金沢駅武蔵南地区市街地再開発事業に伴う解体工事 2018.9

建設中・開発中, 武蔵ヶ辻・大手町

20180901_2991

現在、金沢市と再開発組合が計画を進める金沢駅武蔵南地区市街地再開発事業に伴い、解体工事が進んでいます

 

 

どのような再開発に?

20170612_183429_16986

本組合設立、来年度着工へ/金沢駅武蔵南再開発事業/実施設計はRIA-北陸建設工業新聞 より引用

 

 

概要

名称:金沢駅武蔵南地区市街地再開発事業
敷地面積:2,250㎡
建築面積:1,600㎡
延床面積:18,500㎡
地上18階建て

マンション戸数:120戸
広場・通路 400㎡
区画道路 6~8m

2018年度着工予定
2020年秋完成予定

設計:RIA(アール・アイ・エー)

musashiminami

金沢市-金沢都市計画第一種市街地再開発事業の決定(金沢市決定)(PDF)より引用)

再開発事業ではマンション(地上18階建て)と商業施設(地上2階建て)が別々の棟で整備され、公共緑地には惣構堀の跡を開渠化して整備されます。

マンションのタワーパーキングについては景観に配慮して、マンション内部にエレベーター式のものを設けるそうです。

 

 

現在の様子

20180901_2977

金沢駅前通りの様子です。

手前にあった町家1棟が解体されました。

 

 

 

20180901_2979

元々駐車場だったところでは埋蔵文化財調査が行われていました。

 

 

 

20180901_2980

路地より、金石通り方向

 

 

 

20180901_2981

上と同じ地点から金沢駅前通り方向

 

 

 

20180901_2984

解体工事がさらに進行しています。

 

 

 

20180901_2985

再開発エリア西側には仮囲いの設置もされていました。

 

 

 

20180901_2986

再開発エリア西側から東側を望む

 

 

 

20180901_2987

再開発エリア南側でも埋蔵文化財調査が行われています。

 

 

 

20180901_2988

一部ではまだ瓦礫が残っているところもあります。

 

 

20180901_2991

金石通りから見た様子です。

旧伏田医院や一富士写真館などの建物はすべて解体されました。

 

 

 

20180901_2990

ちなみに一富士写真館については向かい側のビルに移転していました。

 

 

 

20180901_2993

ビルや建物が密集していたエリアは更地となりさっぱりした印象です。

 

 

 

20180901_2994

そして現在再開発エリア東側で解体が進んでいます。

山本眼鏡店、むさしまち薬局も解体工事が進行中です。

 

 

20180901_2995

久保紙店も解体が迫っています。

 

 

 

20180901_2996

再開発エリア全景です。

再開発エリア敷地向かいではゲストハウスの建設も始まる予定で、訪れるたびに景色は変わってゆきます。

 

 

過去記事

金沢駅武蔵南地区市街地再開発事業に伴う解体工事 2018.7
金沢駅武蔵南再開発で解体直前の街並みの様子 2016年~2018年
武蔵南再開発事業組合が設立!大京の18階建てマンションが2018年度着工
金沢・武蔵南地区市街地再開発事業