めいてつエムザ向かいの銀行跡を加賀屋が取得、一体的な活用へ?

プロジェクトNEWS

20170219_0800

和倉温泉を中心に「加賀屋」など宿泊施設を運営する、加賀屋グループは金沢市安江町の北陸銀行「ほくぎんドリームセンター武蔵出張所」の跡地を取得したそうです。

隣接する、のと共栄信用金庫跡地も取得済みで、一体的な活用が期待されます!

 

 

20160809_0847

「ほくぎんドリームセンター武蔵出張所」の営業時の様子です。

2016年10月まで営業をしていましたが、現在は閉店済みです。

 

 

 

20160626_0388

のと共栄信用金庫もずいぶん前に閉店しており、こちらは2016年4月に加賀屋グループがすでに取得しており、動向が気になっていました。

 

 

 

20170318_0105

加賀屋グループは金沢市では金沢駅東口に料理旅館「金沢茶屋」を運営しています。

 

 

20170318_0110

2017年3月には新館も増築し、1階には小松弥助が復活し出店しています(紹介客のみ)。

 

 

20170219_0801

北國新聞の記事には、

開発形態として宿泊や飲食などが候補に挙がっており、加賀屋の小田與之彦社長は「建物は取り壊す方向だ。立地を考慮し、できるだけ早く決めたい」と話した。

(2017/05/03 北國新聞 金沢・安江町で土地取得 加賀屋、武蔵交差点近く

と書かれており、建物はそのまま使用されることは無く解体され、宿泊や飲食が候補に挙がっているそうです。

 

 

 

20160626_0389

仮に建物を新築するならば、高さ制限60m区域なのでホテルなら17階程度の建築物の建設が可能です。ただし、北陸銀行の敷地は横安江町商店街のまちづくり協定により高さ20mに制限されているため、5~6階程度が現実的なのかもしれません(あくまで推測です)。

 

まだ、具体的な計画は発表されていませんが、金沢市中心部でホテルが建設ラッシュとなっている中、どのような個性を出した施設になるのか期待したいです。