20170519_0200

金沢商工会議所会館は金沢市尾山町にある事務所ビル。

 

 

 

概要

名称:金沢商工会議所会館
敷地面積:3,078.10 ㎡
建築面積:2,166.61 ㎡
延床面積:6,117.64 ㎡
フロア:地上3階地下1階
竣工年:2014年3月
撮影年:2017年5月
高さ:
その他:

設計 株式会社 五井建築研究所

【金沢都市美文化賞】

 

 

 

20170519_0159

かつての金沢商工会議所は1956年(昭和31年)竣工で谷口吉郎氏監修の建築でした。

老朽化が目立ち、2014年に新築されたものです。

特徴的なのは建物からせり出した、巨大な庇でしょう。

 

この大きな庇は、兼六園横にある成巽閣の「つくしの縁」をイメージし、雪国のもてなし空間ともいえる「大きな現代の庇空間」としたそうです。

 

 

 

20170519_0160

屋外にはテラスがあり開放的な空間になっています。

 

 

 

20170519_0161

また、この大きな庇は2階の上についており、3階部分は見えないようになっています。よって、視覚的に建物の高さを低く見せる工夫にもなっています。

 

 

 

 

20170519_0166

 

 

 

非常に気持ちが良い開放的な建築ですね。

建物もカーテンウォールに覆われており、金沢城の木々などが窓に映りこみ、非常に美しいです。

 

 

 

20170519_0167

南側はちょっとした広場になっています。

 

 

 

20170519_0168

天井からは採光がありいいですね。

 

 

 

20170519_0156

敷地北側の様子です。

巨大な石貼りの壁があり、非常に高級感があります。

見た目からすると小松市の日華石に見えるのですが、どこの石を使用しているのでしょうね。

 

地図