富山駅前に「パティオさくら」 開業!開業初日レポート 2018.4.27

建設中・開発中, 富山市

20180427_0685

パティオさくらは、富山駅南口のホテルや雑居ビルが立ち並ぶ一帯を再開発し誕生したマンション、ホテル、専門学校、店舗等が入居する複合ビルの愛称です。

商業施設部分は、2018年4月27日に開業しました!

 

 

概要

名称:パティオさくら(富山市桜町1丁目4番地区第一種市街地再開発事業)
用途:共同住宅、各種学校、ホテル、飲食店、物販店舗、駐車場
敷地面積:3350.84㎡
建築面積:2616.98㎡
延床面積:23126.71㎡
構造:鉄骨造、鉄筋コンクリート造
階数:地上18階、地下0階
高さ:60m
設計:RIA
住戸:75戸(タカラレーベン) ホテル:314室(東横イン) 学校:大原専門学校
sakuramachi

(完成イメージ 富山市より引用

 

 

商業施設の様子

パティオさくらの商業施設の様子を見ていきましょう!

 

20180427_0509

まずは、エントランスから1階を見ていきます。

 

 

 

20180427_0510

パティオさくらメインエントランスでは富山名物のチンドンがお出迎え。

 

20180427_0511

 

20180427_0688

ロゴマークはこんな感じです。

再開発ビル一帯が「桜町」であることから名づけられました。

 

 

 

20180427_0512

エントランスにはテナントの案内板が。

吉野家やビックエコー、ファミリーマートなど大手チェーン店の看板も目に入ります。

 

 

 

20180427_0514

1階は既に開業済みの大原学園の入り口があります。

 

 

 

20180427_0515

開業祝いの花が並んでいました。

 

 

 

20180427_0516

専門学校棟の1階に開業済みのファミリーマートは飲食席も備わっています。

 

 

 

20180427_0517

進んでいくと、再開発ビルなのに路地裏のような雰囲気が面白いです。

パティオさくらは3棟の建物からなっており、建物の間はこうやって路地のようになっています。

 

 

 

20180427_0518

すぐ隣を見ると東横インの朝食会場が見えます。

 

 

 

20180427_0521

専門学校棟1階に位置する「昼間っから きはち屋」

ダクトからいい匂いがしていました。お昼からお酒が飲めるみたいです。

 

 

 

20180427_0522

舗装には融雪装置も完備されています。

 

 

20180427_0525

再開発ビル一角には神社が・・・!

こちらは再開発前の「シネマ食堂街」時代に存在した神社が鎮座されています。

 

 

DSC07757

(懐かしの再開発前の写真)こちらの右下に写っている神社ですね。

 

 

20180427_0526

こちらがフロアマップとなっています。

ホテル、マンション、専門学校の各建物の1階,2階にそれぞれテナントが入居しており、1階は舗装路、2階はデッキでそれぞれつながっています。

イメージ的には金沢の近江町いちば館のような感じですね。

 

 

 

20180427_0529

1階のちょっとした屋外広場の様子。

屋根はありませんが、晴れた日にはイベントができそうですね。

パティオさくらの「パティオ(広場)」の由来ですね。

 

 

 

20180427_0527

突然現れる階段など、本当に興味がありますがまずは、1階を探検します。

写真右側を進んでいくと・・・

 

 

 

20180427_0531

お店がありました!

 

 

 

20180427_0532

こちらは「シャルロッテ」という洋菓子店です。

人気店のようで、イートイン(カフェ?)もあり、お客さんで賑わっていました。

 

 

 

20180427_0533

エレベーターも備わっています。

 

 

 

20180427_0536

建物の外へ出ました。

 

 

 

20180427_0535

城址大通り沿いです。

 

 

 

20180427_0537

マンション棟1階には「串カツ田中」が出店。

急成長中の串カツ店ですね。

 

 

 

20180427_0539

そして、マンション棟には「吉野家」が復活!

以前とおおよそ変わらない位置で再び営業を始めました。

 

 

 

20180427_0544

かつてのシネマ食堂街入り口だった場所と同じ位置に再開発ビル入口があります。

 

 

 

20180427_0545

天井を見ると、マンション棟と専門学校棟の境目がはっきりわかりますね。

 

 

 

20180427_0546

続いて、2階へ上がります。

 

 

 

20180427_0547

2階の1区画は空きテナントでしょうかね?

 

 

 

20180427_0548

この辺りはテナントがないため静かな感じでした

 

 

 

20180427_0549

ビックエコーも入口がこちらには設けられていないので・・・

 

 

 

20180427_0550

ただ、この静かなスペースは眺望スペースとなっており、休憩がてら訪れるのにはいいかもしれません。

椅子と机があればなおさら・・・

 

 

 

20180427_0551

こんな感じで富山駅方向を見ることができます。

 

 

 

20180427_0553

2階には「長八」が出店。

落ち着いた外装でした。

 

 

 

20180427_0555

「ビックエコー」の入り口が見え、目の前には大きな屋根付きパティオ(広場)が。

雨の日でもイベントができそうです。

 

 

 

20180427_0556

2階から1階通路を見下ろします。

 

 

 

20180427_0560

こういうアングルはなかなか面白いですね。

 

 

 

20180427_0559

東横イン2階部分には、ギャラリー「元麻布ギャラリー」「浮世絵ギャラリー」ができます。

 

 

20180427_0562

ビックエコーの隣には居酒屋「楽蔵」が出店。居酒屋の後はカラオケが捗りそうです(笑)

 

 

 

20180427_0563

そして、隣接して「鍛冶二丁」が出店。

 

 

 

20180427_0564

ランチメニューも行うそうで楽しみですね!

 

 

 

20180427_0566

再び広場方向を望む。

 

 

 

20180427_0567

そして、2階から富山駅方向を望む。

 

 

 

20180427_0569

メインエントランスへと戻ってきました。

富山駅と本当に近いですね。

 

 

 

20180427_0571

富山駅から最も見える位置にあるのが「麺バルプライド」です。

富山ブラックラーメンも提供しています。

 

 

 

20180427_0573

この位置をエスカレーターで下っている不思議な感覚

 

 

 

20180427_0574

屋外エスカレーターがあり、商業施設らしいエントランスですね。

 

 

 

20180427_0578

外観を見ていきます。

東横インは白を基調とした外観で、低層階はホテルではなく商業施設やギャラリーが備わってます。

 

 

 

20180427_0608

東横インのエントランスの様子です。

マリエ側にあります。

 

 

 

20180427_0683

また、タカラレーベンのマンションは6月から入居予定です。

 

 

 

20180427_0682

メインエントランスを遠景で。

シネマ食堂街が無くなり寂しい感じでしたが、パティオさくらとして生まれ変わり、新たな賑わいが創出されるでしょう。

個人的にはシネマ食堂街を踏襲した通路や路地、雰囲気、神社が残っているなど、再開発ビルにしては有機的な建物になったかと思われます。

 

富山駅前一等地の再開発、個人的には上記の理由もあり、想定以上に良い雰囲気の商業施設だと思いました。

 

 

過去記事

過去記事はこちら!