はじまる?広坂再開発!

2017年1月22日プロジェクトNEWS

広坂の再開発が始まる予感です!

P1020123

ホテル構想再浮上 金沢・広坂通り

 金沢市の広坂通り沿いにある香林坊第一ビルと旧NTT香林坊ビルの再開発計画が再び 動きだす見通しとなった。ビルを所有する虎ノ門住宅販売(東京)は4月から、旧NTT 香林坊ビルの解体工事に着手する方針を決定した。関係者によると、取り壊し後の土地の 活用策については、ホテルを軸に検討されている。
 隣接する両ビルの敷地面積は約1400平方メートル。金沢市役所から直線距離で100メートルほどに位置し、通りを挟んで向かい側に県中央公園がある。
 関係者によると、香林坊第一ビル周辺では以前、高層ホテルの建設構想があった。その後、計画の見直しで再開発の規模は当初より縮小され、両ビルの敷地が対象となった。
 検討されているのはビジネスホテルではなく、「近くにある金沢21世紀美術館や周辺の街並みと調和し、中心部のにぎわいに貢献するホテル」(関係者)というコンセプトで調整が進んでいるとみられる。
(北國新聞)

 

 

blog_import_53ecaef54395b

今回再開発される敷地は香林坊から大変近くアクセスも最高の場所です。
記事に書いてあるとおり、以前は高層の高級ホテルを誘致する計画がありましたが、土地の所有者の問題等があったため実現しませんでした。
今回は4月に旧NTT香林坊ビルを解体するということですが、旧NTT香林坊ビルの敷地は狭いため、いくら計画縮小でもあんなに狭い敷地にホテルが建つのか心配です。

 

 

 

2011040670048

ちなみに旧NTT香林坊ビルはこの写真の左から2番目にある茶色い少し高さの低いビルです。
一番左にあるビルは香林坊第一ビルです。

 

 

 

397

香林坊第一ビルは元々は第一生命ビルでしたが、第一生命の看板は無くなり、最近はテナントがない状態でした。

しかし、今度に書く予定のラブロの再開発より計画が進むのが早く、建物取り壊しで再開発計画は一歩進んだことになりますね。

現在周辺には、エクセルホテル東急金沢、東横イン香林坊、東横イン金沢兼六園香林坊、アクティ金沢、金沢ニューグランドホテルなどのホテルがあり、「ホテルトラスティ金沢」が建設中で、激戦区状態です。

ホテルはどのようなコンセプトの都市型ホテルを誘致するのか楽しみです。

そして香林坊第一ビルの解体、再開発もどのようになるのか楽しみですね。

 

 

 

395

再開発の敷地沿いの広坂通りは一見、東京の表参道か仙台の青葉通りを思わせる上質なケヤキ並木がありそれに見合ったデザインのビルがいいですね。

いよいよ中心部も北陸新幹線金沢開業に向けて開発が活発化しそうです。

 

過去記事

過去記事はこちら!