富山・桜町1丁目市街地再開発事業 2016.8

2017年1月15日建設中・開発中, 富山市

 20160809_0739
桜町1丁目市街地再開発事業は、富山駅南口のホテルや雑居ビルが立ち並ぶ一帯を再開発し、マンション、ホテル、専門学校、店舗等が入居する複合ビルを建設する計画です。

 

 

 

■概要

名称:富山市桜町1丁目4番地区第一種市街地再開発事業
用途:共同住宅、各種学校、ホテル、飲食店、物販店舗、駐車場
敷地面積:3350.84㎡
建築面積:2616.98㎡
延床面積:23126.71㎡
構造:鉄骨造、鉄筋コンクリート造
階数:地上18階、地下0階
高さ:60m
設計:RIA
住戸:75戸(タカラレーベン) ホテル:314室(東横イン) 学校:大原専門学校

 sakuramachi
(完成イメージ 富山市より引用

 

 

 

現在の様子

 20160809_0742
取材は2016年2月以来、6か月ぶりです。
いよいよ鉄骨が組みあがってきました。

 

 

 20160809_0981
まずは、専門学校(大原学園)が入居する部分から建設が始まっています。

 

 

 20160809_0982
南側から見た様子です。

 

 

 20160809_0984

鉄骨が建つと迫力が出ますが、ここにさらに18階建てのマンションとホテルが建つとさらに迫力が増しそうで楽しみです。

 

 

 

 20160809_0985
右側には非常階段?があります。

 

 

 20160809_0986
最後に全景です。

 

 

過去記事

過去記事はこちら!