北陸新幹線 手取川橋梁 2016.11

2016年12月29日北陸新幹線

 20161102_0804
北陸新幹線の延伸区間(金沢駅~敦賀駅)の工事が本格化しており、手取川でも手取川橋梁の工事が始まりました。
2022年の北陸新幹線敦賀延伸に向け工事が加速しています。

手取川橋梁は全長555mで、敦賀延伸区間の中では最長の橋梁となります。

 

 

 

手取川右岸(金沢市側)

  20161102_0807

手取川橋梁の建設工事が進んでいます。クローラークレーンとともに基礎工事が行われています。

 

 

 20161102_0809
上の写真より、金沢市側にカメラの方向を変えました。
青い仮囲いがある部分が北陸新幹線の橋梁となります。
この写真の場合、完成すると左右にのびる高架橋が見えることでしょう。

 

 

 20161102_0804
もう少し金沢市側にカメラの方向を変えました。
こちらでは高架橋の工事が最も進んでおり、だいぶ組みあがってきています。

 

 

 

 20161102_0810
工事全景です。

 

 

 20161102_0805

国道8号バイパスの隣で建設工事が行われています。

 

 

 

手取川左岸(小松市側)

 20161102_0815
続いては手取川右岸の様子です。
こちらでも1つだけ橋脚が見えています!

 

 

 20161102_0819
まだ、橋梁の様子は見えていません。

 

 

 20161102_0820

手取川橋梁の工事は手取川の水位を慎重に判断して工事が行われているため、工期は2016年8月~2021年4月までと非常に長くなっています。

 

 

私自身も急ぎで撮影してきたため、今回はこれで以上となりますが、今度はじっくりと撮影したいです。