北陸新幹線敦賀延伸決定!でも… その1

2016年12月29日北陸新幹線

北陸新幹線が敦賀まで延伸する事が事実上決まりました。

しかし、個人的に北陸新幹線はしばらく金沢止まりで良かったです。

新幹線開通して賑わう街は、観光資源がある街、終着駅、集客力がある街に限り、その他は5年もすれば衰退する傾向がどの都市にも多いです。

だから、北陸新幹線は集客力+観光資源がある金沢駅を終着駅とし、白山総合車両基地に白山駅を作り、経過を見た方が良かったのではないでしょうか。

さらに言いたいことは、何故金沢以西の延伸は敦賀までなのでしょうか?
延伸をするなら米原接続し新大阪まで繋げたほうが絶対に良いです。

せめて、駅部を作ってある福井駅までで良かったです。

敦賀止まりだと、まず金沢駅終着の新幹線が半減します。

さらに金沢~福井県境間は第三セクターとなり、普通電車の運賃上昇は避けられません。

そして、特急「サンダーバード」や「はくたか」はおそらく廃止か敦賀乗り換えとなります。

 

photo:01

これは大阪や名古屋へのアクセスが現在以上に悪くなる可能性があります。

もちろん新幹線が開通すると開業直後は街が賑わい、知名度も上がるでしょうし、加賀温泉郷の「レディーカガ」も更に流行る可能性もあるでしょう。

しかし、開業後の賑わいをどのように維持していくかが問題です。
そのためにも北陸新幹線の延伸については、金沢~新大阪間の整備をして欲しいものです。

そして首都圏だけでなく、名古屋圏や関西圏からの誘客も促して最大限に北陸に人を呼び込んだほうが良いと思いますね。