20170404_0400

むさし祥鮨(旧I家住宅)は金沢市武蔵町にある町家です。

石川県近代和風建築総合調査報告書によると、1930年(昭和5年)に建築されたものだそうです。

 

 

 

20170404_0399

金沢スカイビル裏手にある美しい町家建築です。

石川県近代和風建築総合調査報告書によると、かつてはスカイビルの場所に住吉市場(青物中央市場)があったことから、豆腐製造販売、貸荷車屋、燃料賞など多角経営をしていたそうです。

また、2階軒高が7.7mあり、金沢町家の中では極めて背が高く、おそらく町家の中では最も高いものではないかとのことです。

 

 

 

20170404_0398

2階の雨戸はガラスをふんだんに使用し、取り外し可能だそうで、そういった面では茶屋建築とも似ていますね。

 

 

 

20170404_0401

また、二重庇の間には明り取りの窓が設けられています。

1階だけでなく2階も二重庇となっている高町家です。

 

 

 

20170404_0403

間口は7間あり、当時の建物としては随分と大きな町家だったことが分かります。

 

 

 

 

20170404_0405

また、屋根上には天窓も設けられています。

市街地化が進んだ通りの中でも落ち着きのある当時の雰囲気を伝える貴重な建築物となっています。

 

 

 

地図