北陸新幹線金沢駅舎新築工事 2014.9

2016年12月30日金沢駅, 建設中・開発中, 北陸新幹線

P9060029

北陸新幹線金沢駅舎新築工事は2015年3月14日の北陸新幹線金沢開業に伴い、駅舎の新築と金沢駅構内のリニューアル工事が行われます。北陸新幹線金沢駅舎の内装は石川県・金沢市を代表する31品目に及ぶ伝統工芸が使用されます。また、ホーム階の柱には金箔パネルが設置され、ホームドアには加賀五彩(藍、臙脂(えんじ)、黄土、草、古代紫)で彩られます。

駅舎外観は、「もてなしドーム」と呼応した、ゆるやかで優美な曲面屋根を設け、金沢のまちを流れる浅野川と犀川を表現するとともに、開放的な大きな壁面でまちへの視界を確保します。
外壁は伝統工芸の金沢漆器をイメージさせる黒色とし、落ち着きの中に神秘的で洗練された金沢らしさを表現します。

 

 

 

現在の様子

P9060026

北陸新幹線金沢駅舎のコンコースの様子です。

前回訪問時まではずっと柵に覆われていたエリアが柵が外れ、改札口周辺が露わになってました。

写真は「みどりの窓口」ができる場所です。みどりの窓口は2014年10月に金沢百番街「Rinto」前から移設予定です。

Rinto前にある、みどりの窓口は解体されたのち、コンコースの一部として整備されます。

 

 

 

P9060027

みどりの窓口はガラス張りで開放的になります。

この通路を進むと金沢百番街あんと があります。上には新幹線在来線乗り換え通路があります。

 

 

 

P9060028

こちらは新幹線改札口付近の様子です。

撮影時は早朝だったためシャッターが閉まってますが、日中はシャッターが開き、北陸新幹線の改札口や券売機の様子が見えるとのことです。そして、夜には電光掲示板のテストも行っているそうです。

 

 

 

P9060030

在来線改札口を抜けるとエレベーターが設置されていました。

これは、在来線のエレベーターが中2階をスルーしてしまうことに対する対策措置です。

 

 

 

P9060031

中2階の様子です。

この壁の奥には新幹線⇔在来線の乗り換え改札と新幹線駅舎中2階があります。

このブログでは報告し遅れましたが、北陸新幹線は2015年3月14日に開業することが正式に発表されました。これに伴い、開業をお知らせするポスターがたくさん張られています。

 

 

 

P9060032

上の黒い看板にはうっすらと「新幹線」の文字が見えます。開業後に接続されることが見てわかります。

次回訪問時は改札口を撮影したいと思います。以上、着々と整備されている金沢駅でした。