東急ステイ金沢(仮称)建設に伴う解体工事 2018.9

建設中・開発中, 上堤町・下堤町・南町・尾山町

20180901_3237

金沢市南町では、東急ステイ金沢(仮称)建設に伴う解体工事が行われています。

老朽化した建物3棟を解体した跡地には、東急ステイ金沢(仮称)が2019年冬をめどに進出します!

東急ステイは中長期滞在客をメインターゲットにしたホテルで部屋には洗濯乾燥機・電子レンジ・ミニキッチンなどが備わっているのが特徴です。

「ビジネス」「観光」「転勤等の一時住まい」などを想定しておりフレキシブルに対応しています。

現在、東京、札幌、京都、福岡の主要大都市のみ展開していますが、金沢に進出すれば北陸地区初進出となります。

 

 

概要

名称:東急ステイ金沢(仮称)

所在地:金沢市南町157番地 他

敷地面積:823.32㎡

建築面積:501.37㎡

延床面積:5,153.19㎡

規模:地上13階建て

高さ:44.90m

客室数:167室

工事着手予定日:2018年10月18日

工事完了予定日:2018年12月17日

開業:2019年冬

 

 

 

現在の様子

20180901_3234

建物は解体を終え、跡形もなくなっていました。

 

 

 

20180901_3235

周辺と絡めると、ポカンと空洞ができているのが分かります。

 

 

 

20180901_3237

こちらの土地に地上13階建ての東急ステイ金沢が建設されるということで、周辺の建築物よりやや高さは高くなると思われます。

 

 

 

20180901_3239

香林坊側から武蔵が辻方向を望む

 

 

 

20180901_3241

最後にアップで。

工事の着工は10月中旬を予定しています。

 

 

過去記事

東急ステイ金沢(仮称)建設に伴う解体工事 2018.7
東急ステイ金沢(仮称)建設に伴う解体工事 2018.6
東急ステイ金沢(仮称)建設に伴う解体工事 2018.5
南町で新たなホテル計画 ビル3棟を解体し開発へ

この記事以降の最新記事はこちら