北陸新幹線金沢駅舎新築工事(コンコース編) 2014.11

2016年12月30日金沢駅, 建設中・開発中, 北陸新幹線

2014112301792

北陸新幹線金沢駅舎新築工事は2015年3月14日の北陸新幹線金沢開業に伴い、駅舎の新築と金沢駅構内のリニューアル工事が行われます。北陸新幹線金沢駅舎の内装は石川県・金沢市を代表する31品目に及ぶ伝統工芸が使用されます。また、ホーム階の柱には金箔パネルが設置され、ホームドアには加賀五彩(藍、臙脂(えんじ)、黄土、草、古代紫)で彩られます。

駅舎外観は、「もてなしドーム」と呼応した、ゆるやかで優美な曲面屋根を設け、金沢のまちを流れる浅野川と犀川を表現するとともに、開放的な大きな壁面でまちへの視界を確保します。
外壁は伝統工芸の金沢漆器をイメージさせる黒色とし、落ち着きの中に神秘的で洗練された金沢らしさを表現します。

また、金沢駅構内のコンコースのリニューアル工事にも着手します。

コンセプト「東口広場と西口広場をつなぐ、金沢の新しいシンボルロード」

  • コンコース全体に東口広場にある鼓門をイメージしたデザイン的にインパクトのある設備を連続的に設置することで、全体の統一感を演出します。
  • 伝統工芸品の活用などを行うことにより、石川らしさ、金沢らしさを演出します。
  • 門型柱に案内サイン、広告、パンフレット棚を設置し、情報発信機能を持たせます。
  • 床面及び照明設備を改修することにより、明るく、開放的な空間を創り出します。

(工事期間 2014年1月~2015年3月)

 

 

 

現在の様子

2014112301781 

コンコースの床が従来の大理石から新調されていました!

 

 

 

2014112301783

新しいタイルは所々に正方形が並ぶようなデザインになりました。

これは、今度改装されるコンコースの柱と調和するためでしょう。

そして、タイルは以前の暗い色から少し明るくなったのでコンコースの雰囲気も明るくなった気がしました。

 

 

 

2014112301791

コンコース内には、仮設改札口と思われるものが整備中でした。

4基あります。今後、改札口周辺でも工事が始まることを意味しているのでしょうか。

 

 

 

2014112301796

現在は、旧改札口付近に柵があり、内部で床面の張替、コンコース柱の飾りを剥がす等の工事が行われています。

 

 

 

2014112301799

金沢駅西口側にあるハートイン近くの柱も飾りがはがされていました。このようにコンクリートがむき出しになった柱がコンコース一帯にいくつかあります。新幹線開業までに鼓門をイメージした柱および、デジタルサイネージが柱に取り付けられます。

 

 

 

2014112301778

北陸新幹線金沢駅改札口前には、案内板とみられるものが準備中でした。今後整備されるコンコース柱に近接して設置されています。

※今回は、金沢駅構内および金沢駅東口が1か月前と大きく変化していたため、掲載画像も膨れ上がってしまったので、続きは明日公開します。

それほど、金沢駅の整備工事が急ピッチで行われているということですね。