北陸新幹線金沢駅舎 新築工事 2014.7.12

2016年12月30日金沢駅, 建設中・開発中, 北陸新幹線


P7120709

北陸新幹線金沢駅舎新築工事 は2015年3月の北陸新幹線金沢開業に伴い、駅舎の新築と金沢駅構内のリニューアル工事が行われます。北陸新幹線金沢駅舎の内装は石川県・金沢市を代表する31品目に及ぶ伝統工芸が使用されます。また、ホーム階の柱には金箔パネルが設置され、ホームドアには加賀五彩(藍、臙脂(えんじ)、黄土、草、古代紫)で彩られます。

駅舎外観は、「もてなしドーム」と呼応した、ゆるやかで優美な曲面屋根を設け、金沢のまちを流れる浅野川と犀川を表現するとともに、開放的な大きな壁面でまちへの視界を確保します。
外壁は伝統工芸の金沢漆器をイメージさせる黒色とし、落ち着きの中に神秘的で洗練された金沢らしさを表現します。

今回は、今週末開業する金沢百番街「あんと」についても一部記載します。

 

 

 

金沢駅東口の様子

P7120714

まず、大きな変化と言えば、金沢駅東口に正式な「駅名票」が設置されました!

 

 

 

P7120715

まだ、覆われています。お披露目の時期の予想は、今週末の「あんと」開業、または8月のW7系の金沢駅入線イベント時ではないか、と思われます。

 

 

 

P7120718

周りもシートに覆われていますが、お披露目時には赤っぽい木目調のパネルも披露されると思います。

 

 

コンコースの様子

P7120720

続いては金沢駅コンコースの様子です。

 

写真左側の壁に覆われている部分が北陸新幹線金沢駅の改札口になります。7月28日に関係者内覧会が行われるとのことで急ピッチで作業が進んでいるようです。

 

このコンコースも今夏あたりから工事に入り、鼓門の延長線をイメージした「和」のコンコースにリニューアル予定です。

 

 

 

金沢百番街あんとの様子

P7120722
そして、今週末開業する金沢百番街「あんと」の様子です。

金沢駅西口の入り口付近を撮影しました。まだシャッターに覆われてますがロゴの取り付け工事をしていました。内装ではまだ作業の音がしていたので急ピッチで最後の仕上げをしているところでしょうか。

金沢百番街「あんと」は旧おみやげ館と旧あじわい館を一体化し、お土産店と飲食店の駅ナカ商業施設としてリニューアルし、オープンします。辻口博啓パティシエのお店など話題性もあり、注目されています。

7月17日OPENです。

 

 

金沢駅舎(外側)の様子

P7120800

さて、北陸新幹線金沢駅舎の工事を上から眺めてみました。

線路は先月に東京から白山総合車両基地まで一本につながり、走行試験に向けて線路は準備万全といったころでしょうか。金沢駅は島式ホーム2面4線として整備されます。

 

 

 

P7120799

作業員が最終チェック?をしていました。

 

 

 

P7120806

北陸新幹線金沢駅舎内部を撮影するのは今のところとても難しいです。

何とか撮影したのがこの一枚。ホームドアが設置されているのが分かりますか?

ホームドアは非常にカラフルになっているようで、写真では加賀五彩の「黄土」の色をしているように見えます。

 

 

 

P7120808

在来線側の線路では電光板が「入」の表示になっていました。今にも新幹線が入線してきそう。

 

 

 

P7120812

石川県立音楽堂前から見た新幹線駅舎。

 

 

P7120814

ホーム柱には金箔があしらわれています。

北陸新幹線金沢駅舎は今までに見たことのない個性的な駅になることは間違いないです。

無機質なホームをどのように華やかになるのか7月28日の関係者公開が楽しみですね。