【大特集】北陸新幹線富山駅 見学会に行ってきました! 2015.2.1

2017年1月15日建設中・開発中, 富山市

今日、北陸新幹線富山駅の見学会に行ってきました!

 

 

2015020103706

 

2015020103617

整理券配布は9:30分から、第1回見学は10:00からで、1000名が参加できるということで、9:30分ごろ到着すれば余裕かなと、Twitterで情報確認したところ、9時前で300人程度並んでいるとのことで、自宅から富山駅へ慌てて直行しました。

 

 

 

2015020103619

到着してみると…富山駅において今まで見たことのない行列が!!

あんまり告知されてなかったので、人が少ないと思ってました。もう、予想外の行列です。

今から並んでも、整理券が取れるか取れないか厳しいなと思ったとき、

TwitterでフォローさせていただいているSyuShuさん(Twitter: @Syu_Shu_ )に、1枚余っているのをいただき、なんとか入場することが出来ました。(本当にありがとうございます)

 

 

 

北陸新幹線富山駅に入場!

2015020103624 いよいよ、北陸新幹線富山駅に入ることとなります!駅前工事の模様はまた後日ということで・・・

今回は、写真の掲載枚数が史上最高となりましたので、多少読み込みが重いかもしれませんが、ご了承ください。

 

 

 

北陸新幹線富山駅コンコースの様子です!

2015020103630

入ると、まずはじめの印象は、「天井が高い!!」ということでした。

 

 

 

2015020103750

柱は一部に木材を用いています。天井高で太い柱が伸びている光景は、まるで岩峅寺の雄山神社に生えている立山杉の大木を連想させてくれます。

 

 

 

2015020103637

みどりの窓口は金沢駅同様、木材を用いることで落ち着いた内装になりました。

 

 

 

2015020103636

みどりの窓口 自動きっぷうりばの様子です。2台設置されていました。

 

 

 

2015020103748

そして、新幹線駅舎コンコース中央には、床にガラスをはめ込み、天井から照明で照らし、ガラスを輝かせる「フロアシャンデリア」がお目見えしていました。完成後はどのように輝くのか楽しみです。

 

 

 

2015020103757

しかしながら、在来線の高架化工事はもう数年間は続くので、1階で南北を自由には行き来できません。在来線上りホーム高架下には仮の券売機が配備されていました(写真奥)

 

 

 

2015020103751

だから、案内サインの表記も、”↑南口 北口(地下道経由)”となっています。

西口は今後整備される予定で、自家用車乗降場等が整備されます。

 

 

 

新幹線改札口付近へと進みます!

2015020103642

北陸(一斉)初導入(新幹線のみ)となる自動改札機を横目に、改札口を抜けていきます。

 

 

 

2015020103644

改札を抜けた先がこんな感じです。

 

 

 

2015020103652

2015020103647

富山県産のスギの木と富山県産の和紙がはめ込まれたガラスで、富山らしさを演出しています。

 

 

 

2015020103645

基本的に左右対称となっており、両壁側にエスカレーターが設置されています。

 

 

 

2015020103658

このエスカレーターは1階から3階まで直通で、もの凄く長いのが印象的でした。

 

 

 

2015020103657

高山線とあいの風とやま鉄道の表記も。

 

 

 

2015020103734

中2階へと続く階段です。

両サイドにシースルーエレベーターが設置されています。

向かって左側が男性用、右側が女性用トイレです。

 

 

 

2015020103735

(男性用トイレ)

 

 

 

2015020103738

(女性用トイレ)

 

 

 

2015020103732

そして、エレベーター前にある、待合室の様子です。

待合室の上のストライプ状のガラスは、富山県内の河川をイメージ、待合室の内装は雪の大谷をイメージしているとのことです。

 

 

 

2015020103662

改札口付近の全景です。

天井高で本当に開放的ですね~!白を基調とした壁に、木材・ガラスとまとまった雰囲気があります。

 

 

 

中2階へと進みます!

2015020103666

中2階の様子です。・・・と言っても全景写真がありません(汗)

新幹線の案内モニターが設置されていました。金沢駅同様パナソニック製とのことです。

 

 

 

2015020103670

在来線側には乗り換え用の出口があります。

2015年4月に上り線ホームの高架化の際に接続するようです。

 

 

 

2015020103671

シャッターの奥には在来線ホームへ向かうエスカレーターがあるそうです。

 

 

 

2015020103726

中2階正面には立山連峰をかたどったガラスパネルがありました。

この稜線、分かる人にはわかります。

 

 

 

2015020103725

富山駅南口方面を見てみました、中2階から富山駅前が見えます。

 

 

 

2015020103667

さて、いよいよお待ちかねの新幹線ホームへと階段を上がります!

 

 

 

 

北陸新幹線富山駅新幹線ホームへ!!

2015020103714

こちらが、北陸新幹線富山駅新幹線ホームです。

立山の木立をイメージしたホームは近未来的で美しいデザインでした!

・・・ホームに上がったらすぐに、”ヤツ”はやって来ました!

 

 

 

2015020103674

そう・・・

 

 

 

2015020103677

W7系です!!

今回は金沢駅のような”サプライズ”ではなく、駅員さんが事前に、「新幹線が来るので身を乗り出さないように」と言っていたので、いつ来るのかなと思う前に、階段上がり切った瞬間に向こうからやってくるのが見えました。

 

 

 

2015020103682

東京方面からやってきたW7系。

ここまで間近で見たことなかったので、本当に感動、興奮です!

