富山・桜町1丁目市街地再開発事業 2016.11

2017年1月15日建設中・開発中, 富山市

2016110701634 
桜町1丁目市街地再開発事業は、富山駅南口のホテルや雑居ビルが立ち並ぶ一帯を再開発し、マンション、ホテル、専門学校、店舗等が入居する複合ビルを建設する計画です。

 

 

 

概要

名称:富山市桜町1丁目4番地区第一種市街地再開発事業
用途:共同住宅、各種学校、ホテル、飲食店、物販店舗、駐車場
敷地面積:3350.84㎡
建築面積:2616.98㎡
延床面積:23126.71㎡
構造:鉄骨造、鉄筋コンクリート造
階数:地上18階、地下0階
高さ:60m
設計:RIA
住戸:75戸(タカラレーベン) ホテル:314室(東横イン) 学校:大原専門学校
sakuramachi 

(完成イメージ 富山市より引用

 

 

 

現在の様子

2016110701632 
現在、先行して大原学園が入る棟を先行して建設中です。
大原学園は富山市の呉羽地区から移転し、2017年4月に富山駅前のこの再開発ビルでの開校を目指しています。

 

 

 2016110701634
この建物は地上6階となります。

 

 

 2016110701635
フェンスには完成予想図がありました。

 

 

 2016110701636
低層部のイメージです。
屋外から2階へ伸びるエスカレーターが見え、1階、2階は商業施設になるものと思われます。

 

 

 2016110701637
富山駅前の一等地なだけあって、非常に大きな再開発であることがわかりますね。

 

 

 2016110701638
一部テナントは再開発ビルに再入居予定ですね。

 

 

 2016110701639
敷地南側からの様子です。
奥には商業施設マリエが見えます。

 

 

 2016110701643
大原学園の建物の隣にはマンションが建つ予定であるため、マンションとの接続部分(1階、2階)は曲線を描いた形になっています。

 

 

 2016110701645
低層部分はこんな感じです。

 

 

 2016110701647
写真右側の大型ダンプがいる辺りにホテルが建設されます。

 

 

 2016110701648
敷地北側から見た様子です。

 

 

 2016110701654
タワークレーンが建ち、これから高層階となるホテルとマンションの建設が始まることが予想されます。

 

過去記事

過去記事はこちら!