ディープな街 石坂 建築めぐり その3

金沢市, Photo

ishizakameguri-3

前回の続きです。

 

前回の記事を読んでいない方はこちらからどうぞ!

ディープな街 石坂 建築めぐり その1
ディープな街 石坂 建築めぐり その2

 

さて、今回も石坂を歩いていきます。

 

まずはおさらい

 

遊郭建築(戦後のカフェー建築を含む)の特徴をまとめると・・・

確実に断定はできませんが参考までに・・・

  • 柱や床にモザイクタイル
  • 窓際に手すり
  • 外観がモルタル
  • 入口が建物(道路)に対して斜めになっている
  • 木彫刻や丸窓など凝った装飾

などがあります。

何度も言いますが、遊廓建築やカフェー建築のルールはなく、全国的に見られる特徴はこのような感じです。

そのため、似た建物があっても確実に断定することはできません。

 

 

さて・・・

 

 

20170708_0572

裏通りからスタート。

写真中央はネオンの跡?

昔は夜になるとこの辺りも光を放っていたのでしょうか・・・?

 

 

 

20170708_0575

こちらにもお馴染みの・・・

 

 

 

20170708_0576

モザイクタイルがありました。

玄関の柱として緑色の長方形タイルが敷き詰められています。

 

 

 

20170708_0580

さらに西側へ進むとこれまたディープなエリアが。

こちらも現在はスナックなどになっています。

入口の斜め扉などちょっと赤線の名残があるでしょうか?

写真右側の路地を進んでいきます。

 

 

 

20170708_0583

この狭い路地にもお店が。

シャッターは閉まってます。

 

 

 

20170708_0584

さりげなく足元には凝ったデザインの石が

 

 

 

20170708_0585

三角形の石を組み合わせています。

 

 

 

20170708_0588

それにしても狭い路地

 

 

 

20170708_0589

路地を抜けた先です。

こちらもまた素敵なデザインの建物が沢山あります。

 

 

 

20170708_0590

中でも気になったのがこちら。

金沢町家空間・凛凛さんです。

 

こちらは遊郭建築をそのまま活かしたお店になっていることが特徴です。

中には「ちび和カフェ」というカフェもあるとのこと。

いつかは実際に内部も見てみたいです。

 

 

 

20170708_0591

遊郭建築をカフェにするお店は少ないので、全国的に見ても貴重なのかも。

 

 

 

20170708_0593

モザイクタイルの状態も素晴らしいですね。

 

 

 

20170708_0594

入口の電灯も当時のもの?

 

 

 

20170708_0595

凛凛さんの向かいの建物も・・・

 

 

 

20170708_0596

2階には電灯が。

これも遊郭建築っぽいですね。

 

 

 

20170708_0598

玄関部です。

 

 

 

20170708_0597

こちらもほぼ確定です。

 

 

 

20170708_0600

さらに隣接する建物は”いかにも”匂いますね。

 

 

 

20170708_0601

玄関部はこれまたカラフルなモザイクタイルがありました。

 

 

 

20170708_0604

こちらは戦後のカフェー建築の典型例ですね。

 

 

 

20170708_0605

お店の看板もありました。

現在は一品料理店になっているみたいですがやっているのかな・・・?

 

 

 

20170708_0610

この玄関部がなかなかいいですね。

 

 

 

本日はここまで。

次回へ続きます