金沢市寺町の 建築文化拠点施設(建築博物館) 建設工事 2018.9

建設中・開発中, その他 金沢市中心部

20180901_3309

建築文化拠点施設は金沢市が建築家谷口吉郎氏の生家跡に建築博物館を建設する工事です。

谷口吉郎氏は金沢市の九谷焼の窯元の家に生まれました。非常に有名な建築家で代表作として、藤村記念堂や東宮御所、東京国立博物館東洋館などがあります。

設計は谷口吉郎氏の息子にあたる、谷口吉郎氏によるものです。

谷口吉生氏は現在も多くの建築物を手掛ける世界的な建築家で、代表作としてニューヨーク近代美術館や豊田市美術館、東京国立博物館などがあります。

kenchikukyoten
北陸建設工業新聞より引用)

kenchikukyoten3

建築文化拠点施設では、谷口吉郎氏の遺品や、都市や建築に関する展示、講演スペース、游心亭などが設けられます。

 

 

概要

名称:建築文化拠点施設
敷地面積:2,034㎡
建築面積:836㎡
延床面積:1,476㎡
構造:地上2階 地下1階
設計:谷口建築設計事務所

 

 

現在の様子

20180901_3305

犀川のほうから見た様子です。

外観がおおよそ完成に近づいていました!

 

 

 

20180901_3307

大きなコンクリートの壁が見えています。

 

 

 

20180901_3309

アングルを変えて見た様子です

 

 

 

20180901_3311

寺町台地を行き来する階段が確認できました!ジグザグになっていますね

 

 

 

20180901_3313

続いて、寺町大通りから見た様子です。

 

 

 

20180901_3315

シートに覆われています。現在は2階部分のコンクリート打設だと思われます。

 

 

 

20180901_3316

アップで見た様子です。

 

 

 

20180901_3317

足場が組まれているところもこれから工事が始まりそうです。

 

 

 

20180901_3319

最後に正面から見た様子です。

 

 

過去記事

金沢市寺町の 建築文化拠点施設(建築博物館) 建設工事 2017.12
金沢に国内初の建築博物館が誕生します!谷口吉生氏が設計

この記事以降の最新記事はこちら!