金沢中日ビル解体工事 2017.1

2017年5月6日建設中・開発中, 上堤町・下堤町・南町・尾山町

20170107_0314

金沢中日ビルは1974年(昭和49年)に建築された建物で、金沢では古参のオフィスビルとなります。
かつては北陸中日新聞の本社機能がありましたが、2011年に金沢駅西口へ新築移転しています。
また、BBT富山放送の金沢支局、石川テレビの石川さんカフェ、中日新聞文化センターはそれぞれ移転し、空きビルとなっていました。

現在解体工事が行われており、跡地は駐車場となる可能性が高いです。

 

 

現在の様子

20170107_0315

金沢中日ビルの解体は順調で次第に防音壁の高さも低くなりつつあります。

 

 

20170107_0317

北側は防音壁でなく、防音シートとなっています。

 

 

20170107_0318

尾山神社の向かいで周辺も45m級のビルが並んでいるので、同じように開発されてほしいですね。

 

 

 

20170107_0319

尾山神社交差点より。

 

 

20170107_0321

最後に敷地南側からの様子です。

建物5階レベルくらいの高さまで解体されたようです。

 

 

過去記事

金沢中日ビルが解体工事に着手!跡地はどうなる?

この記事以降の最新記事はこちら