小松大和跡地の再開発ビル構想が発表!

2017年1月6日プロジェクトNEWS, 建設中・開発中, 小松市

 小松市がまとめた、JR小松駅西口の旧大和小松店跡地に建設する複合ビルの基本構想案が3日分かった。食育や仕事体験、多世代交流の機能を持った「総合子どもセンター」や、外国人対応の客室を備えた市内最大規模のホテルなどが入る8階建てビルとなる。ビルの建設、運営などによる経済波及効果は約94億円を見込んだ。新年度に設計に入り、早ければ10月ごろに着工、2017年春のオープンを目指す。

 総合子どもセンターを構成する施設として、サイエンスヒルズこまつなど周辺の既存施設との差別化と連携を図る「こどもパーク(仮称)」をはじめ、小学生以下の子どもの遊び場「屋内型キッズランド(同)」、乳幼児の一時預かりなどを行う「子育て世代活動支援センター(同)」が示された。

 1階のショッピングモールは、地元や話題の専門店、ブックカフェ、コンビニエンスストア、ホテルレストラン、行政相談窓口などを想定し、3階には教育系施設の導入を検討する。

 4~8階のホテルは客室数100室とし、身長が高い外国人宿泊客が快適に利用できるよう大型ベッドを備える。

 建設費は約42億~45億円、ビル運営による消費額は年間約23億円を見込み、周辺の飲食店などへの経済効果を含めた総合波及効果は約94億円とした。ビル運営に伴う雇用は140人程度とした。ビルの利用客や入り込み客は1日平均約5千人と推定し、駅周辺で人の流れが生まれることから、市は周辺地域の消費拡大に貢献するとみている。

 市が優先交渉権者に決めた青山財産ネットワークス(東京)と清水建設(同)が設立する特定目的会社(SPC)が、複合ビルを建設、所有する。市は全体のデザインや共用スペースなどについて意見を出しており、1~3階の入居者については、市とSPCが共同で募集、誘致に取り組む。

 市は複合ビルに、親子3代で利用できる子育て支援や、南加賀地域の市民への公共サービス、南加賀のターミナルにふさわしい都市の各機能を求めて検討してきた。

(北國新聞 2015年2月4日)

 

 

フロア構成

8階 ホテル
7階 ホテル
6階 ホテル (計 100室)
5階 ホテル
4階 ホテル
3階 教育系施設
2階 こどもパーク(仮称)、屋内型キッズランド(仮称)、子育て世代活動支援センター(仮称)
1階 ショッピングモール(地元や話題の専門店、ブックカフェ、コンビニエンスストア、ホテルレストラン、行政相談窓口)

となっています。

 

 

 

現在の様子

2015022004396

現在はかつてあった建物は解体され、更地になっています。

ここにはかつて、小松大和(2010年閉店)、その前には小松西武、さらにその前には西友小松店がありました。小松駅前の一等地ということで、駅前にふさわしい建物が建ってほしいです。

 

 

 

2015022004397

敷地に隣接する場所には市営の立体駐車場があります。かつては小松大和があった建物に接続されていました。

 

 

 

2015022004398

敷地東側(JR高架側)から見た様子です。

奥には中央通り商店街があり、かつてはにぎわいましたが、現在はシャッターのしまっているお店が増えてしまいました。

 

 

 

2015022004401

懸案だった再開発がいよいよ構想や方向性が発表され、市民のパブコメを参考に再開発ビルが建設される予定です。ホテル業者や詳しいお店は未定ですが、駅前に相応しいものにしてもらいたいです。

 

 

過去記事

過去記事はこちら!