タカラレーベンが富山駅北に18階建てマンション建設へ!

2017年1月20日プロジェクトNEWS, 建設中・開発中, 富山市

マンション開発会社のタカラレーベンが、富山駅北で18階建てマンションを建設するそうです。

 

マンション開発のタカラレーベン(東京)は、JR富山駅北エリアの富山市牛島町に分譲マンションを建設する。地上18階建て総戸数119戸で、同社がこれまでに富山市内で手掛けた分譲マンションでは最大規模となる。完工は2017年7月を予定。富山駅に近接する立地条件と交通の利便性の良さをPRして供給する。(北日本新聞 2015年2月13日 記事抜粋

 

 

概要

DSC09525 
【名称】 (仮称)レーベン富山Ⅵ新築工事
【住戸数】 119戸
【敷地面積】 2,067.58㎡
【建築面積】 903.05㎡
【延床面積】 13,462.94㎡
【着工予定】 2015年6月12日
【竣工予定】 2017年7月31日
【階数】地上18階
【高さ】53.85m

 

 

現在の様子

DSC09522

現在は立体駐車場の解体工事が進んでいます。

解体工事も終盤なので、順調に着工しそうです。

 

 

 

DSC09523

敷地北側の様子です。

 

 

 

DSC09524

敷地西側の様子です。

写真右奥に見える鉄塔の後ろにあるのが富山駅です、近いですよね

富山駅から近い立地の18階建てマンションということで人気が出そうです。

北陸では高層マンションが少なく、基本的に16階以上は「高層」の部類になるのではないでしょうか(個人的な見解です)。高さも約54mと北陸のマンションにしては高いです。

富山駅北に高い建物が増えるということで、都市景観にも好影響だといいですね。