金沢・香林坊 「KOHRINBO109」が全面改装!名称変更も検討へ!

2017年1月15日プロジェクトNEWS, 建設中・開発中, 香林坊・片町・竪町・広坂

金沢・香林坊エリアにおいて「人」と「街」をつなぐ施設を目指して

KOHRINBO 109の全面改装を実施

~2016年春より順次リニューアルオープン~

東京急行電鉄株式会社

株式会社東急モールズデベロップメント

香林坊第一開発ビル株式会社

 東京急行電鉄株式会社、株式会社東急モールズデべロップメントおよび香林坊第一開発ビル株式会社は、金沢・香林坊に立地する「KOHRINBO109」の全面改装を実施し、2016年春より順次リニューアルオープンすることを決定しました。
本改装は本年3月14日に北陸新幹線が開業し、金沢を訪れる来街者の増加が見込まれることと、本年9月に同施設が開業30周年という区切りの年を迎えることから、金沢・香林坊エリアの魅力度を高める施設として生まれ変わることを目的に実施します。
 ハード面においては、外装やエントランスの改修等、開業30周年を経て老朽化した建物設備の更新を実施します。外装にはアースカラーを採用するなど、金沢の街並みや自然にも調和した施設になります。また、ソフト面においては高感度な男女やファミリーなどの幅広い世代・客層に対応した商品やサービスを提供し、新たなライフスタイルを発信していく施設となることを目指します。
本改装によって、2014年10月に全面改装を実施した金沢東急ホテルと合わせて、金沢・香林坊エリアに人を呼び込み、エリア全体の活性化に貢献することを目指します。

東急電鉄 ニュースリリース 2015年3月12日 より引用)

 

ビッグニュースです!

 

 

 

香林坊109が、外装・内装ともに大幅リニューアルされます!!

外装・内装は以下の通りです!

 

WindowsLiveWriter_KOHRINBO109_CF16__________01_2 WindowsLiveWriter_KOHRINBO109_CF16__________02_2

(どちらの画像も 東急電鉄 ニュースリリース 2015年3月12日 より引用 )

内装も外装も今までの「KOHRINBO109」とは違った、アースカラーを基調とした商業施設に生まれ変わります!同時に建物の設備も更新されます。

 

 

現在のKOHRINBO109

2015031406282

現在のKOHRINBO109の様子です。

近年では、度々改装をするものの、空きテナントが7~9区画とテナント誘致に苦戦を強いられていました。理由としては、開業から30年が経過し建物の設備が古いこと、メインターゲットを10~20代の女性に絞っていたこと、いわゆる”渋谷系”の文化の衰退等が挙げられるでしょう。

SHIBUYA109に挙げられる「109」の地方都市初出店だったこの店舗は、北陸・金沢のファッション流行の最先端を支えてきた施設となりました。しかし、空き店舗が目立ってからは、個人的にはもうじき撤退が近いかもと感じていました。

今回の全面改装の発表でまず、デベロッパーである東急が撤退することなく残ってくれたことに一安心しました。東急電鉄はKOHRINBO109に隣接する、エクセルホテル東急金沢を金沢東急ホテルにブランドを格上げし、全面改装を実施しました。今回の109全面改装も金沢東急ホテルと合わせるようにアースカラーを用いた外装内装に生まれ変わるようです。

2015031406284

しかしながら、全面改装で高感度な男女やファミリー層をターゲットにした商業施設に生まれ変わり名称変更も検討していることから、KOHRINBO109の名前が消える確率は大きいです

 

「金沢には109があるんや」「えっ、金沢に109あるの!?」と自慢したり度々驚かれたりする、ある種の石川県民の誇りだったKOHRINBO109の名前が消えることは、大変悲しいことかもしれません。しかし、全面改装が香林坊の新たな時代を築き上げるスタート地点だと私は思います。

 

東急系の施設として予想されるのは、「東急ハンズ」が進出するのか!?ということです。東急ハンズは2010年に香林坊109内に「トラックマーケット」という業態を期間限定で出店しました。その際には地元紙に北陸地方への出店は厳しいとバッサリ言われてしまったのですが、あれから4年5年経った現在、東急ハンズが地方都市に続々出店しています。

 

2014年秋には九州新幹線終着駅のある鹿児島に出店、2015年春には大分に出店、2014年秋には、北陸新幹線沿線である長野に出店しました!そろそろ、北陸初出店となる「金沢店」が出店してもおかしくないです。むしろ、期待しています!

 

あとは、テナント構成ですが、個人的にはフロアのどこかに109に出店しているブランドの区画を設け、ファミリー層向けの集客力あるテナント・飲食店、さらに核テナント「東急ハンズ」で構成されればと思います。(全て私の妄想ですのでご注意を)

 

香林坊109の全面改装は2016年春より順次オープンとのことです。

 

ラブロ片町跡地の再開発、商業施設の部分は2015年9月OPENで、再開発ビルのグランドオープンは2016年春です。

 

ラブロ片町跡の再開発ビルには現在、「H&M」の出店が決定しています。他にも15~20店舗の出店が想定されています。ラブロ片町跡の再開発ビルと香林坊109全面改装のテナントや集客力次第では、相乗効果が生まれ、金沢市中心部にもショッピングする若い世代からファミリー層まで回帰するかもしれません。

 

そして、香林坊と片町の間が復活したならば、好影響はいずれ竪町へと波及することでしょう。

 

いかに相乗効果で中心部にお客さんを呼び込むかにかかっていると思います。

 

2015031406283

香林坊109の全面改装、個人的にはかなり期待しています!

誰もが入りやすい商業施設に生まれ変わってほしいです。

 

 

過去記事

過去記事はこちら!