本多町歴史文化ゾーン 整備工事 2017.1

建設中・開発中, 本多の森

20170107_0386

本多町歴史文化ゾーン 整備工事は、北陸放送駐車場として使われていた敷地を緑地化し、駐車場内にあった、国登録有形文化財・旧本多家住宅長屋門を移転整備し、本多町歴史文化ゾーンとして緑地空間を整備する工事です。

 

現在の様子

20170107_0388

 

前回と比べると、土が搬入され整地されました。

 

 

20170107_0387

国登録有形文化財・旧本多家住宅長屋門の様子です。

板が張られ、傷んでいた部分が修復されました!

 

 

 

20170107_0389

全景です。

 

 

 

20170107_0390

側面にも板が張られたことが分かります。

門の奥にある建物は中村記念美術館です。

 

 

 

20170107_0391

現在、門から緑の小径への遊歩道を整備中のようでした。

 

 

 

20170107_0394

 

松風閣庭園との境界には丸石が並べられていました。

 

 

20170107_0396

鈴木大拙館側から接続する遊歩道の工事の様子です。

 

 

20170107_0398

少し引いて撮った写真です。

 

 

 

20170107_0403

写真右側の通路が緑の小径です。

当初は木材チップが敷き詰められ、散策しやすかったのですが、取材時に通るとぬかるんで通行しにくい状況でした。歴史文化ゾーンの整備と同時に緑の小径も再整備してほしいです。

 

過去記事

本多町歴史文化ゾーン 整備工事 2016.11