 

 

 

2015020103685

富山駅の駅名票とW7系。

”くろべうなづきおんせん”の表記がやたらと長い(笑)

 

 

 

新幹線駅舎と在来線駅舎は一体化!

私が北陸新幹線富山駅舎で見たかったものの一つが、新幹線駅舎と在来線駅舎の一体化がどのように進められているのかです。

 

 

 

2015020103686

このように、新幹線駅舎と在来線駅舎は一体的に工事が進められているため、壁が取っ払われ、一体化しています。ここが金沢駅と大きく異なるポイントです。

ちなみに在来線駅舎の柱も新幹線駅舎で使われているものと同じ形状をしています。

 

 

 

2015020103687

現在は、在来線駅舎の高架化は上り線ホームのみ行われています。

 

 

 

2015020103690

新幹線駅舎と在来線駅舎で互いに発車アナウンスが響き合うのはまた面白いかもしれません。

 

 

 

新幹線ホームをいろいろ散策します!

2015020103694

新幹線ホームを散策します。

新幹線ホームは、まるで開業したかのような雰囲気でした。

 

 

 

2015020103693

案内サインです。

 

 

 

2015020103695

 

 

 

2015020103698

ホームドアは黒で、壁はガラス張りとなってます。

W7系のパンタグラフカッコイイです!

 

 

 

2015020103700

立山の木立をイメージした特徴的な柱。

 

 

 

2015020103707

待合スペース

 

 

 

2015020103708

  東京側のホーム末端の様子です。

金沢側は途中で柵があり、末端までは行けませんでした。

 

 

 

2015020103715

白・黒・青(ガラス)で統一された駅舎はすっきりしていて好きですね。

 

 

 

2015020103716

各マスコミも様々な場所で取材・・・

 

 

 

2015020103704

そして、W7系は金沢駅方面へ向かっていきました。

呉羽山で見るときよりもカッコ良かった!!

 

 

 

2015020103706

次に見る入線シーンはまさに、新幹線開業時かもしれません。

 

 

 

2015020103721

最後にほとんど人がいなくなった富山駅。

この写真が一番気に入ってます。開業後は、夜にも訪れてみたいです。

 

 

 

再び1階へと移動します

2015020103646

 

 

 

2015020103746

はい、お疲れ様でした^^

この後も各マスコミに声をかけられますが、1つの新聞社にはコメントしておきました。新聞に乗ったら記念になるかな。

 

 

 

富山の市電も駅構内に乗り入れます!

2015020103633

富山市内電車も高架下に乗り入れます。西側ではその工事が行われています。

市内電車の駅に面して、2階が休憩スペース・カフェ?となる構造物が建設中でした。

らせん階段がオシャレです。総合案内所も設けられます。

 

 

 

2015020103629

上の写真の南側の様子です。

ガラス張りで、こちらには金沢21世紀美術館同様の「油圧式エレベーター」が設置されます。

 

 

 

2015020103755

路面電車のりばです。

壁面には「ガラスの街とやま」らしく、富山のガラスで富山県を表現した、ガラス壁「トランジット・ライティング・ウォール」がお目見えしていました!

 

 

 

北陸新幹線富山駅についての感想。

私が富山に来た2014年4月から、日々見てきた富山駅。外装は着々と整備が進むものの、内装は全く分からず、外観的にはちょっとシンプルすぎるかななんて思ってました。駅舎に入った瞬間の天井高で気持ちの良い空間、「富山じゃないみたい」というのがまず思ったことです。

そして、富山県の素材がふんだんに使われている点も良いなと思いました。

さらに、ホームに上がった時も、白と黒とガラスが基調のまとまった空間は圧巻で、まだ北陸新幹線金沢駅のホームは行ったことないですが、まとまりがある、洗練されている点では富山駅のホーム階は新幹線駅舎の中でもナンバーワンじゃないかなと思いました。

何にせよ明るい。金沢駅の在来線駅舎とは比較するのが失礼なくらいです(汗)金沢駅の在来線駅舎は1990年代時点の最新鋭の駅舎なので、暗いのは仕方ありませんが、もっと改善してほしいと思います。

金沢駅は、豪華絢爛で人間国宝の方の作品も多数展示されている「美術館」のような駅舎ですが、富山駅は「近未来」が強調された駅舎という印象を感じました。率直にいうと、駅前を比較すると、金沢駅は構造物で圧巻ですが、駅舎自体を比較すると、10年20年前に完成した金沢駅の構造と今年完成する富山駅の構造を比べると、これは残念ながら(?)富山駅に軍配が上がります。駅舎の内装は、それぞれ個性があって負けず劣らずだと思いました。

2015020103762

また、新幹線開業後に駅舎を再び探訪してみたいと思います。

駅舎だけでも十分見ごたえのある富山駅でした。

 

 

最後に・・・

今回、整理券をくださった、迷列車で行こう 「北陸新時代」シリーズ作者である、

Shu_Syu_さんの 『富山のカタチ』 ~北陸新時代へ向かって~ もどうぞ!

以上、ここまで読んでくださった方ありがとうございました。

 

 

過去記事

富山駅周辺整備事業 2015.2
富山駅周辺整備事業 2014.12月下旬
富山駅周辺整備事業 2014.12月上旬
富山駅周辺整備事業 2014.11月中旬
富山駅周辺整備事業 2014.11
富山駅周辺整備事業 2014.9
富山駅周辺整備事業 2014.7