【大特集】金沢の地価 2013年3月

2017年1月11日金沢の地価

ついに昨日、公示地価が発表されました!去年は横ばい地点や上昇地点が僅かに出ました。

今年はなんと!上昇地点が8箇所、横ばい地点が14箇所となり、景気回復をうかがわせるような結果となりました。
石川県内の平均地価は3.4%下落し、前年度より僅かに回復しました。ようやく地価下落が底を打った気配がしてきました。

 

地価発表直前の個人的な推測

・金沢駅前は6%の上昇
・武蔵ヶ辻は横ばい
・彦三、広岡、香林坊、駅前で上昇
という予測をしてましたが、まさかのほとんどドンピシャで当たってました(笑) ビックリです!

 

 

さて、金沢市中心部の各エリアの地価を見ていきます!

9月発表の地価基準点と異なるので若干違った結果となっている場所もありますがご了承ください。

自分なりの分析をしてあります。
私は 不動産屋じゃない ので趣味の範囲内でやっていることをご了承下さい。

地価は1㎡あたりの価格です。
町名 価格 (上昇率)
の順に書きます。

 

 

 

金沢駅前

 P7120709

472

本町 590000円 (+6.3%)


 

概要

金沢駅前の地価は59万円となり、2007年の61万円には及ばなかったもののかなり大きな上昇となり、商業地区では地方都市で5番目、全国で13番目の上昇率になりました!そして、新潟市の地価最高地点を抜き北信越地区最高地点を十数年ぶりに奪還することができました!
金沢駅東地区において需要が供給を大きく上回り、売手市場となっているため地価が大きく上昇しました。オフィス空室率も9.9%と10%を切り、金沢駅東エリアから武蔵ヶ辻エリアへとオフィス需要も伸びてます。今後も新幹線開業まではとりあえず地価は安定的に上昇しそうです。
個人的にこのタイミングで駅東口の大規模な再開発事業があれば一気に都市化が進むと考えています。

 

好材料(最近の動き)

・プレミスト金沢が竣工
・北陸新幹線金沢駅舎建設開始
・オフィスの空室率10%前後で推移
・金沢百番街の改装
・北陸新幹線金沢開業
まだまだ地価が上昇しそうです!

 

 

 

金沢駅西

201007211122

広岡(商) 263000円(+5.2%)
広岡(住) 115000円 (+0.0%)
西念 95000円(+0.5%)

概要

駅西地区は金沢市中心部の中で県内外の投資家から最も注目が集まっている地区で、この一年でオフィスビル、マンション2棟、複合ビルなど次々と計画が進み、今後も開発ラッシュが続く見込みです。そして、地価も安定的に上昇し、数年後には1㎡あたり30万円を超えることもあるかもしれません。

個人的には、JR金沢駅西口横の駐車場の再開発が決まれば更なる地価の上昇が期待できます。

好材料(最近の動き)

・大原学園新校舎建設(2013年)
・北國銀行の新本店建設
・JR金沢駅第3NKビル
・JR社宅跡地再開発
・北陸新幹線金沢開業
・金沢駅西広場再整備工事第三弾
・NHK金沢放送局移転計画
・プレミスト金沢駅西口 (70戸)建設中
・広岡2丁目で大和ハウスのマンション計画中

 

 

武蔵ヶ辻

P1010490

武蔵町 448000円 (+0.0%)
安江町 124000円 (-0.8%)
彦三町 129000円 (+4.9%)

 

概要

武蔵ヶ辻エリアも近江町市場が活況にあふれる中、ダイエー金沢店跡地再開発「袋町プロジェクト」が着工し、店舗面積は小さいながらも長年の空き地が埋まり、数年後にはスタイリッシュなビルが目を引く事でしょう。そして、彦三町は富裕層に人気な住宅地(国土交通省より)との事で今後も上昇が続き辺りにも上昇の波が波及しそうです。
武蔵ヶ辻エリア南部の上堤町エリアでは、4月中旬にコメダ珈琲店、5月中旬に餃子の王将が出店し、大手飲食店が進出し地価ももしかすると横ばい~僅かに上昇するかもしれません。

 

好材料

・ダイエー金沢店跡地再開発(ル・キューブ金沢)
・大手飲食チェーン開業(コメダ珈琲、餃子の王将)

 

 

 

