旧 金沢都ホテル 解体工事 2018.1

2018年3月4日建設中・開発中, 金沢駅東口

20180114_0662

金沢都ホテルは、開業から50年が経過し、老朽化が目立ってきたことから、2020年をめどに建て替え・開業するために、2017年3月31日をもって閉館しました。

そして、2017年11月1日より解体工事に着手しました。2018年1月より解体工事が本格化しました。

解体工事は2018年9月末ごろまで行われる予定です。地下部分の解体スケジュールは現時点では未定です。

 

 

金沢都ホテルとは?

20160626_0306

金沢都ホテルは、北陸新幹線金沢開業で観光客が劇的に増加した金沢駅東口に面したホテルで、東京オリンピック1年前の1963年に金沢市で初めての都市型ホテルとして開業しました。
建物自体は「金沢ビル」という建物で金沢都ホテル以外にもオフィスや地下街を備えた金沢で初の本格的な複合ビルであることは確かです。
建設当時、金沢駅周辺には金沢駅ビルを除き、鉄筋コンクリート造の高層建築物は一つもなく、木造家屋密集地の中に突如現れた大型ビルという感じで金沢駅前の発展のきっかけになった建物ともいえるでしょう。
また、1983年に増築工事と既存部分の改装を行い、さらに大きな都市型ホテルとなりました。
当時、部屋数193室で近鉄・都ホテルズによって運営されていました。近鉄不動産が管理しています。

2017年3月31日に老朽化による建て替え工事に伴い、惜しまれながら閉店しました。

 

 

現在の様子

20180114_0654

まずは新館部分を見ていきます。

 

 

 

20180114_0658

かつてサンクスだった部分ですがこの辺りは昨年とあまり変化はありません。

2階内部は物が散乱しているようにも見えます。

 

 

 

20180114_0659

(小さい青看板に目が行ってしまいますが)外壁は少しずつ汚れていっているようにも感じます。

 

 

 

20180114_0660

屋上部分には足場が組まれていました。

 

 

 

20180114_0664

新館の窓を撮影。

カーテン等はなくなっており、一部では板張りされています。

 

 

20180114_0665

金沢都ホテルのエントランス看板は残っています。

 

 

 

20180114_0666

窓の一部が外されていました。

 

 

 

続いて、地下を見ていきます。

 

20180114_0667

ポルテ金沢から金沢都ホテルへ向かう際の地下道ですが、フェンスに覆われています。(地下2階へ通じる部分)

 

 

 

20180114_0669

地下1階入り口も頑丈なフェンスに覆われています。

 

 

 

20180114_0668

そして、都ホテル横の階段も封鎖されています。

 

 

 

20180114_0670

張り紙を見ると、2017年12月11日より通行止めとなったそうです。

これも解体工事の一環とのこと。

 

 

 

地上へ出てみます。

20180114_0673

地上部のA-6階段を見るとご覧の通り封鎖されています。

 

 

 

続いて本館を見ていきます。

20180114_0675

周りはフェンスに覆われていますが、いよいよ足場が組まれ始めました。

 

 

 

20180114_0672

金沢駅側では防音壁の設置も始まっていました。

 

 

 

20180114_0674

道路占用許可証を見てみると、許可期間が解体工事期間と同じく2018年9月末までとなっていました。

 

 

 

20180114_0676

北側の様子です。

足場は3階の窓下まで組まれてました。

 

 

 

20180114_0679

とうとう解体が迫っていますね。

 

 

 

20180114_0682

駅周辺と絡めて。

この光景も残り数か月です。

 

 

20180114_0683

最後に遠景です。

 

 

過去記事

閉館した 金沢都ホテルの様子 2017.7
金沢都ホテルは2017年3月末で営業終了へ!跡地は近鉄不動産がオフィスとホテル軸に再開発
金沢都ホテルでテナント退去の動き!そろそろ再開発計画が発表へ?2016.8
金沢都ホテル再開発計画が浮上!金沢駅前超一等地の再開発へ!