方、ありがとうございました。