香林坊

20130428107

香林坊2丁目 545000円(* +2.8%)
*半年間での上昇率

◎概要

香林坊でビームスやジャーナルスタンダードがオープンした効果がまだまだ続いているそうです。今夏には香林坊で13階建てのホテルが開業予定であり、地価の上昇が今後も続くと予想しています。
しかし、香林坊はホテルが開業後は開発情報が無いため、継続的な開発が無いと上昇も一時的になるかもしれません。

好材料(今後の動き)

・ホテルトラスティ開業(6月)
・金沢商工会議所新築
・南町パーキング建設(路面店に北國銀行)
・玉泉院丸庭園整備(することにより、動線が変わる可能性も)
・中央公園再整備

 

大手町

P1010495

大手町 138000円(+2.2%)

 

概要

大手町は商業地ですが、優良住宅地として人気が出ています。NHK金沢放送局の移転で将来的にどう変わるのか期待です。

 

 

片町

P1010550

片町2丁目1-7 462000円(-3.3%)
片町2丁目24-11 277000円(-3.8%)

 

概要

片町はこれと言って地価の改善要素が見当たらず下落となりました。上昇するためには再開発事業や老朽化ビルの建て替えが急がれます。ラブロ片町の再開発が終わるまでは下落傾向が続くと思われます。

 

好材料

・片町A地区再開発事業(ラブロ再開発)

懸念材料

・老朽化ビルの建て替えが進まない

 

 

 

竪町

P1010545

竪町 229000円 (-3.8%)

概要

竪町も片町同様、地価の改善要素が見当たらず下落となりました。テナントはパンケーキ屋やユザワヤ、インテリア雑貨店などの出店が続いている一方で、今年に入り東京ストアと眼鏡店が閉店しタテマチストリート入口は閑散としています。この閉店は今回の地価に含まれて無いので今後も地価に影響を与えそうです。
しばらく大きな開発が無い限り地価は下落傾向が続くでしょう。

好材料

・竪町で複合施設の検討?

懸念材料

・竪町の入口付近の2店閉店

 

 

金沢の主要観光地の地価

・長土塀

119000円(+0.8%)

20130428134

概要

もしかしたら香林坊から地価が波及した形となったのかもしれません。長土塀はエリアが広いため一概には言えませんが駅にも繁華街にも比較的近いのが上昇の原因でしょうか。

 

・東山2丁目

87500円(+2.9%)

314

概要

こちらはおそらくひがし茶屋街の観光客増加で、古民家を改造したお店が次々と出店しているからでしょう。新幹線開業にむけ観光客増加→店舗出店という流れが続けば地価もじわじわ上昇しそうです。

 

 

 

*今後の注目?スポット*


「金沢市副都心北部土地区画整理事業区域」
海側幹線開通で開発が一気に進む?

◎概要

2013年3月23日に金沢外環状道路海側幹線Ⅳ期区間が開通します。
これに伴いⅣ期区間で区画整理が進んでいた、
副都心北部大友土地区画整理事業
副都心北部直江土地区画整理事業
副都心北部大河端土地区画整理事業
により、新たな商業施設、宅地エリアができます。
大友地区には、コメリやアルビス、住宅展示場が建設されます。
直江地区や大河端地区も平和堂系のフレンドマート、石川県の運輸支局が計画または移転し、商業と住宅の集積が期待されます。

 

 

*今回の公示地価について*

20130428045

今回はある意味、私の予想通りの結果でしたが金沢駅前の地価(59万円)が大幅上昇し、新潟の地価最高地点(56万円)を抜いたことがまず大きな一歩です。香林坊地区も54万円まで上昇しているので、中心部(特に竪町や片町)に波及していけば良いなと思ってます。新幹線バブルだと言われてますが継続的に開発を続けていくべきです。
しかしながら、金沢は道路構造や地形上再開発しにくい場所なのでなかなか新規ビル建設になりませんが、今の時期に中心部や駅前における商業開発やオフィス開発が次々と計画されれば良いですね。
特に、駅西の駐車場や香林坊シネマストリート跡、竪町や片町の老朽化ビルなどの再開発が浮上すれば安定的に地価は上昇するでしょう。
来年は金沢駅前の地価上昇率が2008年以来の10%超えになるのかならないのか楽しみです。
そしてまた2013年9月の基準地価の発表が楽しみです。
ここまで読んで下さった方ありがとうございました。