金沢駅武蔵南地区市街地再開発事業に伴う解体工事 2018.7

建設中・開発中, 武蔵ヶ辻・大手町

20180708_0333

現在、金沢市が計画を進める金沢駅武蔵南地区市街地再開発事業に伴い、解体工事が進んでいます

 

どのような再開発に?

20170612_183429_16986

本組合設立、来年度着工へ/金沢駅武蔵南再開発事業/実施設計はRIA-北陸建設工業新聞 より引用

 

 

概要

名称:金沢駅武蔵南地区市街地再開発事業
敷地面積:2,250㎡
建築面積:1,600㎡
延床面積:18,500㎡
地上18階建て

マンション戸数:120戸
広場・通路 400㎡
区画道路 6~8m

2018年度着工予定
2020年秋完成予定

設計:RIA(アール・アイ・エー)

musashiminami

金沢市-金沢都市計画第一種市街地再開発事業の決定(金沢市決定)(PDF)より引用)

再開発事業ではマンション(地上18階建て)と商業施設(地上2階建て)が別々の棟で整備され、公共緑地には惣構堀の跡を開渠化して整備されます。

マンションのタワーパーキングについては景観に配慮して、マンション内部にエレベーター式のものを設けるそうです。

 

 

現在の様子

20180708_0334

とうとう解体工事が始まりました。

 

 

 

20180708_0335

むさしまち薬局前ではボーリング調査が行われています。

 

 

 

20180708_0337

かつての伏田病院の建物も防音シートに覆われました。

 

 

 

20180708_0340

周辺の建物と絡めて。

 

 

 

20180708_0342

金石通り沿いの様子。

 

 

 

20180708_0343

さらに再開発の敷地内部に入っていくと解体工事が進んでいるようでした。

 

 

 

20180708_0344

来月にはなくなっているのかなと思いながら撮影。

 

 

 

20180708_0345

再開発敷地内の市道も一部封鎖され、解体が行われています。

手前にあったたばこ店?はすでに解体されました。

 

 

 

20180708_0346

瓦礫となっています。

 

 

 

20180708_0347

本来であればこちらに市道がありました

 

 

20180708_0349

西側を望む。

 

 

 

20180708_0350

北側でもボーリング調査が行われてました。

写真中央奥の建物にあった「着まっし、見まっし、寄るまっし」の看板が撤去されていました。

 

 

 

20180708_0351

金沢駅前通りより、金沢駅方向を望む。

写真左側が再開発の敷地です。

 

 

 

20180708_0352

武蔵が辻方向を望む。

まずは南側を解体した後、北側を解体するのかと思われます。

 

いよいよ始まった武蔵南再開発に伴う解体工事。

この景色が見られるのも本当に最後です。

 

 

過去記事

金沢駅武蔵南再開発で解体直前の街並みの様子 2016年~2018年
武蔵南再開発事業組合が設立!大京の18階建てマンションが2018年度着工
金沢・武蔵南地区市街地再開発事業