富山・富山西武跡地再開発 2017.1

2017年1月22日建設中・開発中, 富山市

20170120_0220

総曲輪3丁目地区第一種市街地再開発事業は、西武富山店跡地を中心とした再開発事業です。

西武富山店は2006年3月に閉店し、跡地利用が課題となってました。

富山西武跡地再開発は、富山西武跡地周辺3800㎡を再開発し、1~5階が商業・業務フロア、6~23階が分譲マンションとなります。

再開発では、大和ハウスがマンション「プレミストタワー総曲輪」を手掛け、約200戸が分譲予定、低層階は商業施設が誘致される模様です。

 

sougawa

富山市 市街地再開発事業の促進について より引用)

 

概要

名称:総曲輪3丁目地区第一種市街地再開発事業
住所:富山市総曲輪3丁目4番地
用途:共同住宅、店舗、事務所
敷地面積:3,797.00㎡
建築面積:3,026.18㎡
延床面積:33,887.83㎡
構造:鉄骨造、鉄筋コンクリート造
階数:地上23階、地下1階
高さ:80m
着工:2016年(平成28年)7月15日
竣工予定:2019年(平成31年)1月31日
設計:三四五建築研究所・日本設計

事業費:153億円

 

 

現在の様子

20170120_0226

建物が解体され、基礎工事及び、くい打ち工事が進んでいます。

 

 

 

 

20170120_0224

 

中町電停の背後にあった西武は無くなり、空が広く見えます。

 

 

 

20170120_0216

 

ここに地上23階建ての地上80mのタワーマンションが建つと思うと、楽しみですね。

 

 

 

20170120_0199

総曲輪商店街アーケードより見た様子です。

再開発エリアとの間には防音壁があります。

 

 

 

20170120_0201

奥まで続いています。

 

 

 

20170120_0202

再開発ビルの6階から23階を占めるマンションは大和ハウスが手掛け、「プレミストタワー総曲輪」となることが分かりました。

プレミストタワーは、大和ハウスのプレミストブランドの中でも、タワーマンションとなる場合に名付けられ、大阪や札幌のほか、地方都市では函館、那覇などに建設されています。

 

プレミストタワー総曲輪の分譲時期は2017年4月下旬ですが、2017年1月20日現在、公式サイトはまだ見当たりません。

 

 

 

20170120_0203

敷地西側からの様子です。

クローラークレーンが2基稼働しています。

 

 

 

20170120_0208

 

総曲輪アーケードの方向を望む

 

 

 

20170120_0214

敷地北側から総曲輪アーケード方向を望む

奥に見える建物はTOYAMAキラリです。

敷地北側の道路は狭い上に、工事作業者の出入口となっているため、一般車の通行は禁止されていました。

 

いよいよ、建設が始まった西武跡地の再開発です。

 

 

過去記事

富山・富山西武跡地再開発 2016.7
富山・富山西武跡地再開発 2016.6
富山・富山西武跡地再開発 2016.2
富山・富山西武跡地再開発 2015.11
富山西武跡地の再開発が動き出す!