北陸新幹線 手取川橋梁 南側 2018.9

北陸新幹線

20180923_6928

北陸新幹線の延伸区間(金沢駅~敦賀駅)の工事が本格化しており、石川県内最大の河川である手取川でも手取川橋梁の工事が始まっています。

2022年度の北陸新幹線敦賀延伸に向け工事が加速しています。

今回は手取川橋梁の南側(小松駅側)を見ていきたいと思います。

 

 

 

現在の様子

20180923_6917

手取川左岸(小松駅側)より南方向を望む

高架橋の工事が順調に進んでおり、上部工・コンクリート打設などが行われています。

 

 

 

20180923_6916

堤防の下には巨大な桁や鉄骨が置かれていました。

 

 

 

20180923_6899

桁はこちらの高架橋に使用するのでしょうかね。

 

 

 

20180923_6897

遠景で見た様子です。

田んぼが広がる中で高架橋が一直線に並んでいます。

 

 

 

20180923_6873

続いて、場所を移動して少し南下してみました。

能美工業団地辺りです。

 

 

 

20180923_6872

能美工業団地北側には幹線道路が走っており、道路をオーバーパスする高架橋工事の真っただ中でした。

 

 

 

20180923_6883

既に梁が架けられた状態でしょうか、うっすらと型枠が見える気がします。

下は仮設の鉄骨で支えられている状態です。

 

 

20180923_6884

こちらは昨年から完成済みの高架橋です。

大きな変化は見られません。

 

 

 

20180923_6874

既設の高架橋間を結ぶための橋脚が建てられていました(写真中央)

 

 

 

20180923_6875

南方向を望む

シートや足場に囲まれています。

 

 

 

20180923_6876

最後に全景です。

敦賀方面へと高架橋が続いているのが遠くからも確認できるようになりました。

 

 

過去記事

北陸新幹線 手取川橋梁 本体 2018.9
北陸新幹線 手取川橋梁 北側 2017.9
北陸新幹線 手取川橋梁 南側 2017.9
北陸新幹線 手取川橋梁 本体 2017.9
北陸新幹線 手取川橋梁 2016.11