富山・富山西武跡地再開発 2016.6

2017年1月15日建設中・開発中, 富山市

20160603_0124

総曲輪3丁目地区第一種市街地再開発事業は、西武富山店跡地を中心とした再開発事業です。

西武富山店は2006年3月に閉店し、跡地利用が課題となってました。

 

概要

WindowsLiveWriter_1b3ff60bdfae_88CB_a6d543f2-f509-4745-8ca4-53c845f0f438_2

名称:総曲輪3丁目地区第一種市街地再開発事業
住所:富山市総曲輪3丁目4番地
用途:共同住宅、店舗、事務所
敷地面積:3,797.00㎡
建築面積:3,026.18㎡
延床面積:33,887.83㎡
構造:鉄骨造、鉄筋コンクリート造
階数:地上23階、地下1階
高さ:80m
着工予定:2016年(平成28年)3月1日
竣工予定:2019年(平成31年)1月31日
設計:三四五建築研究所・日本設計

 

 

 

現在の様子

20160603_0125

大変久しぶりの更新です。西武富山店の解体工事が進行中です。

 

 

 

20160603_0127

中央通り側に面した部分では防音シートに覆われていました。

 

 

 

20160603_0128

裏側から見た様子です。

西武富山店跡は鉄骨がむき出しとなり、順調に解体工事が進んでいました。

 

 

 

20160603_0129

写真左側には非常階段と思われる階段があります。

内装は面影があるのかと思っていましたが、天井も壁も既に無くなっていました。

 

 

 

20160603_0131

解体工事はもうしばらく続きそうです。

 

 

 

20160603_0133

最後に解体工事全景です。

西武跡地の解体後は写真左側にある雑居ビルの解体も始まりそうです。

 

 

過去記事

富山・富山西武跡地再開発 2016.2
富山・富山西武跡地再開発 2015.11
富山西武跡地の再開発が動き出す!