北陸新幹線 木場潟高架橋 2018.9

北陸新幹線

20180918_6693

北陸新幹線の延伸区間(金沢駅~敦賀駅)の工事が本格化しており、小松市の憩いの場でもある木場潟の西側でも木場潟高架橋の工事が始まっています。

※木場潟の高架橋は「木場潟(北)高架橋」と「木場潟(南)高架橋」に工区が分かれていますが、当サイトでは木場潟高架橋と総称します。

2022年度の北陸新幹線敦賀延伸に向け工事が加速しています。

 

 

現在の様子

20180918_6683

西側から木場潟方向を望む

 

 

 

20180918_6685

木場潟高架橋は木場潟のすぐ脇を通る高架橋で、非常に軟弱な地盤なため、杭は最大で地上部の5~6倍の長さのものが埋め込まれています。

 

 

 

20180918_6686

高架の高さは低めで、景観に一定の配慮がなされたものだと思われます。

 

 

 

20180918_6693

また、木場潟周辺は防音壁も低くなり、車窓から木場潟と白山の眺望が見えるよう工夫されます。

木場潟西園地からの眺望は、いしかわ景観総合計画や石川県眺望計画でも指定され、建築物の制限などがされたエリアとなっています。

2023年までに木場潟1周6.4kmに桜の回廊が整備される予定で、春には満開の桜と湖面、雪のかぶった白山が姿を見せることでしょう。

 

 

 

20180918_6694

アップで見た様子です。

綺麗な間隔で橋脚が並んでいます。

 

 

 

20180918_6689

南方向を望む。

橋脚がずらーっと並んでいるのが分かります。

 

 

 

20180918_6699

遠景で見た様子です。

 

 

 

20180918_6700

遠くにはこまつドームも見えますね。

 

 

 

20180918_6721

続いて、木場潟西園地駐車場付近から眺めた様子です。

 

 

 

20180918_6716

敦賀方面を望む

 

 

 

20180918_6717

一部では高架橋が完成していました。

やや木場潟側にカントがつけられています。

 

 

 

20180918_6720

木場潟高架橋の北側の工区はまだこれから工事が始まる部分も見られました。