旧 金沢都ホテル 解体工事 2018.9

建設中・開発中, 金沢駅東口

20180901_2941

金沢都ホテルは、開業から50年が経過し、老朽化が目立ってきたことから、2020年をめどに建て替え・開業するために、2017年3月31日をもって閉館しました。

そして、2017年11月1日より解体工事に着手しました。2018年1月より解体工事が本格化しました。

解体工事は2018年9月末ごろまで行われる予定です。地下部分の解体スケジュールは現時点では未定です。

北國新聞には「関係者によると、跡地に建設する複合ビルは低層階を商業施設、中層階をオフィス、高層階をホテルとする案が有力となっている」と書かれており、水面下ではこういった計画が進んでいる可能性があります。

金沢都ホテルとは?

20160626_0306

金沢都ホテルは、北陸新幹線金沢開業で観光客が劇的に増加した金沢駅東口に面したホテルで、東京オリンピック1年前の1963年に金沢市で初めての都市型ホテルとして開業しました。
建物自体は「金沢ビル」という建物で金沢都ホテル以外にもオフィスや地下街を備えた金沢で初の本格的な複合ビルであることは確かです。
建設当時、金沢駅周辺には金沢駅ビルを除き、鉄筋コンクリート造の高層建築物は一つもなく、木造家屋密集地の中に突如現れた大型ビルという感じで金沢駅前の発展のきっかけになった建物ともいえるでしょう。
また、1983年に増築工事と既存部分の改装を行い、さらに大きな都市型ホテルとなりました。
当時、部屋数193室で近鉄・都ホテルズによって運営されていました。近鉄不動産が管理しています。

2017年3月31日に老朽化による建て替え工事に伴い、惜しまれながら閉店しました。

 

 

スケジュール

2017年3月31日 閉館

(解体の準備)

2017年11月1日 解体工事に着手

(解体)

2018年9月末 解体工事完了

(建設)

2020年 再開発完成(予定)

 

 

現在の様子

20180901_2937

金沢駅東口バスターミナルから見た様子です。

防音壁の高さは7月と変わっていません。

 

 

 

20180901_2942

なので、正面から見ても大きな変化はありませんね。

 

 

 

20180901_2955

続いて、裏手(東側)から見た様子です。

 

 

 

20180901_2954

解体工事が大きく進み、残るは外壁と一部躯体となっていました。

 

 

 

20180901_2957

また、タワーパーキングも解体の真っただ中でした。

 

 

20180901_2958

階段状に解体されています。

 

 

20180901_2961

もう少し引きで見た様子です。

 

 

 

20180901_2962

続いてアップで見た様子です。

窓ガラスが残っていますね。

 

 

 

20180901_2965

新館側の様子です。

こちらも躯体のほとんどが解体され、外壁が残っている感じでしょうか。

 

 

20180901_2964

わずかに残った外壁の様子です。

次訪れるときは無くなっているかもしれません。

 

 

 

20180901_2968

鉄骨やコンクリートの瓦礫が至る所に・・・

 

 

 

20180901_2972

最後に全景です。

解体工事は一気に進み、都ホテルの躯体も残りわずかとなりました。

当初のスケジュールでは解体が終わるのが2018年9月末なので、予定通り進めば残り1か月以内で完了しそうです。

 

 

過去記事

旧 金沢都ホテル 解体工事 2018.7
旧 金沢都ホテル 解体工事 2018.6
旧 金沢都ホテル 解体工事 2018.5
旧 金沢都ホテル 解体工事 2018.3
旧 金沢都ホテル 解体工事 2018.2
旧 金沢都ホテル 解体工事 2018.1
閉館した 金沢都ホテルの様子 2017.7
金沢都ホテルは2017年3月末で営業終了へ!跡地は近鉄不動産がオフィスとホテル軸に再開発
金沢都ホテルでテナント退去の動き!そろそろ再開発計画が発表へ?2016.8
金沢都ホテル再開発計画が浮上!金沢駅前超一等地の再開発へ!

この記事以降の最新記事はこちら