北陸新幹線 手取川橋梁 南側 2017.9

北陸新幹線

20170910_1_1551

北陸新幹線の延伸区間(金沢駅~敦賀駅)の工事が本格化しており、石川県内最大の河川である手取川でも梯川橋梁の工事が始まっています。

2022年度の北陸新幹線敦賀延伸に向け工事が加速しています。

今回は手取川橋梁の南側(金沢駅側)を見ていきたいと思います。

 

 

現在の様子

20170910_1_1550

まずは手取川方向を望む。

写真右側、堤防の向こうに見えるのが手取川橋梁本体です。

 

 

 

20170910_1_1553

150mほど小松駅方面へ移動。

同じく、手取川方向を望む。

 

 

 

20170910_1_1552

この辺りは、高架橋柱のみ完成していました。

 

 

 

20170910_1_1554

西日と相まって、まるで神殿のような感じに(笑)

 

 

 

20170910_1_1556

建設中の高架橋と、測量標(写真右側)

 

 

20170910_1_1557

やや遠景で。

田んぼの中に不自然に高架橋柱が並びます。

 

 

 

20170910_1_1558

さらに、150m~200mほど小松駅側へ移動しました。

能美工業団地の北側です。

この辺りはまだ盛土の状態でした。

 

奥にはSONYの工場が。(今は違ったような・・・?)

 

 

 

20170910_1_1559

上の地点から50mほど小松駅側へ移動。

能美工業団地の西側です。

この辺りは能美工業団地の造成時に用地を確保していたおかげもあり、周辺と比べると最も早く工事が進んでいます。

 

 

 

20170910_1_1560

一区間は既に高架橋が完成している模様。

まるで他区間のお手本のようにごく一部区間が完成していました。

防音壁の仕切りの基礎までできています。

 

 

 

20170910_1_1561

手取川方向(金沢方向)を望む。

 

 

20170910_1_1562

小松駅方向を望む。

 

 

 

20170910_1_1563

ここから梯川区間へと建設工事は続いています。

 

 

過去記事

北陸新幹線 手取川橋梁 2016.11