金沢駅武蔵南地区市街地再開発事業に伴う解体工事 2018.10

建設中・開発中, 武蔵ヶ辻・大手町

20181007_7485

現在、金沢市と再開発組合が計画を進める金沢駅武蔵南地区市街地再開発事業に伴い、解体工事が進んでいます

 

 

どのような再開発に?

20170612_183429_16986

本組合設立、来年度着工へ/金沢駅武蔵南再開発事業/実施設計はRIA-北陸建設工業新聞 より引用

 

 

概要

名称:金沢駅武蔵南地区市街地再開発事業
敷地面積:2,250㎡
建築面積:1,600㎡
延床面積:18,500㎡
地上18階建て

マンション戸数:120戸
広場・通路 400㎡
区画道路 6~8m

2018年度着工予定
2020年秋完成予定

設計:RIA(アール・アイ・エー)

musashiminami

金沢市-金沢都市計画第一種市街地再開発事業の決定(金沢市決定)(PDF)より引用)

再開発事業ではマンション(地上18階建て)と商業施設(地上2階建て)が別々の棟で整備され、公共緑地には惣構堀の跡を開渠化して整備されます。

マンションのタワーパーキングについては景観に配慮して、マンション内部にエレベーター式のものを設けるそうです。

 

 

現在の様子

20181007_7480

建物の解体がさらに進み、山本眼鏡店の建物はすべて解体、金石通り沿いで残るは久保紙店のみとなりました。

 

 

 

20181007_7482

敷地南側から見た様子です。

 

 

 

20181007_7483

山本眼鏡店背後の町家もこれから解体が始まるところでしょうか。

 

 

 

20181007_7486

一富士写真館の移転案内看板がありました。

その隣には道路標識がひっそりとたたずんでいます。

 

 

 

20181007_7488

解体現場では埋蔵文化財調査が進んでいます。

 

 

 

20181007_7490

敷地西側から見た様子です。

 

 

 

20181007_7492

続いて敷地北側から見た様子です。

 

 

 

20181007_7494

まさに文化財調査の真っ最中といったところです。

 

 

 

20181007_7495

もう一枚。

 

 

 

20181007_7497

再開発敷地内を南北に貫く通りの様子です。

 

 

 

20181007_7498

最後に敷地北側より遠景。

手前にあった住宅も解体されました。足場だけが残っています。

 

 

 

過去記事

金沢駅武蔵南地区市街地再開発事業に伴う解体工事 2018.9
金沢駅武蔵南地区市街地再開発事業に伴う解体工事 2018.7
金沢駅武蔵南再開発で解体直前の街並みの様子 2016年~2018年
武蔵南再開発事業組合が設立!大京の18階建てマンションが2018年度着工
金沢・武蔵南地区市街地再開発事業